« 上尾の不正入札事件の真相は談合、シンジケートなのか | トップページ | NHKで議長と上尾市長のかかわりを井上しげる議員が語る »

2017年11月 2日 (木)

上尾市の不正入札告発文書と釈明議会のお粗末資料からみえるもの

エピローグ あげお大学物語
 
むかしむかし、大学入試に「できの悪い小学生」がエントリーし、なんと願書が受理されました。事前に答えを知っている悪ガキは成績トップで合格です。
 
見抜けない書類ではありませんが、精査を怠り、子供を青年扱いした事務局がいたのです。しかし正義のチクリにより、入学取り消し、再試験となりました。
 
ときすでに三月末。応募者もなく、結局、卒業した生徒に支度金を払ってもう一度入学してもらう羽目になりました、とさ。
 
ガキの里親が理事長だという噂だけが残りました。
 
お し ま い。
 
 
一幕 内部告発文書
 
事件は、二年前の平成27年2月頃、多くの上尾市議員に送られてきた一通の文書から始まります。差出人不明ですが、事実関係を冷静に要約してあり、品のない怪文書の類ではありません。
 内部告発の文書(pdf) → 不正を告発します
 
これを元に政策フォーラムの町田・井上議員が市を問いただしました。結局、上尾市は明石産業の落札を取り消し、再入札という異常事態になりました。この辺りは二人の議員レポートをご覧ください。
 町田皇介議員(市議会レポート2015-2号,3号)
 井上しげる議員(2015‐4月4頁目)
 
 結局は手の内を晒すような再入札は不調となり、従来業者のテスコ㈱が引き受けましたが随意契約となり一億円も高いものについたとあります。これは上尾市の明白な失敗であり、その損害や責任を誰が負うのかが問われるはずです。
 これを実害と認識し、事件性アリとみて捜査になったのでしょうか。
 
 核心は、明石産業と田中議長の関係性です。圧力とか口利きに証拠文書があるわけでもなく、関係者は口を閉ざしますから議会の追及には限界があります。
 
冒頭は悪ノリかもしれませんが、全てはこの勇気と誠意ある告発文書のおかけです。二年半後にようやく日の目を見ました。一市民として、姿なき貴殿にお礼と称賛を送ります
 
二幕 本日の配布資料にみる上尾市業務能力の低さ
 
 配布資料には、A3版の「西貝塚環境センターの入札結果まとめ」があります。H21年からの過去6本の入札一覧ですが、とても見にくい表というだけでなく、肝心の不正入札の後の経緯が抜けています。あまりにお粗末です。
 
●改めて再送・・・後日手に入った変更表からのデータ抜粋です。予定価格との比率を見ていくと、明石産業だけでなく、入札そのものが限りなく怪しい。
 クリック拡大 
Photo
 
参考 東京新聞図版 11/1 何度も食い込みを図る明石産業
S
 
三幕 ワン・ツー・スリー逮捕はあるか?
 
上の案件で捜査が行われていたことに関係者は驚きました(悟られない捜査は見事です。選挙が終わるのを待ってでした)。その過程で今回のペットボトル処理業務の不正入札で逮捕されたようです。つまりヤマはまだありそうです。
 
市長と議長の同時ワンツー逮捕で日本中の話題になりましたが、1-2-3・・・と三人目、四人目は無いと自信をもって言えますか。この案件に心当たりのある人は戦々恐々です。二人の自供だけでなく、内部関係者も組織防衛よりも保身優先でしょう。上のレポートには登場人物が書かれています。すくなくとも公務員の服務規定に反しませんか。
 
まだ激震が走る可能性を否定できません。無関心な市民が支える上尾市政ですから、覚醒効果となれば幸いです。 
 
 
プロローグ 全員協議会の不条理な光景
 
本日、全員協議会が開かれました。いきさつとして前記事にあるように、昨夕にネット中継のできる本会議場に会場変更したことはグッドです。でも本会議場の右半分は不要でしたね。15人分で済むのです。
Simg_0703_2
 
一時間半の中身は要領を得ないものです。詳しくは議会の録画ファイルをどうぞ。
相変わらず、本当に知りたいことが語られませんでしたから・・・『市長の辞職願がいつ出されるのかがポイントです。50日以内に市長選挙が行われます。市議補選はありません。』と伝え聞きます。
 
以下、個人的な感想ですが聴き取りにくいために間違いはご容赦願いたい。
 
・市長と議長の母体である上尾市新政クラブは小林団長一人が意見を述べました。
 無実を信じるという事ではなく、あんなに仲良かったのに冷たい対応(除名処分)ね、と隣の人が語りました。意見だけで質問はなかったようです。
 他の新政クラブ議員や公明党議員からは手が上がらなかったようです。この事態で質問しないというのは、疑問や不安はないと受け取られますよ。まさか質問はするなという統一会派ですか。
 与党ですから、こうやって解明と信頼回復せよという具体的提案に欠けるのは能力を疑います。だから言葉は厳しいけど内心は田中「まもる会」・・・という姿が透けて見えます。
 よくは知りませんが…、小川明人議員などは常識的なことを言える人と見てますので、葛藤は無いのかな。 悪いことは言いません、友達付き合いを見直したら、って誰かがつぶやきました。
追記 終了後に小林団長は「会派として議長と市議、市長の辞職勧告を提出するとの考えを示した」と11/3埼玉新聞Webにあります。なんで会議で言わなんだよ。
 
・もっぱら、政策フォーラムと共産党議員が矢継ぎ早に質問と意見を述べました。
 質問と意見をごちゃごちゃに言う人の場合は分かりにくいですが、概ね市民感情に近いものです。政策フォーラムは全員が言ったようです。ただ池野議員の質問は傍聴席とはズレがあり、失笑を買いました。
 
 鈴木茂議員や池田達夫議員は、現在の上平新図書館建設(38億円)やパークゴルフ場(15億円)の53億円の事業凍結を求めます。遠藤副市長の回答は、契約済みのことなので・・・#_+5P`U(>$+J\ad;&(
 
NHKニュース11/1より
遠藤副市長は「議長が市長室に来ることはあり、市長が『難しい話だった』と漏らすこともあった」と話す。「市長から漏れ聞こえるものに対し、もう少し強く進言しておくべきだったと率直に思う」と述べた。
 
・無会派の秋山かほる議員はいつものメリハリある声で、市長の辞職勧告決議案とか議長の除名処分とかで早期解任を図るよう求めました。さっさとやらないと、いつまでも帳簿上は二人のトップが上尾に存在することになり、次へ進みにくいですよね。
きっと他市町から見たら、よほどだらしない市に見えるでしょう。
 
 野本議員の声を初めて聴きました。無会派なので遠慮なく発言したようです。大きい声は良いのですが、内容は街頭インタビューレベルな印象かな(ごめんなさいね。でも去年板ガラス買ったよ)。同じ無会派の深山議員はなぜかだんまりです。
 Simg_0697_2
 
・マスコミが多かった。
 傍聴人は満席、ロビーに十数人とかで計70人ほど。市政に批判的な人が多く集まる割には、これだけコケにされても大人しい人々です。終わって、一階に降りると、何事もなかったように庁内は稼働していました(その理由は別途)。
 
・進行は渡辺副議長。 田中議長は力をルールにして議会を形式主義・儀式主義にしていましたから、渡辺さんの進行は助けてあげたくなるようなソフト感があります。
 ●が読めないとか言う口の悪いオバチャンがいたようですが、気にしないで下さい。「云々」が読めない偉い人もいますから。
 今日はいつものルーチン司会とは違い、非常時のためか一番高い所でオロオロした様子に見えました。頭の中が真っ白になることはありませんか、近しい人はアドバイスしてあげてください。
 
 君は大丈夫だから。
 S_2
 
以上、本日の三幕物語。
脚本上尾愚民。
 
関連 かまちょ図書館 全員協議会開かれる

« 上尾の不正入札事件の真相は談合、シンジケートなのか | トップページ | NHKで議長と上尾市長のかかわりを井上しげる議員が語る »

上尾市」カテゴリの記事

コメント

>不思議なのは②でどうして同額二社が出るのかという事です
しかも、最低制限価格ギリギリです。明石産業から漏れたか(これは談合でしょうが)。
でも、明石産業は新参者のようですね。だとすると談合ではないかも?。
>①と②の間が抜けています。①のご破算後に、テスコ社が随意で契約
しかも、落札価格より1億円高い。
告発文が正しいとするなら、契約審査で容易に分かるはず、圧力があったのでしょうか。
副市長の「圧力がどんな物か分からない」趣旨の発言は笑っちゃいました。

●前前記事に、受注互助会、シンジケートって書きましたが専門ではないのでよく分かりません

●告発文は正しいから、疑惑が追及されて再入札しましたが、真相究明も責任も問わない。
大学入試に子供の願書が通るわけありませんよ。
副市長は失言と悔やんでいるでは

ハンドルネームあればありがたいです。
田中家さん火事とはお気の毒です。

名前を書くのを忘れました。

ですか・・・
がっかり。
↑意味わかりますよね。

なかなか増えませんね。
夢のあとさんに何かあったらしく、加われないのは残念です。

それ以外には、上尾ネット民はツイッターが圧倒です。
スマホ向きですが、主張の強い世界ですね。

私役所様
何もありません。元気にしています。ただ、衆院選の結果があまりにも腹立たしくて。。。こうなる事の予測は少しあったのですが、今政治のことを考える事自体が嫌になっています。日本国民はこれからの日本を考えた上で投票をしていないのか?はたまたバカなのか?だとしたら上尾市民だって日本国民の一部ですから僕が何書いたって何の意味も持たない事になってしまうと思うのです。よって少し休息期間を持つ必要を感じているのです。
 それと上尾市の今回の事件が僕によく理解できていないこと。逮捕された二人もまだ犯人ではなく容疑者でしょうし、多分+αも出そう(居るのは解っているのですが、逃げ通せるかの問題)ですのでまだ静観を決め込んで書いていないだけです。腹の底が煮えくり返っているのは多分皆様と一緒だと思います。
 入札制度って良さそうなのですが、実際は不正を隠す制度ともなっているのが現状(上尾かその周辺だけかもしれませんが)。「入札したことにして下さい。」って言われた組織があったり。
市政についてあまり詳しくないので、もっと勉強して理解できたらBlogにも書きたいと思っています。
 それまで少々お時間を下さい。

お礼かたがた記事にしてますが、トップ表示ではありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上尾の不正入札事件の真相は談合、シンジケートなのか | トップページ | NHKで議長と上尾市長のかかわりを井上しげる議員が語る »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ