« 盗塁しても盗塁にならないというルールが変わったのを初めて見た | トップページ | 試合時間は日本シリーズの歴史に残るけど、内容は凡戦だった »

2010年10月30日 (土)

セパレートPCという新しいPCの姿

アップルのiPadにキーボードを付けると、パソコンになる

ブルートゥース型キーボードをつなげると、パソコンそのものになる。
ipad単体で使う場合は、ソフトキーボードが画面に表示される。

ipadは、ビューワー的な使い方が主だと思う。
再生専用のウォークマン登場のように。

自宅やオフィスの机上では、ディスプレイ専用として使い、キーボードをつないでPCとして使う。そんな使い方にすれば、オールラウンドになる。

あるいキーボード側に強力なCPUを乗せて、切り替えて使うというのもあってよいのではないだろうか。
本当の意味での分離型、セパレートPCである。外出時はディスプレイだけでスレートPCになるのだ。

親亀子亀パソコン

スレートPCとかタブレット端末というものはデザインも性能も画一的になりやすいので、そんなセパレート構想のシステムとしての提案もあってよいのではないだろうか。

そう思っていたら、そんな製品が見つかった。Eee Pad 来春発売らしい。

« 盗塁しても盗塁にならないというルールが変わったのを初めて見た | トップページ | 試合時間は日本シリーズの歴史に残るけど、内容は凡戦だった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盗塁しても盗塁にならないというルールが変わったのを初めて見た | トップページ | 試合時間は日本シリーズの歴史に残るけど、内容は凡戦だった »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ