« オリンピックの身代金、経済格差からの怨嗟は中国での天安門爆発事件にも通じる | トップページ | ココログ新アクセス解析の訪問組織/業種別ランキングはイイね »

2013年12月 2日 (月)

村上春樹の「色彩を持たない・・」ベストセラーの印税計算と出版社の賞

2013年の年間ベストセラー1位は村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

Photo_2

  推定売上部数は98.5万部とのこと。 略して100万部とすると、普通は印税10%だから
本の値段は1785円、消費税を除くと 1700円。印税は一冊170円。
1700×0.1×100万=1億7千万円
 
でも村上春樹のようなベストセラー作家は並みの作家ではないから、10%なんてことはあり得ないと思う。高いほうの15%とすると。
 1700×0.15×100万=2億5500万円なり・・・チーン
 まさかとは思うけど、20%でも出版社は是非とも請け負うだろうね。
(個人的には、初めての村上作品として読んだけれど、アマゾンのレビュー1位の方がよほど面白いかも)
 
 ところで、今日ウェブを徘徊したら、年間200もの文学賞があるらしい。殆どは本をたくさん売るためのマーケティング策でしかないようだ。
文芸春秋の芥川賞も直木賞もしかり。
 
ちなみに村上春樹はどの文学賞とも無縁らしいけど、多分そんなの欲しくないだろう。飛び越してノーベル文学賞・・・

« オリンピックの身代金、経済格差からの怨嗟は中国での天安門爆発事件にも通じる | トップページ | ココログ新アクセス解析の訪問組織/業種別ランキングはイイね »

本・読書感想等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリンピックの身代金、経済格差からの怨嗟は中国での天安門爆発事件にも通じる | トップページ | ココログ新アクセス解析の訪問組織/業種別ランキングはイイね »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ