« 埼玉県の衆議院比例区の選挙分析-得票増減から見える姿 | トップページ | 上尾市の八百長・二元代表制はダブル逮捕で暴かれた »

2017年10月30日 (月)

島村上尾市長と田中守議長の逮捕を上尾市民はどう思う

上尾市の慢心政治の成れの果てか!?

上尾市政の歴史で最大ニュースが政治のワン・ツー(島村市長・田中議長)逮捕とは、汚点だよね

悲報なのか朗報なのか、捜査の行方を見守りましょう。
厳正な捜査を期待します・・・
ヤフコメでは信頼「下げ尾市」と言われてますから、徹底的な捜査を要求します。
 
なお事件は本件のみで終わるのではなく、かなり根が深いようであり、さらに他の疑惑案件が芋づる式に明るみに出る可能性もあると思う。(4)項に記述。
 
■この機会に、上尾市役所職員は勇気をもって公僕として彼らの不正を通報せよ。
市民を守れ。上司や政治屋を守る必要はない。
 
S2
 
(1) NHKテレビの配信映像と文はこちらへ
 本日夜7時過ぎに埼玉県警が上尾市役所に捜索に入りました。 ソースは数日で削除されますが、公益性が高いのでNHKの三本の記事を (5) に転記しておきます。
 
S_2
 
(2)以下は朝日新聞Webニュースより(12時時点)
 
埼玉県上尾市のゴミ焼却場業務の入札をめぐり、最低制限価格などを入札参加業者に漏らした疑いがあるとして、埼玉県警は30日、同市の島村穣(みのる)市長(73)と田中守・市議会議長(72)から任意で事情聴取を始めた。
 
 業者側からも事情を聴いており、容疑が固まれば、公契約関係競売入札妨害などの疑いで逮捕する方針。捜査関係者への取材でわかった。
 
 問題になっているのは、同市西貝塚の「西貝塚環境センター」のペットボトル結束機運転管理業務(長期継続契約)の一般競争入札。ペットボトルの圧縮や成形などが業務内容で、入札は今年1月に行われた。市が定める予定価格以下、最低制限価格以上の範囲で、最も低い価格で入札した業者が落札できるというものだった。
 
 捜査関係者によると、島村市長や田中議長は、最低制限価格などの入札情報を、さいたま市浦和区に本社を置く設備管理会社の役員らに漏らし、入札の公正を害した疑いがあるという。
-----------------------------
 がぜん活気づく、次期市長選挙への動き
 
(3) 想うこと
 
●島村市長は現在、上平への新図書館建設の用地取得を巡って、市民から訴えられており裁判中です。その訴訟への影響も気になります。名前は穰が正しく穣は間違い。
 
今回の容疑は入札の予定価格を事前に業者に漏らしたというものですが、上平への図書館本館移転では上平の用地(市街化調整区域)を地元上平の友人が先回りして買い、それを市が三年後に四倍の高値で買い取ったというものです。
 詳しくは当方ブログ記事へ(新聞記事付き)。
 
今、その地には、上尾市政の与党である新政クラブ(田中守氏が実質支配、島村穰氏は議員時に所属)や公明党の議員たちが「知の発信拠点」とうたう図書館建設の槌音が聞こえようとしています。 なお島村氏73歳、田中氏72歳ですが、田中氏の方が先輩の立場のようです。
 
●田中議長については、ごみ焼却場の指定管理者を巡って昨年も噂が出ていました。まるで業務能力のないレベルの業者が落札して混乱し、再入札で事なきを得たようですが・・・、その業者との関係が噂されました。
 
経験的にこの程度は大丈夫と言う慢心があったのではと思います。マヒしていたと思います。個人的には議会の傍聴や議会録画映像をみていて、田中議長はよく休みます。
例えば午前に議長をやったら、午後は副議長が担当という日がしばしばあります。職員に聞いても欠席届をすれば良いらしく、詳しい理由は書かなくてもよいらしいです。なお田中守氏は全国市議会議長会の副会長を2017/5月まで勤めていました。
 
上尾市政では過去にもバブル期の1989年、北上尾駅開発を巡って汚職事件で逮捕者や大量退職者が出ています。
最近は「23万人に相応しい」という耳当たりの良い言葉を使いますが、相変わらず「相応しくない」市政です。ただし個人的には、慢心市政を支える市民層がいることが問題です。
 
 今回は市長と議長ダブル逮捕という衝撃的かつ珍しい事件ですが、取り巻き職員にも累が及ぶかもしれません。いわゆる茶坊主幹部職員です・・・。
 今回摘発のきっかけが内部告発者だとしたら・・・唯一の救いです。
 
 新しい上尾市政が、自浄作用ではなく、オウンゴールでようやく始まろうとしているように思えます。
 
関連
 

2017年2月の内部告発文書

その解説記事

上尾市議会の改革案などの目次ページ

(4) 産経新聞Webから こちら
 平成27年の入札でも不正か 上尾市議長 5年前から業者と関係
 
 ・・・中略・・・
 県警が平成27年の別の入札で不正が行われたという情報提供を受けて継続捜査中に、今回の事件が判明したことが30日、県警への取材で分かった。県警は特別捜査本部を設置し、27年の入札などでも不正があった可能性もあるとみて調べている。 ・・・
 
 上(3)に書いた田中氏の案件のことです。氷山の一角であり、上尾市政の闇に迫ることを望みたい。その過程で、彼らを支えてきた上尾ムラ社会を牛耳る既得権益層に大きなプレッシャーがかかるでしょう。
 そこが病巣です。
S
 この27年の怪入札について政策フォーラム町田皇介議員が追求したので彼の市議会レポート2015-2号が詳しい(pdf)。 そこに明石産業の名があります。当時この問題を追及したのは他に政策フォーラムの井上茂議員(2015‐4月の4ページ目)、そこに内部告発文書の写真もあります。新政クラブや公明党の与党議員は、本件には触れていません。 
 
 結局、田中守議長はその時に失敗して関係が露呈したにも拘わらず、懲りずにまたこの業者と癒着して金儲けをたくらんだとみえます。
 慢心そのものですが、前回はずさんなレベルで落札取り消し、今回は最低価格を知っていながら落札しないなど(妨害なのでよく分かりません)、登場人物達にはどこか間抜けな感じを受けますが、そこがかえって恐ろしいです。
 
(5)NHKの配信ニュース記事と映像
 S_3  
映像はソースでしか見られません(リンク先)。以下は新しい順です。
なお20時58分の映像では二人並んでの上尾市文化センターと思しき映像があり、25日付です。この時点でNHK記者には情報が流れていたようです…。
 
■20時58分 埼玉 上尾市長と市議会議長逮捕 警察が市役所を捜索
 
埼玉県上尾市の市長と市議会の議長が、市のゴミ処理施設に関する事業の予定価格などを業者に漏らしたとして、官製談合防止法違反や入札妨害の疑いで逮捕されました。議長は現金数十万円を受け取ったあっせん収賄の疑いでも逮捕され、警察は、市役所など関係先を捜索し、詳しい経緯を調べています。
 
逮捕されたのは、埼玉県上尾市の市長、島村穣容疑者(73)と、上尾市議会の議長、田中守容疑者(72)、それにさいたま市浦和区の設備管理会社「明石産業」の社長、山田明容疑者(82)ら合わせて4人です。
 
警察によりますと、島村市長と田中議長は、ことし1月末に行われた、市のゴミ処理施設「西貝塚環境センター」でペットボトルを処理する業務の入札をめぐって、さいたま市内の飲食店などで予定価格などを事前に業者に漏らしたとして、官製談合防止法違反と入札妨害の疑いが持たれています。
 
また、田中議長は、現金数十万円を受け取ったとしてあっせん収賄の疑い、山田社長ら業者側は贈賄の疑いも持たれています。警察は、今後の捜査に支障があるなどとして、認否を明らかにしていません。
 
市のゴミ処理施設では、民間に業務を委託していて、3年ごとに業者を選定する入札を行っていて、警察は、今夜、市役所など関係先およそ30か所の捜索に入りました。市役所には、捜査員30人余りが捜索に入り、入札に関係する部署を中心に調べたものと見られ、警察は、市長や議長が関わったとされる不正の詳しい経緯を調べています。
 
●副市長「深くおわび」
埼玉県上尾市の市長が逮捕されたことを受けて、遠藤次朗副市長が30日夜、市役所で会見し、「市長らが逮捕されたことは大変遺憾に思っています。市民の皆様にご心配をおかけしたことについて深くおわびします。今後は警察の捜査に協力し、しっかりと対応していきたい」と陳謝しました。
 
●市議会コメント「信頼回復に向け全力あげる」
今回の事件を受けて、上尾市議会は、30日夜、会派の代表などを集めて対応を協議し、市議会としてのコメントを発表しました。この中では「市議会を代表する議長が逮捕されたことを大変重く受け止めております。市民の皆様には、多大なるご心配をおかけしたことを心からおわび申し上げます。市議会としても信頼回復に向けて全力をあげて取り組んでまいります」としています。
--------------------------
 
■19時22分 埼玉 上尾 市長と市議会議長逮捕で市役所捜索
 
埼玉県上尾市の市長と市議会の議長が市のゴミ処理施設の業務をめぐり、官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された事件で、警察は30日午後7時15分ごろ、上尾市役所の捜索を始めました。
捜査員30人余りが捜索に入り、入札を担当する部署などを中心に調べることにしています。
警察は市長や議長が関わって不正が行われていたと見て、詳しい実態の解明を進めることにしています。
--------------------------
 
■18時58分 予定価格を漏らしたか 埼玉 上尾市長と市議会議長を逮捕
 
埼玉県上尾市の市長と市議会の議長が、市のゴミ処理施設に関する事業の予定価格などを業者に漏らしたとして、官製談合防止法違反や入札妨害の疑いで逮捕されました。議長は現金数十万円を受け取ったあっせん収賄の疑いでも逮捕され、警察は今後、市役所など関係先を捜索し、詳しいいきさつを調べることにしています。
 
逮捕されたのは、埼玉県上尾市の市長、島村穣容疑者(73)と上尾市議会の議長、田中守容疑者(72)、それに、さいたま市浦和区の設備管理会社「明石産業」の代表取締役、山田明容疑者(82)ら合わせて4人です。
 
警察によりますと、島村市長と田中議長は、ことし1月末に行われた、市のゴミ処理施設「西貝塚環境センター」でペットボトルを処理する業務の入札をめぐって、さいたま市内の飲食店などで予定価格などを事前に業者に漏らしたとして、官製談合防止法違反と入札妨害の疑いが持たれています。
 
また田中議長は現金数十万円を受け取ったとして、あっせん収賄の疑い、山田容疑者ら業者側は贈賄の疑いも持たれています。
市のゴミ処理施設では民間に業務を委託していて、3年ごとに業者を選定する入札を行っています。
 
警察は今後、市役所などを捜索し、詳しいいきさつを調べることにしています。
警察は今後の捜査に支障があるなどとして、認否を明らかにしていません。
予定価格や最低制限価格を伝えたか
 
島村穣市長(73)は市長に就任する前は市議会議員を務め、現在の田中守議長(72)と同じ最大会派の「新政クラブ」に所属し、議員としては田中議長の後輩に当たります。
市のごみ処理施設「西貝塚環境センター」でペットボトルを処理する業務の入札には、「明石産業」の上尾支店を含め6社が参加し、予定価格は1億1346万円でした。
 
予定価格は市の幹部ら10人余りが知っていましたが、最低制限価格は市長みずからが決めていて、7942万2000円に設定されました。こうした情報が市長らから業者に伝えられた疑いがあります。
 
結果として、「明石産業」は最低制限価格を上回る1億211万4000円で入札し、別の業者が落札しました。
警察は島村市長や田中議長と業者の間でどのようなやり取りがあったのか調べています。
 
島村容疑者は市の職員や市議会議員を経て、平成20年の市長選挙で初当選し、去年2月の市長選挙で3回目の当選を果たしました。
 
田中容疑者は平成11年に市議会議員選挙に初当選し、これまで5期務めています。
去年1月からは市議会の議長を務めているほか、ことし5月までは全国市議会議長会の副会長も務めました。
 
 
次記事
 

« 埼玉県の衆議院比例区の選挙分析-得票増減から見える姿 | トップページ | 上尾市の八百長・二元代表制はダブル逮捕で暴かれた »

上尾市」カテゴリの記事

コメント

これを機に未来に向け変われると良いのですが

一市民として若く視野の広い市長の誕生を願います。

最近、偶然なのだろうが上尾に関して悪い事件がニュースになるなと思う
放火事件、夏祭りの荒天に起きた事件、障碍者施設の事件・・・
そして古くは上尾事件、桶川ストーカー事件
上尾に住んでいて恥ずかしい

図書館の問題も裁判沙汰だし、昔はさいたま市との合併問題でも裁判沙汰があった記憶
今回の件は誰が摘発したのか。入札されなかったごみ処理業者か図書館反対関係者か
新政クラブ以外の議員か市の職員の関係部署職員か?!

どうなるか分からないが、近々市長選or市議の補選をやるのではないか
これでいい方向に向かって行けば良いが・・・

お二人まとめて、ご来訪に深謝。

もふ様、何歳くらいまでが許容でしょうかね?

もみじ様
悪いことは記憶に残りやすいために「忘れられる権利」が欲しい人もいるでしょう。
でもこれ以上悪いことは起きません。
市長と議長がダブル逮捕なんて、前代未聞ですから。

これで良い方向に向かわなくてどうしますか。
 上尾市民が逃げ出しますよ… (^^♪

島村氏は議会答弁では意味不明瞭なことを言うので、前から体調が悪いように見えます。失礼ながらそれほどタフな人には見えないので、精神的には相当きついでしょう。
田中氏はタフそうですが、商売にどう影響するのでしょうか。

上平図書館をはじめ、戸崎パークゴルフ場など、まだまだ疑惑の事業があります。
この際、イメージダウンはあっても、長年の膿を出し切ってほしいものです。
二人併せて年換算2,000万円以上の経費削減にはなります。
その分、選挙費用は増えそうですが、市政が少しでも良い方向に向かうなら
税金が無駄遣いにならないよう上尾市民の良識に期待したい気持ちです。

先日の衆議院の選挙前あたりから警察が裏で動いていたみたいだと知り合いから聞いた。
選挙が終わって落ち着いて、逮捕するタイミングを見計らってたんじゃないかと思う

もみじさん
その通りみたいですね。
NHKの20時50分配信ニュース映像には、二人並んでのアップ映像があり、25日付となっていたのでたぶん・・・と思いましたが。

それにしても警察の動きがお友達経由というのも・・・
二人も警察も漏らしすぎですね。それなら二人にも伝わっていたでしょうけど、どんな口裏合わせをしても過ぎたことは消せませんね。

上尾暴動事件以来の大事件です。
この記事に1600件ほどですが、他記事合わせると5千件超します。

願わくば、さらに内部、外部関係者へも捜査を広げて欲しいですし、他案件への波及を願いたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 埼玉県の衆議院比例区の選挙分析-得票増減から見える姿 | トップページ | 上尾市の八百長・二元代表制はダブル逮捕で暴かれた »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ