« 地震回数が減っていることへの安堵と恐怖 | トップページ | ピケティ「21世紀の資本論」による不平等の告発 »

2014年8月21日 (木)

カブトムシの恩返しなんか期待してはいけないね

八月上旬のとある昼間、室外機のそばに一匹のカブトムシがいた。

子供が小さい頃は、カブトムシは採ってくるか、もらうかのどちらかでしかないのに、外から迷い込んできたのは初めてなので驚いた。
毎夏、一回はゴキブリが家の中に飛び込んでくることがある。今年はまだだが、カブトムシだからいいな、と思いつつ、ガラクタ同然となった虫カゴにいれてやった。
 
 飼育する羽目になった・・・
Img_71852_2
 何がお気に入りかと思えば、スイカが一番よく食べた。 桃と人間用のゼリーはあまり好みではなかったようだ。
 
 こんな狭い籠の中で短い一生を終えるのはさぞかし気の毒だから、と二週間ほど飼ってから先日、公園の林の中に放してやった。
 
 一応、良いことをしたつもりだけれど、恩返しはイラナイ、と言っておいた・・・
 
 

« 地震回数が減っていることへの安堵と恐怖 | トップページ | ピケティ「21世紀の資本論」による不平等の告発 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地震回数が減っていることへの安堵と恐怖 | トップページ | ピケティ「21世紀の資本論」による不平等の告発 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ