« 大勢が集まる卒業式や入学式では避難案内をすべきだ | トップページ | 東京電力は日々の消費電力や需要想定を発表すべき(計画停電) »

2011年3月19日 (土)

自衛隊、東京消防庁、東電の必死の放水作戦の成功を祈る

防衛省(自衛隊)と東京消防庁、東電の必死の放水冷却作戦

Photo

午後4時の枝野長官の記者会見で、少し光が見えてきたかもしれない。
今か今かと待ち望んだ、放水作戦。いわば自衛隊、消防庁、東電の三軍共同作戦だ。
19日の福島原発3号機への放水はある程度の成果があったようだ。明るいニュースだが、予断を許さない。

4号機への放水も検討しているようだ。

それにしても、右の写真は奇異な光景だ。福島原発は津波で破壊され暴走し始めた。それを海の水で抑えようとしている。

水が災いをもたらし、水が鎮める。命の源である海、死ももたらす海。

福島原発には1号機、2号機、3号機、4号機とたくさんある。

一の原子炉の冷却や制御に失敗したら、大量の放射能漏れが起きてしまう。すると誰も近づけない状態になる。そして他の原子炉の冷却ができなくなる。他の原子炉まで最悪になる。と連想してしまう。

テレビの報道は常に抑制的である。とりわけNHKは。新聞は少し突っ込んだ記事を書くようになった。週刊誌は遠慮なく書いている。見てはいないけど、スポーツ新聞はひどいらしい。

気になるのは、アメリカ側の見方で、「日本人はゆっくり合意に向かう」という指摘だ。危機の時には適さない特性だ。

良くも悪くも情報開示は速やかにすべきだ。民度の高い国では。

« 大勢が集まる卒業式や入学式では避難案内をすべきだ | トップページ | 東京電力は日々の消費電力や需要想定を発表すべき(計画停電) »

地震原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大勢が集まる卒業式や入学式では避難案内をすべきだ | トップページ | 東京電力は日々の消費電力や需要想定を発表すべき(計画停電) »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ