« 99万件目のキリ番発生。あと数週間で100万件アクセスだ | トップページ | 東芝ダイナブックR731とパナソニックレッツノートS10の比較評価 »

2011年7月22日 (金)

google検索広告にカネをつぎ込む検索語と業界は

Google広告:最も儲かる検索語は?(WIRED.jp)から

興味深い記事を見た。↑上記より引用。

アメリカでの話。
ITが進んでいるアメリカでは、自動でテキスト広告を分析するソフトウェアがあるらしい。その上位20の検索語がでていた。
その調査会社、米WordStream社によると、検索語の回数とそれにクリック単価(CPC)をかけて、google社に入る金額、つまりグーグルの検索広告売上高となるのだろうか、その業界分析をしている。

1保険(Insurance) 24%

2.ローン(Loans) 13%

3.抵当(Mortgage)

4.弁護士(Attorney)

となっている。

物理的な製品ではなく、サービス、それも金融関係が多いように見受けた。

原文はこちらhttp://www.wired.com/epicenter/2011/07/google-revenue-sources/

« 99万件目のキリ番発生。あと数週間で100万件アクセスだ | トップページ | 東芝ダイナブックR731とパナソニックレッツノートS10の比較評価 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 99万件目のキリ番発生。あと数週間で100万件アクセスだ | トップページ | 東芝ダイナブックR731とパナソニックレッツノートS10の比較評価 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ