« オルティスのMVP受賞インタビューでの放送禁止用語はなに | トップページ | 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年。少し退屈なサスペンス風小説かも »

2013年10月31日 (木)

上原投手が背番号19に込めた深い意味

レッドソックスに移籍してクローザーとしての上原浩治投手の活躍は凄かった。

 
実際は、去年のレンジャーズでも中継投手としてかなり良い結果を出していたと思う。

Photo_2

 
上原の背番号は日本の巨人でも大リーグのレッドソックスでも19番だ。そこにはこだわりの意味があったことを、本日のnhk9時のニュースで知った。
 
大学受験浪人の一年間、予備校に通いながら、スポーツジムで体を鍛え、夜は経済的理由でアルバイトをしていた、という。
 
 
当時を知る予備校の先生がテレビで、教室のこの位置で勉強していた。一年間、無遅刻、無欠席は凄いことだと言っていた。
 
 人生で一番苦労したのが19歳の時、その辛さがあって、今の自分がある。だからそれを忘れないように、19と言う数字を背負う。 
 
 
 当たり前だが、偉大なことを成し遂げた人は、必ず過去に人知れない苦労をしているものだ。その事実は成功して初めて陽の目を見る。
 
 だが、人知れない努力や苦労を重ねた人のほとんどが成功するとは限らないということも、現実である。
 
 
 
 去年、書込みしたら、ちゃんと返事くれたよ。
 

« オルティスのMVP受賞インタビューでの放送禁止用語はなに | トップページ | 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年。少し退屈なサスペンス風小説かも »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オルティスのMVP受賞インタビューでの放送禁止用語はなに | トップページ | 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年。少し退屈なサスペンス風小説かも »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ