無料ブログはココログ

« レンジャーズが強い。4月は投手力で5月は打力で勝ち続けてる | トップページ | Surface Proを今頃日本投入だけど、次期ハスウェル搭載機のがいいに決まっている »

2013年5月24日 (金)

グループ編成の方法、経営シミュレーション(ビジネスゲーム)での考察

実務家から見た経営シミュレーション(ビジネスゲーム)研修におけるグループ(チーム)編成の方法

Img_31992

元々は部課長層中心に行っており、しかも3日コースが多かったために、当初は抽選方式を採用していた。

 これはこれでけっこう楽しい場面を提供しており、緊張をほぐす意味もあって良い演出ではある。

しかし二日コースのように時間的に余裕がない研修が増えると、チームバランスを重視するようになった。つまりは事務局と打ち合わせして戦力の均衡化を図るようなグループ編成を採用した。

この方法は簡単で良いのだが、実は問題も多い。ある企業では実験的に能力別編成をした。

これはリスクを伴う編成なのだが、教育的には良い側面もあった。

続きはこちら:  実務家から見たグループ(チーム)編成の考え方。

« レンジャーズが強い。4月は投手力で5月は打力で勝ち続けてる | トップページ | Surface Proを今頃日本投入だけど、次期ハスウェル搭載機のがいいに決まっている »

■ビジネスゲーム研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レンジャーズが強い。4月は投手力で5月は打力で勝ち続けてる | トップページ | Surface Proを今頃日本投入だけど、次期ハスウェル搭載機のがいいに決まっている »