« 伊賀上野城と忍者ショーから松尾芭蕉翁の生家巡り | トップページ | 消費税8%へアップを機にした便乗値上げの価格設定が横行する »

2014年4月 4日 (金)

首都圏の私立大・短大の自宅外通学生の生活費は1日937円

MOOCへの期待は幻想なのだろうか
2014.4/4  毎日新聞より

Photo

東京地区私立大学教職員組合連合の調査
仕送り額は13年連続減少し過去最低を更新。5048人から回答。うち自宅外通学は約4割。
 
・仕送り額は月平均8万9000円で、調査開始以来過去最低。
 
・仕送り額から家賃を引いた生活費は1日平均937円。2年連続で1000円を切り、過去最高だった90年度(2460円)の半分以下。
 
・節約するため昼食に弁当持参の学生も目立つという。
 
・文部科学省は今年度予算で、無利子奨学金の貸与人員を前年度より2万6000人増やし45万2000人(1人当たり平均年間68万円)とするなど対策を講じている。
 
 一人平均68万なら単純に大学4年間で280万円という事なのだろうか。無利子と言えども結構な負債を抱えて就職することになる・・・。
 
 このようなニュースを見る度に、大学の授業料って高すぎるのではないかなとつくづく思うのだが・・・聖域みたいにデフレの波に襲われることはないようだ。
 
それならば、MOOCの流れが本物になってくれば良いと思うのだが・・・

« 伊賀上野城と忍者ショーから松尾芭蕉翁の生家巡り | トップページ | 消費税8%へアップを機にした便乗値上げの価格設定が横行する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊賀上野城と忍者ショーから松尾芭蕉翁の生家巡り | トップページ | 消費税8%へアップを機にした便乗値上げの価格設定が横行する »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ