« 小売業、ヤマダ電機と交叉比率 | トップページ | ヤオヒロの対面にベルク上尾春日店が出店、これが小売業の仁義なき戦いなの »

2012年1月30日 (月)

土堂小学校のホームページ大賞は楽しそうな内容で生き生きしてる

広島県尾道市立土堂小学校は2回目のJ-KIDS大賞受賞

Webサイト「尾道市立土堂小学校 ~学ぶことが楽しい学校~」は楽しそうな雰囲気満載で生き生きしている。
良く作ってあると感心する。もちろんデザインやフラッシュ技法ではない、そんなのは専門家のアドバイスですぐに作られる。

Photo_2


大事なのはコンテンツとオリジナルを作る姿勢なのだ。写真がふんだん。子供や先生の顔も遠慮なくオープン。

とてもじゃないけど、わが市や県の小中学校のホームページはひどいものだ。単に有ります。という官製の内容なのだ。
以前のネット化初期は小学校独自に作っていたのだが、その後、一転して、どこかがひな形を配って、中身を現場で書かせているのるようになったようだ。

指針の範囲だけ決めて、学校独自に作らせるというわけではない。

卒業アルバムで写真集作るけど、いろいろな行事で全員が映るわけではない、適当なカット写真でしかないが、土堂小学校なら、必ずすべての子供の様子が映っていそうだ。子供たちにとって見事な記録になっている。

(まさか、うちの子は掲載しないでとかいう親の許可があるのだろうか?、うちの子の目にはボカシを入れて・・・とか?!)

公立小学校や中学校のホームページは、個人保護だとかプライバシーだとか、運営する負担が大変だとか、Webの良さをそぐための負の理由だけ挙げつらねて、見ても仕方ないようなページを作って、「やっています。あります」としている。

時代の変化に対応できない教育委員がいる限りは、無理もない。「何事もない」ことが一番と言う事なかれ主義では、変化の次に来る進歩は望めない。

ipadを使った電子教科書の波も押し寄せているのに・・・

追記
学校での情報漏えいはWebからではなく、盗難36%だと・・・ 下記記事アスキー 1/31

児童生徒の情報が漏えいする原因とは?

« 小売業、ヤマダ電機と交叉比率 | トップページ | ヤオヒロの対面にベルク上尾春日店が出店、これが小売業の仁義なき戦いなの »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小売業、ヤマダ電機と交叉比率 | トップページ | ヤオヒロの対面にベルク上尾春日店が出店、これが小売業の仁義なき戦いなの »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ