« えらいことになった。東北大地震と津波、信越の地震 | トップページ | テレビ局は同じ報道しかできないなら、たくさんはいらない »

2011年3月13日 (日)

地震の停電対策にはソーラーライトが効果的

停電対策にはローソクや懐中電灯よりも庭にあるソーラーライトが省エネで安全

一昨日の地震による停電では、太いローソクをともした。
懐中電灯では電池が消耗するから、ちょっと危ないけど、受け皿を古いフライパンにしてローソクをともしていた。

S005ころが昨日ラジオで視聴者からのいい案があったので、本日ホームセンターへ行って買った。
懐中電灯はどこの店でも売れ切れだ。そのためか、店員が自転車のライトを懐中電灯代わりに売っていた。人だかりができていた。

でも、もっと良い案がある。
庭の夜の照明用、ガーディニング用として昔からある、ソーラーライトを停電対策として使うのだ。その売り場は閑散としていた。近くにいた若い店員に聞くと、なんと先日の停電で重宝したという生々しい経験を語ったから意気投合してしまった。

昔よりもずいぶん安い、半額くらいの感じ。600円と700円程度のものを買った。
ソーラーライトにもいろいろあるが、高価格品と比べても、明るさは変わらずおもにデザインの違いだ。LEDを使っている。

S004

ソーラーライトは昼間は外で日に当てて充電し、夜に停電なら部屋に持って来ればよいのだ。ただそれだけ。
懐中電灯よりは暗いが、電池を気にすることなく使える。強い照明が必要な時だけ懐中電灯を使えばよいと思う。

3/15 追記

本日は曇り日、しかも水やりしなかったので夜は咲かなかった。

ソーラーライトを陽当たりのよい場所に置くのが、草花への水やりみたいなもの。


« えらいことになった。東北大地震と津波、信越の地震 | トップページ | テレビ局は同じ報道しかできないなら、たくさんはいらない »

地震原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« えらいことになった。東北大地震と津波、信越の地震 | トップページ | テレビ局は同じ報道しかできないなら、たくさんはいらない »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ