« 難易度の高い経営シミュレーション研修と想定外の若さ | トップページ | 上尾市シティセールスにみる違和感(武家の商法)と本気度、蓮田市 »

2016年9月 6日 (火)

スイカを丸ごと食べて、過ぎゆく夏を惜しむ・・・

残暑厳しい折、最後のスイカを食べる

子どもの頃、スイカと言えば丸ごと買うか、お中元で貰うものだと思っていた。一とき、親が遊び半分に自家栽培したことがあった。大きくは育たなかったり、熟さないのも多かったけれど、食べ放題だった年もあった気がする。 が、買ってきたスイカにはかなわない。。
 
冷蔵庫には入りきれず、井戸水で冷やして、今と比べたらたいして冷たくなくても、大勢でおいしく食べたものだ。そんな記憶がよみがえる。
 
初夏のスイカの出初めの頃は1/8カット位の小さめで400円位。旬になると1/6カット位でもやはりその位の値段のような気がする。
でも、それらを1玉分に換算すると2000円を超す値段になる。割高感があるのであまり買わない。
 Img_9533
買う時は、丸ごとがイイ。
包丁よりもでかいモノを切るときの、アノ手ごたえがたまらない・・・
というわけで、今年二個目の丸ごとスイカ。
 
キリギリスみたいにスイカ好きが家に複数いれば、まるまる一個でも二日程度で終る。
 
たぶんスーパーでは最終処分品みたいな扱いだったと思う。ボケておらず、丁度いい具合に店頭で熟していたようで、食べごろの品。
富良野産だった気がするが、きっと台風前の入荷だったのだろうか。
 
それにしても1/2の半分で売っているのは、あまり見かけない。なぜだろう。売れないと切り口面の鮮度が落ちるからかな。

« 難易度の高い経営シミュレーション研修と想定外の若さ | トップページ | 上尾市シティセールスにみる違和感(武家の商法)と本気度、蓮田市 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 難易度の高い経営シミュレーション研修と想定外の若さ | トップページ | 上尾市シティセールスにみる違和感(武家の商法)と本気度、蓮田市 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ