« 堅守だが、順当な敗北。日本対パラグアイ戦 | トップページ | ペリカン便からゆうパックへの引き継ぎ »

2010年7月 1日 (木)

東芝 dynabook RX3 はなかなか良かった

東芝のモバイルノートパソコン dynabook RX3 を初めて見た。

Dynabook_rx3

ビックカメラの有楽町店へ久しぶりに寄った。

一階テレビ売り場で、シャープのアクオスの42インチLED液晶テレビが、なんと11万円台で売っていた。信じられなーい・・・・

一昨日、日経ネットで一インチ1500円まで下がっている液晶テレビもあるというニュースを見ていたが、42インチでシャープのLED液晶がここまで安いとは・・・
今まで買わなかった苦労のかいがあったかも 

本来はマイクロソフトのoffice2010のバージョンアップ版を買う予定だったが、忘れてパソコン売り場を見ていた。

東芝が夏モデルで、大幅モデルチェンジをしたのは知っていた。実際の機種を見てみた。

スペック上は1.4kgなのであまり乗り気ではなかったが、いざ触ってみたり、仕様を再確認すると結構いい評価になった。
 core i3 350Mでも十分なので、dynabook RX3/T6M が15万円台で売られていた。
 よい評価は、13インチの画面、サイズ拡大に伴いキーボードが使いやすい。dvdドライブ付。薄型設計。などだ
 ネックは重さだろう。
 corei5とcorei3の差は、ネット利用やオフィスソフトの利用では体感できないと思う。

 価格比較サイトで、気になる書き込みがあった。冷却ファンの制御に問題ありとのことだ。使ってみないとわからないことだが、参考になるなー。

 当面、パナソニックのレッツノートS9、レノボのThinkpad X201S に加えて、東芝のdynabook RX3が選択肢に入った。

 総合的にはlets note S9が優れている。価格と厚さと見てくれがいまいち。長く使うつもりならこれがよいだろう。
 Thinkpad X201Sは キーボードが最大の魅力。価格も手ごろだが売り方が不透明な感じ。

 東芝dynabook RX3/T6Mは、13.3インチの画面とコストパフォーマンスの良さ。重さが問題だ。

冷却ファンの問題も・・・言われるようなことがあれば、ノートPC専門の東芝にしたら「画竜点睛を欠く」ではないか。そもそもoffice 2010のプリインストールは不要だ。その分値段を下げられる。

« 堅守だが、順当な敗北。日本対パラグアイ戦 | トップページ | ペリカン便からゆうパックへの引き継ぎ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 堅守だが、順当な敗北。日本対パラグアイ戦 | トップページ | ペリカン便からゆうパックへの引き継ぎ »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ