« アルゼンチン対イラン戦、最後はスーパースター、メッシの劇的弾 | トップページ | 小さな駅頭で、ビックイシューを売る初老の販売員氏は見習い中という »

2014年6月24日 (火)

ホームランド、シーズン2の最終回は良くできていたなと感心

シーズン2の第12話最終回のタイトルは「選択」だけど、本当は「継続」だね

このままだと、話が終わってしまうので、どうするつもりなのだろうかと、期待と不安を持って見ていたが、まさかの展開でした。 流石にいろんな賞をとっているだけのことはある。

Homeland2

まだまだブロディにも疑いの目を持たせたり、残党や第三勢力を思わせる展開で、本当に良くできた心理ドラマですね。
 
キャリー・マティソンを演じるクレア・デインズとニコラス・ブロディを演じるダミアン・ルイスの迫真の演技力対決がまだまだ続くのが楽しみ。
 
それと、ブロディの長女、なんていう名前の女の子か忘れたけれど、良い演技しているなー、といつも感心して見ている。
 
まだある、声優の岡寛恵さん、郷田ほづみ氏、小川真司氏、とにかくプロの声優らしくて声がとても聴きやすいのもイイ。
 
ホームランド・シーズン3までは暫くお休みなのだろうか?
替りに、ダメージでも録画しようかな。

« アルゼンチン対イラン戦、最後はスーパースター、メッシの劇的弾 | トップページ | 小さな駅頭で、ビックイシューを売る初老の販売員氏は見習い中という »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルゼンチン対イラン戦、最後はスーパースター、メッシの劇的弾 | トップページ | 小さな駅頭で、ビックイシューを売る初老の販売員氏は見習い中という »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ