« 中国上海駐在所からネット研修へ参加 | トップページ | 55歳からのハローライフがNHK土曜ドラマにテレビ化決定 »

2014年3月 8日 (土)

コーセー上尾跡地や横浜ゴム跡地にみる時代の変化とグーグル

小さな土地は相続で、広い土地は産業構造の変化で新たな主を探す
 
 
●追記 2015/3/5  上尾スポーツレーンズ跡地はヤマダ電機へ  文末に続編
 
●追記 2014/6/10 イオンモール上尾(仮称)に決定。2017年春オープン予定
 
 敷地面積は約72,000m2。 昨年オープンしたアリオ上尾は敷地11万m2。
 どうやら流通大戦争の始まりです。スーパーバリューの目前に出店ですが、2012年のヤオヒロの対面にベルク春日店出店とは規模が違いすぎ。イオンから見たらアリオしか眼中にないのかも。当地は既にオーバーストアとしか思えませんが、流通の当事者は広い地べたが空けば条件反射の如く駒を置くようですね・・・。周辺はますます渋滞する。

Photo_3

-------------------------------------------------------  
 
 
コーセー化粧品の上尾事業所が更地になっていた。同社が来る前には、この地に東邦レースという会社があったようだ。それがどんな会社なのか良くわからない。

Img_6466

古いローカルな情報はネットには乏しく、郷土史のような紙資料でないと得られにくいかもしれない。たまたま、あるページがあったけれど・・・
 
東邦レースと言う会社は良くわからないが戦前は軍需産業だったろうか。戦後は服地やカーテンレースの製造でもしていたのだろうか。古くに消滅している会社なのでWebには残っていない。
以下追記。---- 地元の人に聞くと、昭和三十年ごろからこの地で多くの女工を抱えレースを作っていたということだ。---- 末尾に追加 
 
その後、コーセー化粧品がこの地にきて上尾事業所とした。工場があったのかもしれないが、化粧品の対面販売で伸びた会社らしく、宿泊付の教育研修所としても使っていたようだ。取得時期、土地の広さなどを見ようと思ったが、有価証券報告書ではすでに減損扱いの資産でしかなく、主な資産からは抹消されている。
 
車で通るたびに不思議に思っていたのは、コーセー敷地内に個人の医院があったことだ。うっそうとした緑に覆われたお屋敷のような門奥に、どんないわれで作られたのだろうか。広い邸宅だが、古い人なら名前を聞けばあああの、と言う県政に名前を残した方の親族のようだ。

Photo_2

近隣の上尾中学校が二つ入るくらい広大な敷地は、建物を壊すだけでなく、緑豊富な植栽も根こそぎ除去されており、老朽化した塀に囲まれて無残な風景になっていた。
2
Img_6470
 
売却するときは更地で、とは言うものの年輪を重ねた木々がもったいない(売却か賃貸かは知らない)。 たまたまグーグルアースでは古い社屋が見られた。雪が残っているような時期だった。次に更新されたら跡形も見られないな。

Photo

ざっと200m×300mはありそう。一説では2万坪。地型も良いから一体何が建つのだろうか。
開発計画が公になる前には不動産や建設関係者から噂が広まるだろう。それまで近隣住民は開けた視界と陽当たりを満喫しつつも固唾をのんで見守るしかない。
 
 周辺が県営スポーツ施設が集積する場所なので、おもいきりそんなテーマで何かできればいう事ないね。サッカー場とか?
 
それにしても、戦後70年程度の間に、二つの工場が入れ替わるというのも目まぐるしい気がする。(軍需から)イトヘン工場、そして豊かな消費社会の象徴のような化粧品会社へとバトンタッチされ、さて21世紀初頭では何が建つのだろう。ちなみにコーセー撤退理由はリストラではなく、業績は順調のよう。
 
近くにスーパーバリューが来ているし、オーバーストア気味の上尾では流通業はあり得ないと思うのだが・・・。しかし近隣事例として富士重工大宮製作所(工場)跡地はショッピングセンター(ステラタウン)になっている。
月並みな「住宅地」案では小学校が足りないとか中学校が手狭となりかねないだろう。
 
他人の土地だから、あーせい・コーセイとは言えないが、雇用につながるような事業所が望ましい。製造業の時代ではないから情報系が好ましい。データセンターはどうだろうか。それには広すぎ、土地が高すぎかな!
 
ところで近隣の上尾スポーツレーンズ跡地(元は横浜ゴム所有地)も、一足早く次の主を迎えるべく更地になっていた。ここはゴルフ練習場とボーリング場だったところだ。噂では遊戯施設らしい。喜ぶ人と嫌悪する人が相半ばしそうだけど、全くの憶測。駅近とは言えないがマンションには適地かもしれない。 

Photo_3

Img_6465

そもそもコーセーの向かいの地には、ハマ化成(横浜ゴムから分離し現在はシーアイ化成)の上尾工場があった。2005年に同社が工場再編成により売却し、跡地にスーパーバリューが店を構えた。
この界隈はここ10年でガラッと変貌を遂げつつある。
 
 
新しい建物や家ができると、前はそこに何があったのか思い出せないことがある。覚えているつもりでも、いつしか記憶は薄れていく。そんなときグーグルアースやストリートビューの絵を保存しておくといいかも。
 
ただし更新される前に。
 
続編記事:
2014.5/4
2014.11/6  
2015.6/15

イオンモール上尾店の建設遅れは中止や白紙撤回ではなく熟慮中かもね

 
●箱ものか文教かが問われる、町はずれの「中央」図書館建設
 
 

« 中国上海駐在所からネット研修へ参加 | トップページ | 55歳からのハローライフがNHK土曜ドラマにテレビ化決定 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国上海駐在所からネット研修へ参加 | トップページ | 55歳からのハローライフがNHK土曜ドラマにテレビ化決定 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ