無料ブログはココログ

« 営業赤字のニュースが出るたびに、アクセス増加 | トップページ | ホームページビルダー V13 へバージョンアップした »

2009年2月 5日 (木)

よく働いたプリンタと箱 PIXUS 560i

大変よく働いたプリンタがご臨終の際にいる。
仕事に使うプリンタは三台あるが、A号機のキャノン PIXUS 560iは、実に長持ちした。比較的軽いので、よく出張に持ち出した。数えたら100回の往復だ。

Img_1663 先日、持ち出す前は異常が無かったのに、現地で物理的に動くかなくなった。
調べたら、ヘッドの左側退避のスペースで、小さな突起に当たり、モーターが回るためにギアが悲鳴を上げる。
セロテープで抑えて一時的に解消できたし、インクが残っていてもったいない気もするが・・・・

PIXUS 560iは、2004/7月に18000円で購入した。4年半だから見事だ。各インクは4~5回交換している。もちろん詰め替えインクで十分だった。

Img_1664 実は本体よりも段ボール箱の傷みが気がかりだった。
伝票をはがす時に箱面が傷つくので、ガムテープを貼ったりして、長持ちするように工夫した。
ポロ箱が客先に届くわけだが、何ともみっともない姿だ。プリンタの箱を有料で売っているなら買いたいのだ。

後釜は購入済み。単機能プリンタはキャノンが良いので、PIXUS IP4500を10月に買ったまま開封していない。9000円ほどだった。

かなりスピードが速いらしいので楽しみでもあるが、よく働いたPIXUS 560iにも感謝したい。 

ナムアミダブツ。 

この地域のゴミ捨ては「金属の日」だ。

« 営業赤字のニュースが出るたびに、アクセス増加 | トップページ | ホームページビルダー V13 へバージョンアップした »

■ビジネスゲーム研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 営業赤字のニュースが出るたびに、アクセス増加 | トップページ | ホームページビルダー V13 へバージョンアップした »