« 肥大化する上尾中央総合病院は埼玉県で二番目病床数へ | トップページ | 上尾市図書館白書・・・Web予約利用者が来館予約を上回る時代へ-1 »

2014年10月 5日 (日)

市立上尾病院が板橋中央病院に売却された経緯は何だろう

古くて縁遠い出来事を調べるうちに、身近な人へとつながる不思議
 
実の所、東京オリンピックが開かれた1964年(昭和39年)はさほど昔というわけではない。しかし上尾百年史の中に市立病院が売却された記述は全くない。そもそも驚いたのは、百年史の本には福祉とか医療の項目が全くなかったことだ。
それはともかく・・・
 
①今、Web上に残る情報では上尾市役所のWebサイトに下記説明がある。以下、原文ママ
Photo_2
上の写真は、柏座にあった市立上尾病院で、昭和39年に撮影されたものです。この病院は、同25(1950)年に上尾町立として開設されベッド数約30床、医師、事務職員など20数人の規模でした。
町立上尾病院は同33(1958)年7月の市制施行に伴い市立上尾病院と改称し、その後も市で経営を続けていましたが、同39年3月さまざまな事情から経営を打ち切りました。この病院のあった場所は、現在上尾中央総合病院となっています。
-----------------------------------------------------
 
②昭和39.11.20発行号、市の広報記事(当時は自治だより)の「市の財政事情」のページ末にに、ひっそりと書かれていた。
 
[市立上尾病院事業会計]
閉鎖した病院の負債整理のための会計です。負債額1794万余円ですが、一度に返済することができませんので、本年度は300万円を返済する予定です。病院のあった土地は借地でしたが、あの場所に病院を建てることを条件として、建物などを300万円で板橋中央病院に売却しました。同病院では明年四月完成を目標に建築着工しました。
 
-----------------------------------------------------
③昭和40年4.20号にも、下記の会計情報のみあった。
 
市立病院事業会計  歳入2681万8千円、歳出4476万?千円、差引残高1794万4千円
-----------------------------------------------------
 
赤字以外の理由、つまり「さまざまな理由」は不明だ。当時の赤字幅1800万円はどれほどの規模なのかは、分かりかねる(単年度であり、累積は不明)。②のページにある同年上半期一般会計の歳入額は4億7千万円となっていた。
国民年金の掛金が月額100円の時代である。
 
ところで、驚いたのはこの経緯を探しているうちに、実は初代院長が近所のクリニックの大島先生だったことだ。 商工会議所の情報誌に先生ご本人が寄稿していた。
Photo_3
 
なお、板橋中央病院とはWikiによれば、中村三兄弟によって開設された病院であり、中央医科グループ発祥の病院。
 
 
まとめると、1950年に上尾町立病院(30病床)として開設された。初代院長の大島正弘医師が10年にわたって勤務。市制移行で1958年7月に市立上尾病院と改称、1964年3月に廃院。資産を板橋中央病院へ売却し、同地に医師・中村秀夫氏が1964年12月「上尾中央医院」(11病床)として開院し今日の上尾中央総合病院に至る。

« 肥大化する上尾中央総合病院は埼玉県で二番目病床数へ | トップページ | 上尾市図書館白書・・・Web予約利用者が来館予約を上回る時代へ-1 »

上尾市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肥大化する上尾中央総合病院は埼玉県で二番目病床数へ | トップページ | 上尾市図書館白書・・・Web予約利用者が来館予約を上回る時代へ-1 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ