« 値上がり前に買った外付けハードディスク(i/o HDPC-U)へのバックアップ | トップページ | ノートPC用の外付けテンキーNT-17UH2BKの使い心地 »

2011年11月30日 (水)

神戸のビジネスゲームは52名の最大人数の店長研修(兵庫県)

神戸のホテル舞子ビラで店長研修にビジネスゲーム(経営シミュレーション、マネジメントゲーム)をやった

Img_3725

今までにも40名以上で研修をしたことはある。しかし稀だ。
昔々、超大手通信会社でのこと。実際は30名強のはずが、行ってみたら40名だったなんて変な研修をしたことがある。事務局曰く、たくさん集まりましたので、宜しくお願いします。なんていわれて・・・ 

今年は中小企業大学校で多人数のビジネスゲームを実施した。たしか40数名だった。

しかし今回は、過去最高。
52名の参加、事務局も飛び入り参加で53名となった。
そして9社編成。多すぎてカメラに収まらない。後にも先にもこれが最大人数だと思いたい・・・coldsweats01

Img_3730

コミュニケーション型やカード型のビジネスゲーム研修なら、この程度の人数はできるだろう。

或いは講演会なら何人でも構わない。

でも、計数や戦略を主体とした本格的なビジネスゲーム研修ではこんな多人数、多グループ編成はできないのが普通。
・・・と専門家としては思っている。しかも一人でやれる人はいない。

マネジメント系の研修は20名前後が一番良い。
でもニーズ有るところに商品開発ということで、引き受けた。

こんなに多いと普通はたいへん疲れる。

事実疲れたことは確かだが・・・研修環境としてはホテルを使ったので、少しは楽だ。通う心配がない。

Img_3732

そして参加者が熱心だったから救われた。
ベースとなる計数能力は決して高くはない。店長と言えども日々のオペレーションに翻弄されてしまい、店舗経営と言う視点を養成する機会がなかったからだろう。

 

思うに、この業態的には研修テーマは精神論や接客接遇関係が多いのかもしれない。だからこその今回の経営シミュレーション研修だった。

もっとやりたいと言う声を聴きながら終えることができた。それは、依頼されたトップの真意が伝わったことの証のように思えた。

でも、言い忘れたことがあった。
決算書を見て思ったが、粗利率の1%改善を目標にしたらどうだろう。具体的には各店舗別に粗利率の1%ポイントを改善する運動を起こす。1%くらいなら自分たちの努力で何とかなりそうだと思うだろう。売価(客単価)かコストダウンか、廃材削減なのかは当人たちに任せればいい。

Img_3720

年間2億円は利益創出される。ただし改善活動費として数千万円くらいは投資しても良いと思う。そうやって社員の計数能力は上がっていくと思う。強い会社と言うものは数字に強いものである。

経営的には2つの強みを持つがゆえに、まだまだ伸びしろがあるな、という感想を持った。

 

Img_3722

会場は舞子ビラというリゾート系ホテル。

着いたときは夜で、人気の無い暗い道を歩いて入った。

斜めに上るエレベータを体験した。coldsweats01

 

 

朝起きて、窓をあけたら瀬戸内海と連絡橋の見事な景色。

ちょっとびっくり。happy01

 

Img_3734

会場はとても広い。

強いて言えば、この手のホテルは雰囲気優先で照明が暗い・・・お勉強向きではない。

そういえば、昔、小豆島でもやったことがあるが、そこもリゾートホテルだったなーと、帰りの新幹線で思い出した。

追記:

兵庫:県での経営シミュレーション(ビジネスゲーム、マネジメントゲーム)研修の事例(豊岡市役所)

兵庫県神戸市 店長研修 ビジネスゲーム 経営シミュレーション研修 マネジメントゲーム ホテル舞子ビラ神戸

« 値上がり前に買った外付けハードディスク(i/o HDPC-U)へのバックアップ | トップページ | ノートPC用の外付けテンキーNT-17UH2BKの使い心地 »

■ビジネスゲーム研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 値上がり前に買った外付けハードディスク(i/o HDPC-U)へのバックアップ | トップページ | ノートPC用の外付けテンキーNT-17UH2BKの使い心地 »

無料ブログはココログ