« アベノミクスの介護離職ゼロは誤解でした | トップページ | ココログのカードアイテムのトラブル説明図 »

2015年12月 8日 (火)

Googleの検索エンジンへのURL申請登録が難しくなる

私はロボットではないことの証明がだんだん難しくなる時代
 
ホームページやブログ記事で一度書いたものを訂正したら検索エンジンに再登録して読み込に来てもらった方が良い。
そこで、ときどきURL申請をするけれど、久しぶりにグーグルの申請方式が変わったようだ。
 Google2
初期のころは申請はやりたい放題だった気がするが、いつしか図形化されたパスワードを目視で読み、キー入力する方式になって久しい。判読しやすく短い文字列が出るまで何度もクリックしてました・・・
それでも低賃金の海外からURL申請させる業者がいるらしい。いよいよ図形内の文字を自動的に解読するソフトウェアも存在するようになったのだろうか 
 
本日URL申請したら、私がロボットではないことの証明のために、複数の写真の中から問題に答えなさい、という方法になっていた。
Google
なんとなく知能テストに近いので、間違えると恥ずかしい。
確かに「人間らしい」ことを証明できるけど、知能は幼稚園並みって見られているようで、抵抗あります・・・・・・
 
検索エンジンが社会生活に不可欠な存在になったから、商業目的に上位表示を試みる輩とのいたちごっこになっている。
そのうち、問題の難易度が上がり、難しすぎて申請できなくなるかもしれない・・・、その問題を解く代行業者が生まれるかも。
これも悪貨は良貨を駆逐する例ですね。
 
ところで「私はロボットではありません」にチェックを入れさせるけど、そもそもお前(googleのサイト収集)だってロボットじゃないか・・・
 

« アベノミクスの介護離職ゼロは誤解でした | トップページ | ココログのカードアイテムのトラブル説明図 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アベノミクスの介護離職ゼロは誤解でした | トップページ | ココログのカードアイテムのトラブル説明図 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ