« 上田城跡と来年の大河ドラマ真田丸、真田幸村の物語 | トップページ | 1-上尾市の地域別人口変化(30年間)から見えてくる増加減少の景色 »

2015年8月19日 (水)

上尾市役所の情報公開コーナーの利用と「統計あげお」を買った

古い人口統計を見たくて、初めて情報公開コーナーを利用した

 
 
 情報公開と言っても、名前ほど大げさなものではありません。単に知りたいことを尋ねると、当該部署の人が資料もってきてくれます。
 
 本当は上尾市役所のホームページで見られると良いのですが、古いデータは有りません。確か人口関係だと7年分程度です。新しい年度データを追加したら、古いのが押し出されて消えてしまいます。そんなケチなことしないで、全部残してくださいね。
 
 統計というのは長期的な視点からの比較をすることがあるから、デジタル化しているものなら何十年前のモノでも見たいです。文字や数字中心のWebデータの保存スペースなど極めて小さいです。そもそもそれができるIT時代なのですから・・・資料の出し惜しみは行政としてはまずいね。
 
 
 総務課の職員が持参したのはコンピュータで出力したB4の紙データ、とても分厚いです・・・。もっと古い1985年データになると、手書き時代の資料です・・・
 書棚に、黄色い表紙の「統計あげお」という資料集を販売していました。
値段を見てびっくり、300円。
 
一体何部刷ったか知りませんが、130ページあります。紙と印刷・製本の直接費よりも安いと思います。もしもこんなに安く印刷できるなら、その印刷会社教えて下さい。わたしが使いますから・・・
 市民の一家に一冊いかがですか、っていう風に売ると良いです。
 
 代金を払うのに窓口を替えて出納課へ行きました・・・さすがに役所でした。 
 

« 上田城跡と来年の大河ドラマ真田丸、真田幸村の物語 | トップページ | 1-上尾市の地域別人口変化(30年間)から見えてくる増加減少の景色 »

上尾市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上田城跡と来年の大河ドラマ真田丸、真田幸村の物語 | トップページ | 1-上尾市の地域別人口変化(30年間)から見えてくる増加減少の景色 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ