« 議会運営にゲーミフィケーションを-4 | トップページ | 平日昼間開催ばかりで市民を遠ざける上尾市議会改革案-6 »

2016年3月10日 (木)

噛みあわせの悪さがもたらす議会の副次的効能-5

『貴重なご意見ありがとうございます』

Photo前記事のつづき

  これは相手の話しを打ち切るための常套句ですが、官でも民でも良く使います。あの日の傍聴では、それに近い言葉、いわゆるお役所言葉を何度も聴かされました。耳にしたのは、

 『総合的』
  決め手がない時に使う便利語。または、真意を隠すための方便です。
 
 『検討します』
  「いつまでに」が付けば正しい用法。無いときは「忘れてください」の意。
 
 そんな調子ですから上尾市図書館問題での議員質問と市長(行政)の回答が噛みあいません。議論を避けるから、聴いていてもつまらないため眠くなります・・・sleepy
 
 不眠で悩む市民は上尾中央病院へ行く前に市議会へどうぞ。
 投薬無しで眠れます sign01
 
 副作用は悪夢ですけど…coldsweats01
 
 さて、役人には過去の発言や既決事項を否定することは「絶対しない」という掟でもあるのでしょうか?。行政は間違えない、という建前を貫き通すことを「行政の無謬性」って言いますが、それは責任逃れに過ぎないと思います。 国会中継でもおなじみですが、身近な地元で見られたのは新鮮でした・・・。
 曖昧な議論はかっこ悪い、って思われるような社会にならない限り解消しませんね。
 
 ですから議会とは問題解決の場というよりも、アリバイ作りの場に見えました。
 議員は市政の監視役として質問をした、というアリバイ。
 行政はとにかく答えた、というアリバイ。
 
 独裁とは違い民主主義は手続きに時間がかかりますが、本質は議論の広さ×深さであって欲しいです。審議時間数とか多数決というのは形式でしょう。
 
 
 改革案
 
  温泉場のように、議場入口に「効能書き」を貼ります。
 
 不眠症治療 (保険適用外)。
 
 あの日も皆さん、治療に来ていましたよ・・・
 
つづく

« 議会運営にゲーミフィケーションを-4 | トップページ | 平日昼間開催ばかりで市民を遠ざける上尾市議会改革案-6 »

上尾市の市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 議会運営にゲーミフィケーションを-4 | トップページ | 平日昼間開催ばかりで市民を遠ざける上尾市議会改革案-6 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ