« 自動車が売れない中での軽自動車の快走と追いかける小型車 | トップページ | 消費者庁は餅(もち)を70歳以上の老人に禁止の法案作成へ? »

2011年1月 3日 (月)

箱根駅伝 国学院寺田選手コースを間違えるも、健闘する

シード権争いの4大学の争いすごい。國學院大學寺田選手はコース間違えても戻ってセーフ。

4人が争っているとき、表情からしてこの選手(国学院 寺田夏生選手)が力がありそうに見えた。ただそう見えただけなんだが・・・

Kakugakuin

一進一退で面白かった。 
結果は、日体大が8位、青山学院が9位、國學院が10位、惜しくも城西大が11位。

ユーチューブはこちら。

4者が走っていて、極限状態でのラストスパートだから、周りが見えないのだと思う。視界がとても狭くなるのではないだろうか?
先導車両が先導をやめてコースアウトする方向へ寺田選手は連れられて行ってしまった。

たぶん、一人で走っていたらあのようなことはないと思うが、混戦していたらある程度予想できそうな場所だと思った。交差点で誘導する人に、もっと工夫があってもよいと思った。選手の責任には帰せられないように思った。

順位は二つ落としたが、それでもコースを戻って懸命に走ったのは立派だ。その姿に拍手。チームのだれも彼を責めることはないだろう。

でも大学のメンバー紹介の写真では眼鏡をかけている。近眼のようですね。眼鏡を外したのも遠因? そういえば眼鏡つけたまま走る人はあまり見ませんね。サングラスは多いけど。

私は老眼。

今日の6区では、雨でぬれた下り坂で早稲田の選手が転んでも、起き上がって先頭を走ったりと、なかなか皆さん大したものです。

箱根駅伝は結構面白いドラマです。

その後、調べたらマラソンでもゴール競技場入り口近辺で、先導車両に連れられて間違えることがあるそうですね。とにもかくにも國學院の寺田君は時の人になりました。

« 自動車が売れない中での軽自動車の快走と追いかける小型車 | トップページ | 消費者庁は餅(もち)を70歳以上の老人に禁止の法案作成へ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自動車が売れない中での軽自動車の快走と追いかける小型車 | トップページ | 消費者庁は餅(もち)を70歳以上の老人に禁止の法案作成へ? »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ