« 夜眠れない時は、ブログを書く。のが良いのか否か | トップページ | Googleストリートビューが我が町にも来ていたようだった »

2013年3月13日 (水)

エロエロ草紙が国立図書館でアクセス1位は当然。見れば洒落た芸術本だと思う

エロエロ草紙が「文化庁eBookプロジェクト」でアクセス一位。2位は羅生門

文化庁eBookプロジェクトの電子書籍の無料配信実験の結果が発表された。

Photo_2

一位は国会図書館のデジタル資料でもアクセス上位であった「エロエロ草紙」(酒井潔)とのこと。

タイトルが安っぽい感じがしたから、どうせ昔のエロ本なのだろう、と思いつつも、
さっそく飛んで見に行った・・・

とんでもない、中身は洒落ている。どこか品のある文章は面白く、ユーモアや風刺もある。旧字で読みにくいからゆっくりと読むことになる。それがまた新鮮。

「エロエロ草紙」酒井潔 著、竹酔書房、昭和5年出版、定価一円50銭。

後ろの頁に、「禁風1 157」というシールが貼られていた。
禁は禁止、風は風俗・風紀と言う意味なのだろうか・・・

当時は発禁処分を受けた本らしいけど、今見れば全体に抑制的な内容だと思う。正しくは抑性的かもしれない・・・・
デジタル技術のおかけで、日の目を見ることができたのは素晴らしいことだ。

第二編とあるから、第一編も見てみたい。

「文化庁eBooksプロジェクト」について

もう終わっているんだな。他にも見たいものがたくさんあったのに残念。ぜひリピートを・・・

« 夜眠れない時は、ブログを書く。のが良いのか否か | トップページ | Googleストリートビューが我が町にも来ていたようだった »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜眠れない時は、ブログを書く。のが良いのか否か | トップページ | Googleストリートビューが我が町にも来ていたようだった »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ