2020年1月19日 (日)

上尾市の給食費無償化に反対-2

フリーランチは無い。

前記事-1では、給食費のコスト、無償化(無料化)の実施自治体や就学援助などの事例を示した。ここからは反対意見を展開しよう。

1 上尾市の財政力指数0.91は大都市圏のベットタウン市としては一般的なのだが、収支の余裕のなさを示す経常収支比率97%は県下4位と高い。内訳の義務的経費比率59%(歳出に占める、人件費・扶助費・借金返済等)に至ってはダントツ一位である。特に職員人件費(歳入の18%)と扶助費30%が高い。しかも扶助費は年々対象者が増える。(2018年度県資料)Photo_20200118232301

 しかし、このような比率では理解しがたい人もいるので、世間との比較で示すと、市民一人当たりに使う
実質歳入額(27万6千円)は全国で下から6位である(814市区、2017年度)。

 隣のさいたま市民より約14万円も少ない。以前に書いたが、上尾市だけの数字で説明する広報では自分の姿を見誤る。(なお、一人当たり歳入額が単に多ければよいというものではないが、当市の歳入構造は弱すぎ。その辺りは別の機会に)

 だから中学校に限定しても三億円の支出は重い。このような大型で経常支出(毎年支出)する独自政策を掲げるならば、他の予算から減らすなどの財源提案をしないと、素人政策である。つまり、何かを減らして、何かを増やせという「配分論争を避けていては」政治にならない。

2 中学生一人で年5万円の支給となる(私立や他市へ通う世帯にも同額を払う)。同じ「義務教育」なのに隣市に住む人からは不公平に感じないだろうか。つまり義務教育における給付とは全国公平であるべきだから、これは国政テーマなのだ。国が小中学校の給食無償化をするには5,100億円位と言われる。

前記事に上げた全国実施率4.4%のうち、人口一万人以下が7割もあり、最多でも7万人市だ(小学校だけなら11万市がある)。また生徒数は200人以下が大半という。著しい少子化に追い込まれた町村が国の交付税を原資にしても、不公平だと思う人はいないだろう。人口の多い市は躊躇するようにみえる。なお、未納率の高さと無償化の関係は分からない。

3 最大の反対理由は、『この街の教育に欠けていることは"給食費負担"では無い』ということ。毎年3億円の給食費より、『もっと教育の質を高めて欲しい親の方が多いはず』と思う。やるべきことは他にあるだろう、という意見だ。

 ところが、やれ英語教育だ、ロボットプログラミングだ、IT教育だと国からはダボハゼ的なメニューが押し付けられており、子供や先生は給食よりも"未消化"だろう。だからメシ代よりも、教員強化に重点を置くことで質の向上を狙う方が好まれる。
その街の教育水準の高さ」は給付型の子育て支援策よりも教育熱心層や高所得層にはプラスの転入動機となり、市税増収にもつながるという構想力が欠けている。Kyusyokuhi_harawanai_20200115170401

4 強いて検討すべきは(保護者が学校に直納する)私会計を改め、行政システムに組込む公会計化だろう。導入と維持
コストが必要だが、当節、先生の働き方改革の面で望まれている。幸い上尾市の未納率は0.3%ほどと全国値0.9%より低いから督促は比較的楽かも(つまり今のまま)。 

5 政治家は選挙になると負担の減るバラマキ政策を連呼しやすい。負担を負わない人はバラマキをフリーランチと誤解しやすいが、第三者または未出生の次世代へのツケ回しだ。食べた子供が大人になって市民税を納めれば"後払い"として帳尻は合うが、他市へ引っ越したら食い逃げだよ (ジョークね)。

中学の給食費 合計 納付生徒 準要保護 要保護(生活保護)
人数 約6000   656 ※1  
食材費 29,600万円   支援 支援
構成比 100% 約85%? % %

※1 h31.3/6文教経済委員会

 議会はデータで議論しないから上表を埋められないが、前記事のように"学習支援制度"がある。しかも、全体で十数億円の給食コストのうち、材料費負担のみで済むものを"文字通り"のフリーランチ政策にするわけだから選挙目当てに見えてしまう。

「そんな言い方は無いだろう」と怒る人は国政レベルで主張すればよい。

これは、限られた資金に対する価値観の問題でもある。

 例えば

   米百俵の精神みたいな。

 

2020年1月17日 (金)

ホントは怖い上尾の童謡

返歌? ずいずいずっころばし

随意契約ガイドラインを作って「仕事したつもり」の行政に、ダメ出しを指摘した前記事が「私立かまちょ図書館」の推薦図書扱いになった。だから歌でお返し

 

ずいずいずいけいやく  ごますりずい

どつぼにはまって  とっぴんしゃん

ばれた~ら  おきゅうでしょ 

あげおのねずみが カネ喰ってちゅう   ちゅう ちゅう ちゅう 

しちょうがアホでも ぎちょうがワルでも おかまいなしよ

やくばのな~かで おだんごぅ描いたの だぁれ 

 地域によっては、最後を「井戸木のまわりで ウソついたの だぁれ」とも歌う。

---------------------

ずいずいずっころばし  ごまみそずい   

茶壷におわれて  とっぴんしゃん    

ぬけたら どんどこしょ              

俵のねずみが 米食ってちゅう  ちゅう ちゅう ちゅう  

おっとさんがよんでも  おっかさんがよんでも  いきっこなしよ 

井戸のまわりで  お茶碗欠いたの だぁれ

 

2020年1月15日 (水)

ガイドラインでは飲酒運転を防げない

終わりなきブロック塀事件

 市議会では百条委員会を経て、三つの(本筋とは遠い)細事な告発で終わった。大山鳴動して"鼠"三匹という感じだ。そもそも無関心市では「大山鳴動」とはオーバーだが、検察は一匹くらい"お灸を据えて"ね (^-^?)

 そして、事件で露呈した上尾市の随意契約基準の甘さには、ようやく「ガイドライン」を作った。しかし23万人いても、中身をチェックできる市民はこちらを除いていないとは情けないなお、私的には次のp16内容を問題視する。

(3)市内業者等の優先的選定について
随意契約であっても、競争入札参加資格者名簿に登載された者から選定します。地元企業の育成及び地域経済活性化を図るため、原則として市内業者を優先して選定してください。

⇒ 今回の恥ずべき事件の反省ならば、地元優先はダメ。談合は仲間意識から生まれ、育成という美しい言葉の裏で怠惰がはびこる。行政も市内業者も競争によって成長せよ。参考 都内から珠玉なメール

 さて、昨夏の住民監査請求は「行為そのものが違法である」を争点とし、我々が勧告勝利を収め、返金もされて終わった。その時は、工事費700万円の適否を問うたわけでは無く、その後は市議選へと展開したのでスルーしていたが、傷口を掘り返すように書いてみよう。

As20190620003902_comm

朝日新聞の写真で分かるように、小敷谷のグラウンドのブロック塀工事は直線の単調な案件だ。事件後、正直な業者に見積もりの検証をしてもらえば良いものの、上尾市はそれをしたのか。

700万円はボロ儲けを企んだ金額。

ご存知のように登場人物がヘンな人ばかりだから、入口は愚劣、中は偽装、出口の数字は粉飾である。こちらのサイトの単価例を参考に見積もると不完全ながらも360万円と出た。

長さ85m×0.95(4~5段)=面積76.5㎡
  単価・円 金額
布基礎 9,000 688,500
ブロック積 9,000 688,500
運搬費 一割として 137,700
諸経費 上記一割として 151,470
残土処理費等 不明  
1設置工事合計 ¥1,666,170
基礎の撤去 2,500 191,250
塀の撤去 3,000 229,500
2撤去合計 ¥420,750
3フェンスは不明なので仮 ¥1,500,000
総額 3,586,920

上尾では、この程度の金額ならば2倍見積もりは普通なの?(商工経営者からは技術職員のレベルの低さを嘆く声を聞いている)。

 美創の相見積もりは同業他社を巻き込んだ、上尾市都市整備部お墨付きの手口だったことは判明済みだから、実態は官製談合なのだ。冒頭の告発の一つからでも本丸へ展開しないと警察のメンツは無いと思う…。

上で述べた上尾市随意契約ガイドライン」に対しては、企業での経験あるかまちょ図書館長から酷評されている。仏作って魂入れず」ってとこだろう。

 そもそも、「ガイドライン如きを作って業務レベルが上がる」というのは、元々ポテンシャルが高い組織に限った話しなのだ。彼らが作るべきは別にある。

 どんなルールも、不正の前には弱い。

 タカリ屋に協力したことがバレてから「圧力を感じた」と自白したものの、当事者は未だに部長職に留る。前任部長に至っては無傷の退職金で逃げ得だ。この上尾市役所の「身内に甘い体質」こそが元凶なのに市議会も無策ではないか。

 上尾市の懲罰規定のどこに抵触したのか不明だが、公金不正支出を手伝っても、鉄板組織であることを若い職員に教えた。Business_kubi

だが、貴方の会社ならクビだろう。

 作るべきは、懲罰規定の厳罰化なのだ。

 ガイドラインよりも効果がある。

飲酒運転が減ったじゃないか。

 

 

2020年1月12日 (日)

学校給食の無償化の是非-1

上尾市の学校給食はハウマッチ?

市議選時に政策テーマについてリクエストされていたので漸く書く(当時は敢えてアップしなかった)。

共産党は前から小中学校の給食無償化を主張していたが(公明党も同じかもしれないが詳細不明)、昨秋「市民の声」がチラシで取り上げていた。不正な無駄使い(新図書館関係で4億円)したことへの反論の一つに中学校の給食無償化2.9億円をPRしていた。ちなみに一回の無駄使いに対して、毎年支出する政策を充てるのは可笑しい。

さて、「わぁラッキー」と当該世帯は喜ぶべきなのだろうか。一般世帯には、「そこまで必要?」と思いつつも、非寛容的な人と思われたくないからスルーしがちだ。しかし大衆受けしやすい政策は、何かのはずみで政治的多数派になって実現する可能性もある。だが、その前にデータで紹介しよう。上尾市の給食費のデータである。

上尾市 年間(万円 材料単価(円 月額 推定市価 人数
小学校 49,000 250 4,300 625円 11000
中学校 29,600 310 5,200 775円 6000
合計 78,600       17000人

今は年間総額を11カ月で割り、日割り等で加減している。そもそも、(学校給食法11条)学校給食は、施設整備運営費は自治体が負担し、食材費は保護者の負担というように、前から労務費と設備や水光熱費は税金で負担している。上尾市は各家庭が各学校口座に振り込み、各校がそのカネで材料費に充てる仕組みをとる(私会計と呼ぶ)。

一般に飲食店の材料費比率は30%なので、学校給食だから利益分は無しとして(仮定の)利益10%をのせて40%で逆算すると、一食775円のランチである。その6割が補助されているわけだ。街の定食屋と比べてこの価格が高すぎるのかは給食の実態を知らないので分からない…(50%なら500~600円だ)。

ようするに無償化と言うと食材費の無償化という意味になる。埼玉県では次の三町のみ。滑川町0.92、小鹿野町0.34、神川町0.52 参考:上尾市0.92

値は自力でカネを集められているかを示す財政力指数だ。滑川町の指数0.92は町としては県下トップクラスである。東武東上線駅前の宅地開発が盛んで出生率も県下一位と好循環であるが、非常に稀な例である。こちらのグラフ小鹿野町は2015年より完全無料化。16年度決算では生徒数866人分で約4100万。神川町は2019年度からで、4小学校の630人と1中学校の320人で約4000万円。

2017年度の文科省調査でも全1740市区町村のうち小中学校無償化は76で4.4%しかない。多くが人口一万人以下の町村という。つまり少子化対策・定住促進の面が強いのだが、財政力指数が低い場合は自前の町村税ではなく、地方交付税が原資と言えるかもしれない。

上の3町は人口二万人以下であるが、上尾市の児童生徒数は17,000人いる。仮に、困窮対策が目的ならば、既に就学援助制度で保護されている。古いデータだが、下は要保護(生活保護)児童と準要保護児童数と給食費支給額だ。就学援助対象は1600人、7000万円近くである。

H25年度の人数(2013) 要保護と準保護人数、比率 給食費支給額
小学校 12,238 985 8.00% 3900万円
中学校 6382 656 10.30% 2900万円
18,620 1,641 8.80% 6800万円

国の「生活保護法」以外に、学校教育法第25条は経済的に就学困難である者に、市町村が必要な援助をしなければならないとあり、準保護制度が自治体ごとにあり、学用品や旅行代、給食費などを支えている。上のデータ、就学援助対象人数の比率8.8%だけでは、上尾市は多いのか少ないのか分からないが、実は全国の小中学生の16%が対象であり、6人に一人は給食費無償と言われる(2012年度)。

それでも冒頭の政策は、所得に関係なく対象全員を無償にするのだから、「選別主義」から「普遍主義」へというわけである。中学校に限れば、10人中残りの9人もタダにしますということ。

つづく

 

2020年1月 9日 (木)

AbemaTVで見たゴーン会見の新鮮さ

日本の招待局はテレビ東京だけらしいが、どこから配信をもらうのかBS日テレやAbemaTVも放送していた。

同時通訳のみよりも、静かに見られる同時字幕付きAbemaTVで見た。

記者会見と言うと日本は司会役を置いて形式に逃げたり弁護士同席が多いが、ゴーン氏は一人で仕切っていた。質疑応答も一人だ。日本人にはできないな、と妙に感心した。そして彼は一体何か国語を話すのかと驚いた。外国メディアからの質問に、英語・フランス語、アラビア語、他にも、あったような気がする。

AbemaTVは同時通訳(複数で交代)が伝え、その音声を認識してAIポンという字幕作成システムが文字にする。それが結構良かったし面白かった。

20200108-2

AIポン(アイポン)Google音声認識テキスト変換サービスをベースに作った字幕システムだという。Google音声認識ならばネットで誰でも使えるが、AIポンはリアルタイム性が凄かった。

通常のテレビ番組でも同時字幕はあるが、専門家が特殊キーボードで入力するらしい。人手なので変換精度は高いが、字幕がやや遅れて表示されるのが欠点だ。

明瞭な活舌で、文節を区切った話し方をすると、きれいに字幕ができる。初めの女性通訳がそうであったからゴーン氏の英語がスラスラと字幕化されていく様子が素晴らしかった。しかし、他の女性通訳に変わったり、アラビア語だったかな活舌や訳の悪い通訳の声ではトンデモない変換になったりした。「AIポン死んでる」とコメント欄でからかわれる。固有名詞には誤変換が目立つ。

途中で視聴はやめたが、期待された政府関係者の名前を敢えて語らなかったのは残念だ。

図で分かるように、重要なことの要約も適宜入っては更新され、もはやネットの方がテレビ局よりも優れている。ただし解説が元検事という人ではダメだろう・・・

 

 

2020年1月 2日 (木)

釣り禁止への利用者の意見

寄稿・丸山の青い彗星さんより

1市が違反 2見苦しい隠蔽  3市回答全文 4本稿

(年末に届いた前記事/寄稿の続き。下の青網掛けと図版はブログ主による)


みどり公園課からの返信です。釣り仲間にも私と全く同じ返信がありました。

年末年始休暇に乗じてのフォーマットを作りの一斉メール作戦かと思います。段々上尾市役所の思考回路が理解できました。身に付けたくもない思考でしょww

返信をみて腰がぬけました~、私の感想を添えました。

◇◇◇◇◇

“長年、条例に基づく適切な管理ができていなかったことにつきましては、管理者として反省するべきこととは思いますが、今後も都市公園条例に反する管理を続けていくわけにはいきません。
今回のかいぼりを機に釣り行為は御遠慮いただき、適切な管理に努めていきたいと考えております。“

→反省の前に市民・公園利用者への謝罪でしょ!今まで管理できなったのに適切な管理ができるのか? 管理できる人にみどり公園課をやらせて、今のみどり公園課全員排除してもらいたいです。かいぼりじゃ~

“都市公園は、レクリエーション活動の場だけではなく、良好な都市環境の提供や防災機能の向上など、多岐にわたる機能を持つ緑のオープンスペースであり、生物多様性の保全も重要な役割となっております。“

 →だからその上尾丸山公園基本計画を見せてみろ~ 市民・公園利用者の意見を聞かずに作成した自慢のものを~(# ゚Д゚)

“上尾丸山公園につきましては、長年の懸案だった大池の水質改善のために、かいぼり事業を行い自然を再生する取り組みを始めたところです。釣り行為は、保全するべき在来種の魚類を傷つけることにもつながるため、現時点では、条例改正する予定はございません。“

→大池の水質悪化の源因はちゃんと調べているよね~(# ゚Д゚)
因みに、平成30年度に環境省のもとでやった水質浄化技術実験で上尾丸山公園が使われていますがこの報告書に水の流れが無いや公園内の樹木の落ち葉の堆積、そして土砂の流入との報告があります。
環境省実証報告書(H30、丸山公園)11ページを見てね。

Photo_20191231104501

さらに、公園利用者から菖蒲まつりのために肥料を沢山使っている。そのため以前よりもアオコの発生がひどくなった。と言う情報もあるぞ!
単純に鯉を排除すれば良い問題ではない!これからバッチリか科学的水質調査やるよね~、菖蒲どうするの~

“先に行われた「上尾丸山公園大かいぼり祭」におきましては、同様の御意見もいただきましたが、釣り行為禁止に賛成の声や、かいぼりにより自然を再生する取り組みへの応援の御意見も多数いただいております。“

→多数?4~5名の意見じゃないの?いつも市民の意見といって少人数を誇らしげに掲載するよね~w

“現在、かいぼりによる大池の水質改善の取り組みに着手したばかりでございますので、その検証期間につきましては、現在の条例に基づく適切な管理をさせていただきたいと考えております。“

→近隣の桶川市、さいたま市の都市公園条例みました。鳥獣魚類の捕獲禁止はあります。しかし、特別条例で釣りをしても良いの記載はありませんでした。
桶川市では城山公園、さいたま市では別所沼公園等釣りが出来るところがあります。条例違反ばっかりですが、もしかしたら釣り行為に関してはそもそもは都市公園条例では魚類捕獲の禁止事項にはふれないのでは?

釣り行為は公園を運営するにあたり市民・公園利用者の意見を聞いて管轄する自治体の長の許可で済む話じゃないの?

条例違反を長年見過ごしてきたみどり公園課は何も調べてないの?

どうしても在来種保護をしたい誰かさんからの入れ知恵かしら?

感情的表現多数でございますがお許しください。

丸山の青い彗星


 

感想最後は黒子の存在を疑う所で終わっています。確かに、ノウハウが無いのに自分達だけでやったかのような市HPの伝え方ですが、そのチラシによれば指導はNPO生態工房です。

なので事態は複雑に展開しそうですが、市政劣化を動画で攻めていく彗星さんの切り口は上尾では新鮮です。続編に期待。

告発版をまだ見てない方は「上尾丸山公園で起こっている釣り禁止問題について」(再生500超えました)

*****

皆さま本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

2019年12月31日 (火)

寄稿・釣り禁止というみどり公園課の回答

前回までの記事 1上尾市自ら条例違反 2見苦しい隠蔽行為

"丸山の青い彗星"さんが上尾市に問い合わせ、その回答が来たので寄稿されました。

-----

以下が、みどり公園課からの遅すぎる返信メールの全文です。

「日頃より、上尾丸山公園を御利用くださりありがとうございます。お問い合わせの件につきまして、次のとおりお答えいたします。

上尾丸山公園を含む都市公園内の釣り行為につきましては、上尾市都市公園条例第5条第1項第4号の行為の禁止の中の「鳥獣魚類を捕獲し、又は殺傷すること。」に該当すると考えております。

長年、条例に基づく適切な管理ができていなかったことにつきましては、管理者として反省するべきこととは思いますが、今後も都市公園条例に反する管理を続けていくわけにはいきません。

今回のかいぼりを機に釣り行為は御遠慮いただき、適切な管理に努めていきたいと考えております。 

都市公園は、レクリエーション活動の場だけではなく、良好な都市環境の提供や防災機能の向上など、多岐にわたる機能を持つ緑のオープンスペースであり、生物多様性の保全も重要な役割となっております。

上尾丸山公園につきましては、長年の懸案だった大池の水質改善のために、かいぼり事業を行い自然を再生する取り組みを始めたところです。

釣り行為は、保全するべき在来種の魚類を傷つけることにもつながるため、現時点では、条例改正する予定はございません。

先に行われた「上尾丸山公園大かいぼり祭」におきましては、同様の御意見もいただきましたが、釣り行為禁止に賛成の声や、かいぼりにより自然を再生する取り組みへの応援の御意見も多数いただいております。

頂いた貴重な御意見につきましては、今後の公園施設の在り方の参考とさせていただきます。

現在、かいぼりによる大池の水質改善の取り組みに着手したばかりでございますので、その検証期間につきましては、現在の条例に基づく適切な管理をさせていただきたいと考えております。

以上、回答とさせていただきますが、御理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」


 

市回答への丸山の青い彗星さんの反論文は別途公開予定です。

私的には青文字(当方付与)の所に注目。市HPはおろか議会答弁でも市長はこの点を述べておらず謝罪も責任処分もしていません。

訂正 実は釣り禁止だったという、40年間誰も気が付かなかった件はかいぼりを機に発見したのかと思いましたが、寄稿者の反論文で考えると「環境省の環境技術実証事業 湖沼等水質浄化技術分野 実証報告書 H30」が契機かもしれません。

 

2019年12月28日 (土)

消したかったHPの一文

上尾市都市整備部、みどり公園課による丸山公園で釣り禁止が徹底していないはウソ答弁

「自分は釣りをしないから関係ない」というレベルの話ではない。 畠山市長は「長年の懸案であった大池の水質改善と・・・」と述べるにとどまり、長年、自分達行政が条例違反をしてきた事実を認めない。触れようともしない。当節風に言うと「条例スルー」。

尾花議員はこう問うべきだった。『あんたら、いつ頃、なぜ、間違っていたことに気付いたの?』。

前記事(条例違反)の続き

1.レベル低い隠蔽仕事ぶり
2.国立国会図書館アーカイブ
3.二年前の民間ブログから絵がこの数日で消えた怪
4.ホントは釣り推奨の看板
5.さいたまなび(オンブズマン氏より)

1.イラスト削除は、はるか氏の12/17記事の影響だろう。(注目サイトだから毎朝)市役所が読みに来て、担当部門に知らせて丸山公園HPのイラストを書き換えた、と思う。ここまでは我々と彼らとの間ではよくある事で、今までたくさん記事化してきた。品質不良の多さなのだが、他部門に口出ししない慣習なのに、こういうことはスグ連携する。

しかし、みどり公園課が本当に消したかったのは絵ではなく、絵の下の説明文である

●Before 改竄前…国立国会図書館にある(小役人には消せない)。下に部分図にした(クリック拡大)

Photo_20191227230801

●After 今のHP・・・釣り人の絵と説明文を修正した。隠ぺい体質丸見え。

釣を容認してきたのに「魚類の捕獲は禁止されていたが、徹底されていなかった」と自らの非を棚に上げ、平気で嘘をつき、情報が無かった事にする。このような役人の姿はどこかで見たことがある。

 現内閣の国会答弁と同じだ。

2 不思議な事に、民間店舗のブログ記事に載っていた釣りイラスト図が、前記事で紹介したら数日で消された。

こちらの検索結果に図が出てくるが、当該図をクリックしても元ページに図が無いことから、削除されたことが分かる。井戸木店というのがみそ。他市店だとこうはいかないかも…

3.ネットから過去のミスを消し去るなんて馬鹿げたこと。下は前の丸山公園の看板(こちらから)。

Ageomaruyama_map

何が「徹底していなかった」だ、バカかお前は。「釣り推奨」じゃないか。
下は最近直された今の看板。丸山の青い彗星氏の動画の1’20’’より。


Photo_20191227232201

一連の市民を舐めた姿を見て、連中は本当に公務員と言えるのか。

にしても議会答弁者がいつまでも彼でいる事が自浄作用なき上尾市役所を象徴する。

5.オンブズマン…上尾丸山公園に関する情報公開請求より、こちらのさいたまなびにも「家族で楽しめる釣りスポット」と最上級のご紹介。なぜ、わが市役所は国や県庁に削除依頼をしないのか。下に横柄、上にペコペコ。

 

«濁っているのは池の水ではない

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ