無料ブログはココログ

« 鈴木聡美選手は泳ぎだけでなく言葉遣いも丁寧でしっかりした話し方だ | トップページ | テクダイヤのビジネスゲーム研修・・・・2/2 »

2012年8月11日 (土)

テクダイヤの海外社員の多い経営シミュレーション(ビジネスゲーム)研修・・・1/2

テクダイヤ社の研修はグローバル人材と女性の参加者が多いのが特徴

去年は商業モデルでの経営シミュレーション(ビジネスゲーム)でした。今回は製造業モデルでの経営シミュレーション(ビジネスゲーム)研修をしました。昨年に続き二回目の参加者も大勢いました。

テクダイヤ様の研修はグローバル人材が多いことが特徴です。非常に稀な例です。今回も29人中10人がグローバル人材。三人に一人は外国人。女性が8人と多いのも特徴。前回受講者は16人、初参加は13人。テクダイヤでは男女問わず、国籍問わず教育チャンスを与えているようです。

Img_4293

人数が多いので6社編成で行った。場所は、池袋あうるすぽっと。

事前学習もDOMEXの専用ホームページから入って、皆さん真面目にやってきたようでした。平均点が82点だから高い方です。

 全社決算書はダウンロードしてもらったと思うけど・・・軽く、今回の経営シミュレーション(ビジネスゲーム)研修の追加の講評をしてみよう。

学習すべきテーマは何かを再確認。

・生産-販売―財務の連鎖とバランス

・損益と収支の違い(利益とキャッシュフロー)

・損益のプロセス

・費用から製造原価への基本的理解

・材料、仕掛品、製品という棚卸資産の形態変化

・設備の稼働率と固定費の問題

・低価格競争への対策としてのコストダウン戦略とR&D戦略等々

概ね、前回参加者が多いので基本的な計数は理解できているようだった。


Cath-X

座ったグループレイアウト位置は社番2のはずなのに、なぜかホワイトボードには1番の位置に社名と名前をさっさと記入。社長役に抜擢されたCathyさんの並々なら意欲の表れか?

業績的は二位。集中戦略が奏功して販売好調ですが、損益が悪いです。理由はわかりますよね。最後は期末決算セールです(こんなこと、台湾でしてはいけませんよ)

良く言えばマーケティングの会社、悪く言えば営業だけの会社。キャシー社長は前回の後「心に刻む三つ」の感想を寄せていたが、果たして今回は何を刻んだろうか…

Simg_4289


㈱佐鹿興業

完売続出なのに赤字続きという経営をだれも止めようとしない、不思議な会社でした。常務はPCでアルバイト仕事を抱えながらの参加ですから、役員報酬カットにも平然としていました。

集中戦略は良いのですが価格政策が問題でした。R&D中止も残念でした。初参加のSandyさんをショトンさんがフォローしていたのが印象的でした。

この場を借りてSandyさんの質問へ再回答します。平均法では、単純平均ではなく加重平均の計算をします。期首の平均値 A と当期入庫の平均値 Bを出して、(A+B)/2 では正しい平均値になりません。

Img_4287_2

次へ続く。

ビジネスゲーム、経営シミュレーション、マネジメントゲーム、研修事例、製造業モデル

« 鈴木聡美選手は泳ぎだけでなく言葉遣いも丁寧でしっかりした話し方だ | トップページ | テクダイヤのビジネスゲーム研修・・・・2/2 »

■ビジネスゲーム研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴木聡美選手は泳ぎだけでなく言葉遣いも丁寧でしっかりした話し方だ | トップページ | テクダイヤのビジネスゲーム研修・・・・2/2 »