2018年7月21日 (土)

コンパクトシティは掛け声だけでコンパクトランド化する日本

国は本気でコンパクトシティ化をする気が無いのでは
 
 コンパクトシティ化が良いと言われて久しいものの、都市を新しく作るわけではないし、住民の移住が伴うためにそう簡単ではありません。平方から駅前の中古マンションに移住した老夫婦がいました。病院や買い物の便を求めてというのが理由ですが、住居の売買を伴うので稀な例かもしれません。
 
 先日来、日経新聞で京都大学諸富徹教授のコンパクトシティを考えるという連載がありました。
 前記事で去年は37万人減と書きましたが、この連載によると2020年代は毎年50~70万人、30年代以降は70~90万人の人口減少とあります。つまり中核都市レベルから県単位の消滅へ進みます。
 だから広く伸びきった公共施設やサービス網を狭くまとめないと維持ができませんよ、というわけです。でも実際は、2000年に大店法を廃止して市町村が大規模店進出の規制権限を失ったと指摘するように(中心部の空洞化)、コンパクトシティ化を巡っては国は逆方向の政策を同時に進めたと厳しく指摘しています(第5回)。
 
 良い例として富山市では公共交通機関による一局集中ではなく他局型を目指し、成果(居住エリアへの人口集積)が出ていることを紹介しています。中心部への移転にはプラスの経済的インセンティブ、郊外開発にはマイナスのそれを与えることが必要だと説きます。
 
 その最終回が↓。さいたま市の事例があります。それは上尾市でも同じ問題なのですが、果たしてどう対応するかが問われます。
Photo
 
 実は、ある方から10回分のスクラップ記事をもらったので、お礼も兼ねて書いています。
 で、思ったのですが自治体行政はとかく無責任になりがちだから、静かに衰退・消滅していくしかないだろう、国も 『住民エゴでできないよね』と承知しているのでは、と。
 
 なぜなら、止めるつもりの無い東京一極集中を見れば分かること。これこそ国の政策、コンパクトランド構想ではないかと思います。だから議席が一つ残ったことに安堵するレベルの地方有権者意識ではムリです。
 
 感想もコンパクトにしたかったのですが、ダメでした。
 
 そして、みもふたもない感想は暑さのせいです・・・coldsweats01

2018年7月17日 (火)

上尾市の人口減少を告げる統計あげおのアレ

大谷地区の独り勝ちと比較されるアソコ

先日、国の人口減少が9年連続というニュースがでたものの、耳タコ話なので関心は薄かったようです。簡単にまとめると年37万人の減少は過去最大、出生は95万人、死亡は134万人でした。外国人は過去最多の250万人で7.5%増ですが、毎日の「チャイナタウン化する東京、高知県民より多い!在留中国人73万人時代の衝撃」という記事は目を引きました。

減少数をもっと身近に喩えるべきでしょう。こちら方面ならば高崎市、川越市、越谷市レベルが消える規模ですが、いずれは毎年、県一つ分へと増えます。なお上尾市の人口推移のうち、最新の自然動態はこちらに更新済みです。

 今回は「統計あげお/H29年版」から人口予測を取り上げます。本を二年ぶりに買い求めました。ネットで見られますが300円の本の方が読みやすいからです。市政の基本データを網羅してありますから良い本です。でも年間10冊も売れないそうですから、もったいない気がします(白表紙は汚れが目立つことと、Excelも公開して欲しいですね)。なお蓮田市は500円です。

●統計あげお

p19に10年先までの地区別人口推計が出ています。2018/1/1と比べると…
市人口は-3100人と微減(-1%)ですが、大谷以外は全て減少です。グラフの棒は増減人数、地域名の%は増減比率です。

Photo_2

元々人口が少ない平方はマイナスが加速し、上平地区は-5%ですが減少人数は同レベルです。大谷地区が一人勝ちなのは区画整理事業や上尾道路の成果なのでしょうか、その辺りは知りません。

経済予測は外れますが人口推計はまず当たります。取り上げた理由は、上平の新図書館計画が見直しとなりがダメなら次は新分館とか地域施設化を言い張る人がいるので、データ視点でみたわけです。人口増加と言うのはもの凄いことですから、この強気の数字を使って大谷地区の住民はいろいろ"オネダリ"しても罰は当たらないでしょう。市長地元という点でも前任者とかぶります。

●市役所名物のアレ

Photo実は元表のH40年の明細と合計が合いません!。この本を買って一番最初に見たページでミス発見というのは、なんだか赤い糸で結ばれているような寒気がします。よって、明細の間違いもありうるのでグラフは正確さを保証できません。

余談ですが、ムカーシ新刊本を発売日に買い求めた時のこと。ページをめくっていて前後の内容がつながらない所が出るわ出るわ。苦情を告げた電話口で担当者は絶句。印刷は24頁単位とかで紙を綴るのでその版組データを間違えて製本してしまい大乱丁のまま店頭行きとなったようです。ソフトの解説本なので一番に出すことを焦ったことが背景にあり、原稿のミスとは違います。

それと比べるとこの上尾本はたった三百円でミスはモグラみたいにアチコチに隠れていますから回収騒動はないでしょうね。

2018年7月15日 (日)

ザ・パークハウス上尾が挑む三度目と失われる大切なもの

倒れても起き上がる姿に共感する?

ファミリーマート上町2丁目店が突然、解体工事をしていたのにはビックリ、まだ10年も経たないと思う。ローソン、ファミマ、数年前にセブンイレブンが200mの道路で連なるものの、立地が一番良いここが解体とは腑に落ちなかったが、隣接マンションのモデルルーム用だと想像すればタイミングが合う。

建てるのは1カ月、撤退は2週間の姿にさすがコンビニ(便利)とか、さすが三菱と感心するが、ネットで見たらザ・パークハウス上尾HPも有り、駅頭で宣伝ビラのうちわを配っていた。Photo

時代に翻弄されたこの土地については何度も記事にした。10年前はベリスタ上尾として生まれるはずだったが建設会社も販売元も倒れ凍結マンションとなった。金融恐慌の身近な景色(基礎途中の野ざらしマンション)

2012年に三菱地所がザ・パークハウス上尾として再開したが直ぐとん挫、その後はこの空き地を「上尾市の三大ハゲ」と勝手に命名したものだ。最近では図書館を入居させる公民連携マンションとしても書いた。

二回目の中止は「基礎に瑕疵があった」という噂と駅前タワマンとの競合を避けたというものだ。真偽不明だが、今回は基礎撤去の新設計であり競合も無い。ただし近隣として苦情を言えば、元からあった大型賃貸マンションの解体工事や今年の基礎解体工事と二回も周辺住宅を地震並みに揺さぶってきたのに、関係者はタオル一本も寄こさない・・・( ゚Д゚)

ザ・パークハウス上尾の物件や期待・評価は検索すれば多くあるのでそちらへどうぞ。三菱地所のパークハウスにザを冠したブランド名は異なるグレードを示すらしい。2020年1月入居予定、183戸と上尾では大規模、価格も63㎡~94(29005200万円台)とある。坪単価で評価するらしいが、最近は売りやすくするのと少子化で面積が狭くなった気がする。ここにも小さくなる日本を見るようだ。

一番喜ぶのは上尾市役所だろう。3人世帯で550人、固定資産税も大きい。次に町内会長(たぶん独立区かも)と周辺の飲食店かな。しかし駅8分でこの価格だと戸建てとの競合もありそう。駅前タワーマンションも一年以上販売していたわりには完売では無かったと思う。最近は市民の移転需要というのがあるかもしれない。

それにしてもザ・パークハウス上尾HPを上尾市シティーセールスを担当する職員は見た方が良い。垢抜けしたデザインだけではなく徹底してプラス思考で訴求する点を。平凡なものを非凡に見せ、目障りなものは絶対見せない工夫とか、こそばゆい文言とか粉飾すれすれで (^-^?)。ただし上尾の訴求としてスポーツ施設の写真を載せなかったのはミスだと思う。

で、タイトルに書いた失われるものとは、ここにあった郵便ポストのこと。Photo_2

ぐるっと君並みに一日数回しか来ないアナログ箱”だが、今でも愛用者がいるんだ。モデルルームが終わったらまたコンビニ復活とはならなくても、〒Pは復活することもあると期待する。

なぜならここはそういう場所だから。

最後にザ・パークハウス上尾を購入検討する人も来ると思うから書いておくが、この10年間、150m超の白壁で覆われてきたものの只の一度も落書きをされたことは無い。
 ただ「風趣を継ぎ、洗練を磨く。」はこそばゆいワ・・・

 

2018年7月12日 (木)

暑中お見舞い申し上げます。

2

関連記事 議事録を読む前に。  畠山、中途半端ない

 

不合理性の少ない順

 本館目的で買った土地(2.2億円)の返品交渉をする。

 中期塩漬け。本当に最適な使い方や需要が見えてから作ればよい。例 県のスポーツ医科学センター誘致

 PAPA内分館、北上尾駅前分館の検討。

 上平公民館の増床検討、200㎡ほど増やす余裕はないのか。

 建築面積1000㎡未満、平屋に限定。上平図書館分館、青少年センター等

 2000㎡、一部二階建て。上記に加え第二体育館的施設案

 3000㎡超・・・ごね得、モラル崩壊へ

①の背景は前市長が本館用として取得し、畠山市長は「本館は市の中心部にあるのが自然」として止めたことによる(自然という表現は"間違い"と言わない行政習慣だろう)。畠山氏は現所有者よりも前所有者(地主)への過剰な配慮をしているので返品はそれにも合致する。損失がでたら本件の撤退費用とみなせばよい。

⑤以下を畠山氏は政治的駆け引きで決めると思うが、ハコに何を入れるかを「ゼロベースで聞くつもりはない」と答弁したように、面積と間取りは自分たちで決め、内装を市民に聞くレベルだろう。ところで島村案の5200㎡、建築費21.4億円を元に面積比では各4億、8億、12億円となる(設備費は除く)しかしボロな現本館や各分館とのバランスが保てないと不公平感をもたらすため、上平地域専用と広域用のバランスが問われる。

例えば島村案には若い親子が集う空間もあったが、近隣のアッピーランドと平気で重複しており、少ない利用者を奪い合うことなどお構いなしだった。今回もそれを要求する市民や(実現したら)”私のてがらと吹聴する議員がいそうだ。

 青少年センターについてネットに情報がまるで無いと"はるか氏"が嘆いていた気がするが、そのプレハブ施設も長寿命化等の検討をしたか疑わしい。同所の一番のネックは駐車場不足であるが、夕方利用者が車で集まるのだから現本館40台分や中央小などの空き場所で解決できる。この程度を怠るのは庁内の縦割り主義や他部門へ口出ししない体質なのだろう。なお青少年センターを移転したら、残りは教育センターのみとなりこれまた矛盾した施設利用になってしまう。

市民のニーズを丁寧に聞いていたらカネなんかいくらあっても足りないが、断る勇気が(政治に)無いから、自分達の雇用もマズイと分かるまで肥大化するのだろう。

「財政立て直し」という畠山判断とは矛盾しない答えが必要になるのだから、施設統廃合した新複合館の維持費は前よりもマイナスでないと辻褄が合わない。でないと、一番得をしたのは畠山稔氏になる。

2018年7月 8日 (日)

あの日の畠山市長の様子は本当だった

勝ちも負けもないまま進むプレーヤーの閉塞化?

※第二回政策会議(見直し案)の議事録と批評が かまちょ図書館で貸出中 ! 議事録への直リンクはここ(A4x3)


情報公開請求者は武勇伝のごとくあちこちに配布したらしいが、それなら(上と守る会を除き)他からもネット公開したり、批評がでてもよいもののそんな気配はない。「本館は今のまま」で戦勝気分なのか。貰った資料を抱え込んだままの人は自己満足か宝の持ち腐れであり、「市民はこんな長文読まない」という思い上がりないしは勘違い、ないしは情報を出し渋る行政と同じゃないか。

余談だが、企業内でも似たようなものがある。部長を集めたグループで資料を一枚のみ配る。額を寄せて覗き込むようにさせて、互いに協力しながら読解することを求める。しかし彼らは「直ぐ人と同じものを持ちたがる」(コピーする)。そういう人に限って「もらって安心する」だけ。これを若い人達に適用すると、スマホで一枚の資料をバシャバシャ撮影して手元画面ばかりをのぞいている()

●ターニングポイントは終点ではない

松澤副市長は本件を俯瞰的な視点から3つのターニングポイントで捉えたのは流石だ(詳しくは議事録1)。それに倣えば島村案から畠山見直案に切り替えた今が「第四ターニングポイント」であり、上尾劇場の芝居はまだ続く。

事業規模は不明だがテーマとしては高度になったと見るべきだろう。つまり上尾市における公共施設の集約化、最適再配置、維持管理の最初の事例になる。都市計画ではコンパクトシティと常々言うから、口先なのか本気なのかも試されよう。
 とカッコよく書いたがそれは建前で、形を変えたハコモノ行政であれば市民のモラルハザードを生む(うちの地域にも寄こせ運動へ)。

●これが強みかもしれない

 本件のクライマックス6/14日の小林議員への市長答弁である。関係者の皆が注目していた。その朝に市長と遭遇した方から「いつになくそわそわしていた」、「落ち着きがなかった」との感想を後に聞いた。ただ原稿読むだけなのに変だね、勘違いじゃないのと思った。

 その観察眼は見事だった。

Photo

 あの朝、畠山市長は明らかに緊張して答弁をした。6/14ビデオ映像は正直である(20’00”、スピーカーoffに)

  答弁が終わって正面に礼、次に画面右手に礼、最後に後ろの議長に礼をして去った。オイオイ右手はあんたの部下だけよ。何で礼するんだよ(生を見ていないので誰が居たの?)。

 でもね、こういう市長様の姿に胸キュンする人がいるらしい(^-^?)。
 ちなみに部長連中なんぞは正面一礼のみ。

 かくして、この日に先立つ重要会議でのおはようございます現象」も我ながら腑に落ちるわけである。この二つを失笑で済ませる人もいるだろうけれど、23万市民のトップであると考えると結構深い意味があるかもって思うから書いているわけでして・・・happy01

だから「おやすみなさい」。

 

関連 畠山市長決断の政策会議議事録を読む前に

«建設中止の一つ、ランニングコスト比較表の意味を解説する

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ