« この熱さを「災害」というわりに、電力使用率は話題にならない | トップページ | 粗大ごみの持ち込みで燃え上がる愛市への片想い »

2018年7月26日 (木)

上尾市Web発表の一貫性の無さ。図書館報告は静かにバージョン3へ

何事も無かったかのように更新する姿勢(市政)

追記あり

6/14日に畠山市長が図書館問題への結論を議会答弁したが、その一週間以内(?)に最初に報告をだしたのは図書館部門のWebページだった。
 その早い報告に感心した、と同時に内容は下のA部のみだけと思う。こんなに大きな問題をたった数行の報告に、「答え」しか書かない答案みたいな違和感も受けた。今思うと、そういう時は必ずコピー”すべきだったな(今はキャッシュも無い)(^-^?) 

1 
 しかし、7/1には上のB部が加筆された内容になったと思う。つまりバージョン2になった。右肩に「7/1更新」とあるから、上の指摘は勘違いでは無いだろう。
 ただしこれでも粗い報告だ。Webは紙報告のような紙数制約が無いから、もっと具体的に書けるはずだ。と思っていたら、昨日7/24に下のような(市長写真付きの)具体的理由を書いた報告になった。バージョン3である。こちらへ6/14から一体何日かかったのだろう・・・。
2

誰も気にしないことかもしれないが、なぜこうも頻繁に改定したのか不思議じゃないか!。
 苦情が入り、その苦情が正論だから市政は姿勢を改めたのだろうか(としたらその苦情の市民はたいしたものだ)。本当の理由は分からない。ただし、V
er.3に至るまで時間がかかり過ぎるから、相変らずリーダーシップ不在ないしはスピード感の欠如を感じる。時間がかかることが避けられないのならば、正式報告まで「こちらをどうぞ」とリンクすれば済むだろう

もう一つ大事なのは、この報告を担当部門サイトと市役所メインページのどちらに載せるべきかという問題である。市長選挙の争点にもなったテーマであることからすれば後者が相応しい。市長室のページが最適である。
 今は市のトップページの「重要なおしらせ」からのリンクだが、「お知らせは」はドンドン新規更新されて古いモノは下へ追いやられるから、せめて9月議会までは目立つ所に載せてほしい。

で、ここからホンネを述べる(笑)。

バージョン3へ進んだのは評価するけど、これでも物足りない。行政とは不特定多数から集めた税金の再配分が仕事なのだから、この案件の使途説明として、今まで投資してきたカネを分かり易く概略説明し(一円単位ではなく百万円で)、見直し案の行方に拘わらず回収不能なコストの推定幅くらいを明記すべきだと思う。

それを見て、「もったいないじゃないか」と"何も知ろうとしないくせに平気で文句だけを言う市民"がいたら、『シマムラさんが食べちゃいました』って答えりゃいい。

バージョン4を期待する・・・ 

追記 上記のバージョン3には議会で答弁した理由の一つ「本館は市の中心部が自然」を削除している。これは島村案の否定を意味する重要な価値ある正式答弁なのだが、今になりハッキリ言い過ぎたと後悔したのかもしれない。としたら、態度が後退している。

以下 掲載日:2018年7月24日更新 の全文  

工事再開でも、中止でもなく、現在の計画を「見直し」といたします

 昨年11月から工事を一時中断していました「新図書館複合施設整備事業」について、市議会6月定例会で、工事再開でも、中止でもなく、現在の計画を見直しするという判断を表明させていただきました。
 主な理由は、市財政に与える影響です。現本館のランニングコスト(維持管理費)が、年間約2億3千万円であるのに対し、新図書館複合施設は、1億6千万円増の年間約3億9千万円となる見込みです。また、事業再開に当たっては、資材の価格上昇などにより、約1億円増の約39億円の総事業費が見込まれます。毎年度の維持管理費約3億9千万円は市債など特定財源の活用が期待できる施設整備費とは異なり、一般財源により賄うことになり、大きな負担になると考え、見直しが必要ではないかと判断いたしました。
 事業予定地であった上平の土地は、地権者の方々にご理解、ご協力をいただいた上で市が取得したものです。これを活用せず、そのまま放置しておくという選択肢はありません。地域の特性、そして公共施設マネジメントを踏まえた上で、図書館分館機能を含む複合施設として、市民の皆さまに喜んでいただけるような施設を今後検討していきたいと思います。また、図書館の本館の位置は、当面現在のままとしたいと考えています。
 市民の皆さまには、今回の判断につきまして、ぜひご理解いただき、引き続き市政に対するご協力を賜りますようお願い申し上げます。

市長 畠山 稔

« この熱さを「災害」というわりに、電力使用率は話題にならない | トップページ | 粗大ごみの持ち込みで燃え上がる愛市への片想い »

上尾市の私役所物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この熱さを「災害」というわりに、電力使用率は話題にならない | トップページ | 粗大ごみの持ち込みで燃え上がる愛市への片想い »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ