« サーモアイシリコン遮熱塗料の中塗り。色はクールブラウン | トップページ | 震度4の広域の地震、震源は鳥島と遠いけれど前震だったら怖い »

2013年9月 2日 (月)

DIYでシーリングやエアコンダクト回りの補修をした

足場があるうちに、壁の目地のコーキングやエアコン配管口の補修をした
 エアコンの配管の取り出し口の粘土が劣化していたことを発見した。今まで気が付かなかったけど、足場に乗って上から見たら発見できた。

Img_5789

手で触るとボロボロに取れてしまった。

 パテと呼んでいるけれど要するに粘土だ。この補修方法はYoutubeにも載っている。まず綺麗に周辺部を拭いてから、新しい粘土を棒状にこねて、とにかくくっ付けた。粘土をこねるなんて何十年ぶりだろう。
Photo

Img_5823

 きれいな仕上がりではないけれど、人目につかないので気にしない、気にしない・・・
 足場の上で、壁とサッシ周りのクラックやサイディング部材のつなぎ目の古いコーキング剤の劣化を発見しては、自分で新しいコーキング剤を充てんした。
 

Img_5787

 

 いちおうやり方は分かっているけれど、重ね打ちというのか打ち増しというか、素人ではきれいにはできない。 塗装屋さんのコーキングガンを借りてやってみた。特に最後のへらを使って滑らかに仕上げる工程が難しい。
 

Img_5841

 
 うちはサイディングの壁がでこぼこ模様だから、やりにくいのかもしれない。そのへらも金属へらよりもスポンジやゴムのような柔らかいものが良いらしい。
 
Img_5839 

Img_5843

↑これは良くできた方。 

 

« サーモアイシリコン遮熱塗料の中塗り。色はクールブラウン | トップページ | 震度4の広域の地震、震源は鳥島と遠いけれど前震だったら怖い »

棲まいとリフォーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サーモアイシリコン遮熱塗料の中塗り。色はクールブラウン | トップページ | 震度4の広域の地震、震源は鳥島と遠いけれど前震だったら怖い »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ