« アマゾンの書籍のレビューには著者の自作自演があるらしい | トップページ | 映画 忘れられた人々 (どうしようもない貧困と罪悪の行方) »

2010年5月31日 (月)

読書 ラーメン屋 VS. マクドナルド

エコノミストが読み解く日米の深層 (新潮新書/竹中正治著/680円)

久しぶりに良い本を読んだ。

41ivyzjonll_sl500_aa300_


タイトルは通俗的な興味をひくような文言だが、内容は多岐にわたる。
ラーメン屋vsマクドナルドについての直接的な記述は実は一ページ程度に過ぎないのだが、日米の比較を要約している。

おもしかったのは、希望を語る大統領vs危機を語る総理大臣の内容だ。
また、ディペートするアメリカ人vsプログする日本人も面白い。

特に日本語の難しさが教育面で話す時間を狭めているという指摘はなるほどな、と思う次第だ。
郵便貯金への集中の指摘も在り来たりの説明ではなく、独特の説得力ある考察だった。

本年39件目

« アマゾンの書籍のレビューには著者の自作自演があるらしい | トップページ | 映画 忘れられた人々 (どうしようもない貧困と罪悪の行方) »

本・読書感想等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アマゾンの書籍のレビューには著者の自作自演があるらしい | トップページ | 映画 忘れられた人々 (どうしようもない貧困と罪悪の行方) »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ