« dynabook Satellite B354はコストパフォーマンスに優れるWindows XPから8.1へ更新 | トップページ | windows 8.1の起動時にMSアカウントではなくローカルアカウントにする »

2014年4月19日 (土)

windows 8.1に更にUpdateをして最新にすると少し良くなる

2014年4月からのWindows8.1のupdateの更新を適用した

 
 さっそくWindows8.1を使い始めたが、少しでも改良されている状態で使うほうがよいので、すぐにupdateをしたが、900Mbもあって結構更新に時間がかかった。
更新プログラム (KB 2919355 )  の適用だ。

Win81update_3

・スタートメニュー内に電源ボタンが表示されるとか、
・タスクバーにスタートメニューの起動アブリ名も表示される
・スタートメニューの起動アプリにタイトルバーが表示されて閉じるボタンが使える
など、少しばかりのマウス操作への改善が施されているようだ。
 
でも従来のスタートボタンの本質的な復活には至らない。それは次期のWindows9つまりは来年になりそう。
個人的にはこのパソコンはメイン機ではないので、windows8の操作性の問題は深刻ではないけれど、
来年までなら、こちらもタイルメニューへ嫌々でも慣れてしまいそうな気がする・・・
 
 それはあたかもWordやExcelなどのOffic ソフトのツールバーが廃止されて、お仕着せのリボンインターフェイスを無理やり使わされているように・・・・ 
 
 上の画面図をとるsnipping tool やペイントソフトだって、どこにあって、どうやって起動させるのか全く初めは戸惑うことばかりだった。
 ただし、Windowsの起動と終了はとにかく早い。

« dynabook Satellite B354はコストパフォーマンスに優れるWindows XPから8.1へ更新 | トップページ | windows 8.1の起動時にMSアカウントではなくローカルアカウントにする »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« dynabook Satellite B354はコストパフォーマンスに優れるWindows XPから8.1へ更新 | トップページ | windows 8.1の起動時にMSアカウントではなくローカルアカウントにする »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ