« 上尾市図書館問題の経過、そして第三ステージへ | トップページ | 桶川市図書館の貸出統計の分析にみる改修効果 »

2018年6月19日 (火)

盟友畠山氏への皮肉も混じる浦和三郎議員のユニークな質問

目を離すとですね、2000㎡の分館ができるんかもわかんない。

浦和議員は政策フォーラムを代表して図書館問題への市長決断を質した。畠山市長は14日に小林議員へ一番に回答し、その後の前島氏に続き三番煎じ扱いとも見える。元々は同じ政党人なのだからメンツが潰されたわけでもないけど・・・小声で(議事録には載らないだろう)、・・・四日たって、考え変ったかもしれないので・・・また聞くわけですというジョークとも愚痴ともつかないことを言った(笑)。

Photo

以下要約

・新生上尾の第一歩である、と高く評価します(と宣言したが手放しではない)

(私は)14日以降、大勢の方から「図書館は作らないんだよね」と聞かれました。

いや見直しです、目を離すとですね、2000㎡の分館ができるんかもわかんないんだよ』と返事をしております。

皮肉交じりのジョークだが、否定できない市政の過去があるから辛いね(面積5千といって半分にした例とか)。今後も使える警句だから、私的にもっと悪乗りして「本館よりも立派な分館」だろう()

 ・これまでの進め方から学んだことは議会と執行部でキャッチボールしながら時間をかけて進めていくことが大事だということです。くどいようですが市民の声を聞いていただくことそして時間をかけて進めていくことをお願いしたいというふうに思います・・・(この文はGoogle音声認識バッチリ)

 最後に

政策フォーラムの他議員からの意見を述べた。一つの問題に対して会派の他メンバーの意見を取り入れて提言するという形式は良いと思う。他会派も見ならうべきだ。以下要約。

  1. 今回の決断は政策の変更だから公報でHPで詳しく説明して欲しい
  2. 初めから建築用途を限定すると夢のある意見が出ない
  3. 民活の活用や、県や国の施設を誘致する
  4. 東側にも体育館が有っても良いのでは
  5. 施設建築や図書館行政についてビジョンを明確にしてほしい

 先日の前島議員のローカル視点が多い一般質問よりも、全市的な視点を前面に出して具体的である点で優れていると思う。

« 上尾市図書館問題の経過、そして第三ステージへ | トップページ | 桶川市図書館の貸出統計の分析にみる改修効果 »

上尾市の市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上尾市図書館問題の経過、そして第三ステージへ | トップページ | 桶川市図書館の貸出統計の分析にみる改修効果 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ