« 辞めてほしい政治ショー | トップページ | 一番町 滝廉太郎歌碑の近くでの経営シミュレーション研修 »

2009年7月 9日 (木)

ようこそグーグルクロームOS。さようならマイクロソフトとインテル

Chromeグーグルがパソコン用OSに進出。

かねてから噂だけは根強くあった。
2009/7/8 グーグルより発表があった。
Google Chrome(グーグル・クローム)OSが来年2010年末に登場するようだ。
対象はネットブックパソコン用。

電源投入後、数秒で起動してネットにつながるという目標だ。もちろんタダ。
現在、ブラウザーのメインはfirefoxだが、クロームも時々使う。機能的にやや不満があるが、とにかく早い点は優れている。

グーグルクロームOSの優位性は

万歳。と言いたい気分だ。
長い間のインテルとマイクロソフトの独占に風穴があく。
これまでもLinuxなどのオープンOSはあったが、ブランド力が足りない。技術者向けでしかない
グーグルがやればインパクトはけた違い。

パソコンの低価格化が一層加速する。
それだけでなく、マイクロソフトやインテルの計画的陳腐化というマーケティング戦略から解放される兆しが出てきた。

上位パソコン用は分からないが、最初のネットブック用グーグルクロームOSが成功すれば、当然進出するだろうと思う。クラウド時代に最適化されたOSということになるかもしれない。

現在のウインドウズOSはかなり安定しているが、かつて MS-DOSから始まり、Windows95、Windows98の時は何度となく、突然ハングアップして、データの再入力を迫られたことか・・・・その恨みはかなり消えているけれど・・・・

インテルのCPUが高速化しても、Windowsが肥大化して、ちっともメリット感が無い時代が長く続いたものだ。

マイクロソフトへのチェックメイトになるのだろうか。

パソコン用CPUもインテル独占から、大きく変わるのではないだろうか。

AMDだけでなく、NVIDIAとか或いはまったくの新興企業が出てくるだろうか。

期待大だ。

独占や寡占は、技術的な混沌を回避するが、その先に待ち受けるのは時間と思考の停滞である

ブラウザーとしての、グーグルクローム

« 辞めてほしい政治ショー | トップページ | 一番町 滝廉太郎歌碑の近くでの経営シミュレーション研修 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 辞めてほしい政治ショー | トップページ | 一番町 滝廉太郎歌碑の近くでの経営シミュレーション研修 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ