無料ブログはココログ

2017年7月27日 (木)

支持率の急回復を願う妄想とは

 最近は加計問題のことをブログに書く人が多い。遅ればせながら、まねをしてみようか・・・
 
 裁判事件と違って、証拠や証人が隠されるのが政治の世界。前川さんがそうであるように、現役で反旗を掲げる人はまずいない。
 足元の上尾市政だって、上平移転計画の裏を内部告発する市職員なんて、だーれもいない。(県庁メモはあるが市政はそれを無視)。
 
 蓮舫氏が辞任した。
 
 昨年初夏に、都知事選にでれば当選間違いないと伝えられていたが、彼女は党首になる道を選んだ。政治的嗅覚が弱いな、とその時思った。逆に(蓮舫不出馬で)嗅覚優れたのが小池さんだった。
 蓮舫知事が誕生しても、小池氏ほどの存在感を出せたかは不明だが、小池知事誕生は蓮舫氏のおかげと思う。
  今日もへんな議員ニュースがでたが、ここにも女性議員が連なる。稲田、豊田、今井。
 
 支持率を見るのが嫌だろうと思うが、回復のための本音はこんなところに無いか?
 
 ミサイルや核実験の強行、粗暴な隣国のふるまい、トランプの暴走を密かに望んでいないだろうか?
 
 平和のためと言いつつ、緊張感が高まることを望む勢力がいることは確か。せめて緊張状態の高まりを演出したいだろう・・・
 
 独裁者は対立や争いを糧に生まれる、という事がよく分かる世界になった。
 

«上尾市の駅前駐輪場の収容台数と料金表