« 伊奈学園高校の卒業祝いのどら焼きと焼印 | トップページ | 伊賀鉄道のバスみたいな電車に乗った体験記と第三セクター »

2014年3月20日 (木)

一日で9この鉄道路線に乗ったのは人生初めて

グーグルの移動経路案内で複雑な乗り換えも楽だった
 
 先日の移動経路だけれど、一日で八回も乗換えたのは初めて。
 
湘南新宿ライン
東北線
京浜東北線
新幹線
快速みえ
関西本線
関西本線
伊賀鉄道
伊賀鉄道
 
 
実際に乗った路線だが、最後の伊賀鉄道伊賀線は一つ余計だった。伊賀上野駅から西大手で降りる時、ドアが開くのを待っていたのだが・・・
 
ナナント、ドアが開かないまま動き出してしまった。
 
手動ドアではない。
降りる客を降ろさないで、酷いと憤慨したが、ワンマン運行なので運転席の車両まで行って苦言した。
 
そしたら、先頭車両のドアしか開かないらしい・・・・バスだよ。この伊賀鉄道は・・・
 
でも、直ぐに折り返して一駅だけのロスで済んだ。
急いでいなかったので事なきを得たけど、そこまではグーグルと言えども、路線案内でカバーできないよね。
 
とにかく、日本の鉄道会社の時刻管理の精度の高さを実感できた日だった。

« 伊奈学園高校の卒業祝いのどら焼きと焼印 | トップページ | 伊賀鉄道のバスみたいな電車に乗った体験記と第三セクター »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

我が地方、信越線のローカル電車(長野ー直江津)もドアは乗客の手動です。駅員もほとんどいないから、知らない人は乗り遅れたり乗り越したりします。
来春、北陸新幹線が完成しますと、妙高高原ー直江津間は越後ときめき鉄道の『跳ね馬ライン』に変わります。
跳ね馬電車が走る5月ごろ、妙高山に跳ね馬が出現します。ぜひお越しください。

ゆ~さん、コメントに深謝。
なるほど、結構増えているようですね。先の伊賀鉄道は1両編成の時もあり、全くバス並みの仕組みでした。地元の高校生や高齢者等のためには不可欠な足のようです。
長くなるので、続きはブログで・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊奈学園高校の卒業祝いのどら焼きと焼印 | トップページ | 伊賀鉄道のバスみたいな電車に乗った体験記と第三セクター »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ