« オランダのDシパーズは白人選手として短距離金メダルがとれる予感 | トップページ | 記念の1000件目のブログ記事は思い出深いものに »

2015年8月28日 (金)

3-上尾市の地区別(地域別)と団地の高齢化率や平均年齢

9/9 データ日付と(4)項追記
 
まずは市全体の人口ピラミッド図(去年記事より)。 各グラフはクリックで拡大。
Photo
 
日本の人口で圧倒的な存在感があった団塊世代は今では前期高齢者のお仲間入りですが、1770年代前半生まれの団塊ジュニア世代が上尾市の中核を担っている、という姿をグラフは物語ります。 市平均年齢が44歳、市人口で40代が最多数ですから親に劣らずジュニアも存在感があります(まぁホントに親が団塊世代とは限りませんけどね…) 。
 
しかし、その下に「団塊の孫世代」が存在しません・・・
孫の顔が見たいというのに・・・
 
 
(1) 地区別の20才区分の人口構成
 20
 
10歳刻みでは細かすぎて見にくいし、年齢三区分では大まかすぎるので、20年幅で各地区の人口構成比率を表したグラフです。
地域によって年齢構成の偏りがあるかと思いきや、平方を除いてはあまり無いように見えます。イイですね。
 
(2) 地区別の年齢四区分と高齢化率
 
地区は2014/10/1、団地は2015/7/1とデータ日がややずれています。
Photo_2
14歳以下の年少人口、15~64歳の生産年齢、65~74歳の前期高齢者、74歳以上の後期高齢者の四区分による地区別人口積上げグラフです。
前期高齢者の中の昭和22-24年生まれ68-66才が団塊世代です。
平方地区の高齢化率が31%と高いのは前(1)グラフからも分かります。H25/10/1における日本全体の高齢化率は25.1%、埼玉県は23%ですから、上尾市の各地区の23%前後は普通のようです。
ただし団地では39%と高い高齢化率です。
 
(3) 各団地の平均年齢と高齢化率、児童比率
 
対象の10団地:
原市団地、尾山台団地、西上尾第一団地、西上尾第二団地、しらこばと団地、富士見団地、根貝戸団地、平塚団地、上尾東団地、ソフィア上尾。ただし名称略。
団地データは2015/7/1、市全体は2014/10/1
Photo_3
 
団地ごとの平均年齢と高齢化率、児童比率を示します。データは一番新しい2015年7/1日のものです(外国人も含まれますが多くはないと思います)。
児童比率とは私が勝手に作った指標名です。高齢化の反対指標として、児童比率=年少者人口÷全体人口で計算。ようするに14才以下の子供が多いか否かを示します。
 
団地住民の平均年齢は50から55歳です。上尾市平均が44歳ですから、一世代分上という感じです。高齢化率は43%から30%まで開きがありますが、市平均24%よりはグンと高いです。
市平均は団地を含む統計ですから、デーはありませんが団地と非団地として見ればもっと差が広がります。高齢化率では最大20ポイントの差があるかもしれません。
 
(4) 限界と向き合い、当たり前となる時代
 
 あくまでも喩ですが・・・、
限界集落(Wiki) の定義は高齢化率50%以上、その前段は55才以上が50%で準限界集落という予備軍です。その流れで限界団地と呼ばれることがあります。さらに最近は限界マンションも言われますが、こちらは老朽マンションが管理不全や建て替え不可能状態に陥っている問題のようです。
限界という表現に違和感がありますが、命名した学者があえて現実直視させるために厳しい表現にしたようです。詳しくはWebでどうぞ。 まぁ、年寄り二人なら限界家庭ですね・・・
 
さて、魅力ある街づくりを通してその土地へ若い人の転入が増えると平均年齢が下がりますが、転出した土地では高齢化が進み、日本全体としては変わりません。ですから究極の解決策は「赤ちゃん増産計画」しかありません。 
 
つまりは出産育児しやすい社会的環境を作ることです。
なのに、市行政ときたら交通弱者が通えない辺鄙なところに32億円もの新中央図書館を建てたがったり、12億円でパークゴルフ場がホチイなどの話に夢中です(初期投資だけでなく毎年の維持費も高いです)。
 
赤ちゃん製造はこの国が抱える様々な問題の根本的な解決策に通じるものですが、固定資産しか見えない人には優先度が低いようです・・・ 
 
 
改めて、我が家の平均年齢を求めてから考えましょう・・・
 
もう少しつづく・・・
 
 

« オランダのDシパーズは白人選手として短距離金メダルがとれる予感 | トップページ | 記念の1000件目のブログ記事は思い出深いものに »

上尾市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オランダのDシパーズは白人選手として短距離金メダルがとれる予感 | トップページ | 記念の1000件目のブログ記事は思い出深いものに »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ