« 良い天気に恵まれた法事の雑感 | トップページ | 過ちては改めるに憚ることなかれ、朝日新聞のW吉田問題 »

2014年9月 9日 (火)

新聞社による内閣支持率の違いを読売が解説

第2次安部内閣改造後の支持率調査が新聞社によって大きく異なる理由

 
ここ最近の不思議なニュースの一つだったけれど、本日その解説記事が読売のネットニュースにでていた。
それによれば、最大の読売64%と最低の朝日・毎日47%の差17ポイントが出るのは分かるような気がする。
Photo
ようするに質問方法と選択肢が違うのだ。

読売と日経は、「支持」「不支持」を明確に答えなかった人に対し、「どちらかといえば支持しますか、支持しませんか」と「重ね聞き」をし、回答を促す。つまり四択あって、二択に集計しているようだ。

朝日、共同、毎日は「重ね聞き」はしない。

さらに、毎日は「関心がない」という他社にはない選択肢がある。

最近、ネット上の読売新聞ニュースは韓国・中国関係の負の記事を過敏に取り上げすぎるきらいがあるが、この解説はクールな良い記事だと感心した。

でも、どちらが正しい世論調査になるだろうか。これは我々が冷静に考える必要がある。

個人的には、好き嫌いを問われたら、「どちらでも無い」もある方がイイと思う。


« 良い天気に恵まれた法事の雑感 | トップページ | 過ちては改めるに憚ることなかれ、朝日新聞のW吉田問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 良い天気に恵まれた法事の雑感 | トップページ | 過ちては改めるに憚ることなかれ、朝日新聞のW吉田問題 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ