« 議場レイアウトの反転に込めた深い理由 | トップページ | 上尾市新政クラブの視察旅行記で知る議員の姿と出前議会の実態 »

2017年6月28日 (水)

やすらぎの郷で国営放送と呼ばれるNHK

面白い、大人の、大人による、大人のためのシルバータイムドラマ

第三週あたりから見始めました。
Photo  昼の時間帯にいまさら短い連続ドラマなんかやってどうする?。45分からはNHKの連続テレビ小説の再放送あるし、ニュースを見たい人が多いのに・・・、と初めは需要がないとバカにしていましたが、録画すれば何時でもよいわけだから、今は見てます。
 
ドラマの内容次第でした。これは秀作です。脚本も俳優陣も素晴らしいです。テレビ小説が素人芸ならこちらは玄人芸です。
 
たぶん連続テレビ小説と比べると、やすらぎの郷は視聴者の年齢層が高く、また男性が多いのではと思う。往年の名女優がオンパレードですから。
ネットで年齢の書き込み有ったので丸写しですが・・・
石坂浩二 75才
風吹ジュン 64才
浅丘ルリ子 76才
加賀まりこ 73才
八千草薫 86才 ・・・老けても美人ですね
有馬稲子 84才
五月みどり 77才
野際陽子 81才
山本圭 76才
藤竜也 75才
ミッキー・カーチス 78才
まるで後期高齢者劇団です
 
石坂浩二の演技力もさることながら、彼の声の良さにつくづく感心します。聴力に歳を感じることがあって、活舌の悪い俳優や高音の声はやや聴き取りにくくなりました。落ち着いた石坂浩二の声はハッキリと心地よいのです。
 
で、最近の回ではNHKらしき局を「国営放送」と何度も呼んでいたのが印象的。「公共放送」と呼ばないところが、倉本聰の意地の強さみたいと勝手に思ったわけです。
実際、テレビ所有税みたいに無条件に視聴料取るし、籾井会長以降はジャーナリズム性が劣化しているから、「御用放送」と呼ばないだけでも紳士的です・・・。
 
本日、ネット受信への課金を検討するというニュースがでてましたが、クルーズアップ現代+では加計問題についてNHK社会部と政治部の対立があったというニュースも見ました(ネットでは有名な話です)。
 
 
 

« 議場レイアウトの反転に込めた深い理由 | トップページ | 上尾市新政クラブの視察旅行記で知る議員の姿と出前議会の実態 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 議場レイアウトの反転に込めた深い理由 | トップページ | 上尾市新政クラブの視察旅行記で知る議員の姿と出前議会の実態 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ