« Win Vista とデュアルディスプレイ | トップページ | 東和コーポレーション2008年度経営シミュレーション »

2008年2月27日 (水)

Vistaのメモリ2Gの効果は?

 前記事の続き
 パソコンのメモリーを購入時の1Gから、2Gに増設してみた。その状態でのVistaの
Windowsエクスペリエンス インデックスが次のものである。
インデックス値の改善効果は、期待したほどではなかった。Bista_2
 ●1Gのときのサブスコア値は、メモリが4.5だから、それが4.8になっただけだ。

 そもそも、グラフィクス値が3.5と低いのが気になるけれど、これでもMR3300の本体ではオプションでつけたボードだ。
 あとから知ったのだが、ATI Radeon HD2400PROというのは、かなり入門レベルようで、性能的にはたいしたことはないが、それでもインテル製の標準グラフィクボードだともっと低いだろう。

ちなみに、あわい期待だったが、メモリを増やしてもグラフィクには効果はないことがわかった・・・。

 メモリー増設による実際の体感速度は少し改善した。

 電源投入後からログインまでは変わらないが、デスクトップ表示後にガジェットが表示されるまでは 55秒が40秒程度へ、WordやExcelの起動も少し数秒だが、早くなった。今のところ、Wordの初回起動は4~5秒程度だ、エクセルはそれよりも少し早くきびきびとする。

 MR3300では、PC2-6400(DDR2-800SDRAM)を使わなくてはならないので、他のメモリよりも高いのがネック。一万円の投資になった。

 そもそもこのインデックス値は、あまり重要視されていないようだが、それでも購入時に分かるように、どのパソコンも表示しておいてくれるとありがたいと思う。多少の参考にはなるのではないだろうか・・・

 

« Win Vista とデュアルディスプレイ | トップページ | 東和コーポレーション2008年度経営シミュレーション »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ