« 二回目のジョギング | トップページ | ネツトプックで気づくIME2007と老眼の恥 »

2009年1月 9日 (金)

さすがSony VAIO type P。小型化実装技術というソニーのコア技術の結晶

Sonyらしい、ネットブックへの参入だと思う。
他のメーカーでは容易に真似できない、差別化された Atom搭載機です。type P
おしゃれで、実用性も高そう。5万円パソコンを買いたい人には、待っていたかいがある選択肢かもしれない。値段は10万円と高いが、それでも従来のモバイルノートと比べれば半額は安い。

圧倒的に軽いのが良い。普通軽さを競っていても 1.1kgとかそんなレベルだけれど
VAIO type Pは最軽量モデルで588g。片手で取り出しすることを想定しているようです。

一つ気になるのは、OSはVistaのみとのこと、Windows XPがない。レビュー記事を読んだところ、起動が遅いみたい。せっかくの取り回しの良いミニノートなのに、残念です。

画龍点睛を欠く・・・?

Vistaは不評のOSですね。最新でなくても、ビジネス用ならXPの方がメリットあると思う。
私のノートPC Lavie j は、初代pentiam Mの1Ghだが、不要なソフトを削り、512MBのXP利用で起動は40秒程度と軽快。起動が遅いと、持ち歩いても、ふた開けて電源入れたい、という気が起きにくいのだが・・・どうなんだろう?
でも、さすがソニーらしいパソコンだ。スペックも充実しているからけっこう売れると思う。

おしゃれに持ちたがる人もいるだろうね。

でも若い人向きだと思う。

だって老眼が進んだ身には、8インチはあまりにも小さい・・・

個人的には、東芝のダイナブックのss型に興味があります。Na01 mini製品画像
ネットブックなら、エプソンダイレクトのEndeavor Na01 miniがお勧めです。コストパフォーマンスに優れていると思う。使ったことはないけれど・・・

« 二回目のジョギング | トップページ | ネツトプックで気づくIME2007と老眼の恥 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二回目のジョギング | トップページ | ネツトプックで気づくIME2007と老眼の恥 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ