« ドコモがiPhoneを扱う可能性が高いとみた。アップルは減速感から譲歩するのでは | トップページ | 暖かさを告げるような上平公園の寒紅梅 »

2013年2月22日 (金)

年金事務所に行ってきた。閊えていたものが取れてスッキリした

年金の書類ほど、わかりにくいものはない。

しかも国民年金、厚生年金、厚生年金基金と複数の会社に加入していたり、記憶のかなたの若い頃だったりすると、なかなか書類がそろわない。そもそも記憶がそろわない・・・

先日、銀行の年金相談を受けた。社労士のおばさんが、大丈夫、これこれ、書類揃えて行きなさい。

と言ってくれたは良いけれど、そろえるのが大変。
戸籍謄本などは身内に頼まなくても、ネットで書類ダウンロードして郵送で取り寄せられた。簡単なのに驚いた。

本命の年金手帳が見つからない。オレンジのやつ。
見た記憶はあるのに、なぜか見つからない。
何かに紛れて捨てられたのかもしれない。
年金手帳探しに、随分と無駄な時間を費やした。実際は再発行という手続きもあるのだが・・・

結局、基礎年金番号通知書があったから、事なきを得た。両方でなくても良いのだ。

社会保険事務所へ初めて行った。混んでいるかと思ったが、そうでもなかった。受け付けも、その後の窓口の応対も親切だったし、効率的だった。
ムカーシは違ったのだろう、叩かれた成果かな・・・

数十年前の年金基金加入者証、会社を辞めた時の雇用保険受給資格者証など、よくも、捨てないで保管していたものだ。

若くても、大切なものなのだろうな、と素人ながらにも思って保管していたのだろう。今日それが日の目を見た。

年金の統合のために調査してもらった。
若い担当者はこちらのいうことを参考にデータベースで照合していた。

ビンゴ、って彼が叫んだ。
確かに、昔懐かしい社名が画面に出ていた。

新しい青色の手帳をもらった。通知書を貼るだけだから、いらないと思うのだけれど・・・

ついでに、ネットのアクセスキーももらった。後でゆっくり見てみよう。

ようやく、モヤモヤして、ずーと閊えていたものが取れたような感じ、精神的にすっきりした。

今夜は祝杯。

その後、懐かしくも複雑な感慨とともに思った。人生の軌跡に空白などないのだが、公的な認証という点で途切れていた所が、見事につながった気がした。

青年期から壮年期への贈り物なのかもしれない。

« ドコモがiPhoneを扱う可能性が高いとみた。アップルは減速感から譲歩するのでは | トップページ | 暖かさを告げるような上平公園の寒紅梅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドコモがiPhoneを扱う可能性が高いとみた。アップルは減速感から譲歩するのでは | トップページ | 暖かさを告げるような上平公園の寒紅梅 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ