« 学力テストの公開で想うこと | トップページ | 炎天下の車のダッシュボードで温泉卵を作る方法 »

2018年8月 3日 (金)

第三者委員会の報告書を格付けする本物のプロへのお願い

日大の第三者委員会報告書はD判定、不合格の一歩手前

 先日の日大の第三者委員会報告書を外部の団体が勝手に評価し、不合格のFに最も近いD評価とした。追試験並みの成績というわけだ。驚いたのは、いろいろな「第三者委員会」を勝手に評価する「プロの第三者」がいたということ。こう言うのを知れるのはネットの効果だと思った。

 日大報告書を酷評した理由、という東洋経済の記事はこちら

『第三者委員会報告書格付け委員会』というプロフェッショナルな集まりがある。専門的すぎて難解だが委員長は久保利英明弁護士である。

委員長挨拶文を読むと、企業の不祥事の後に第三者委員会による報告書が出るが、中には第三者とは名ばかりで、経営者の依頼により、その責任を回避し、或いは隠蔽するものが散見される。だから、三者委員会報告書のベストプラクティス(最も良い方法)の水準向上のために活動している、とある。
 そしてA~Dの4段階で評価し、評価に値しない報告書はF(不合格)とする。大学の成績表みたいだ。会はメンバーの寄付で運営されているようで、素晴らしい活動だと感銘する 

Photo_2
 
図は同会の過去の格付け実績表である。なんとオールFは東亜建設工業だ。果たして当該弁護士はどう思ったのだろうか。今回、日大がF評価ならば文字通りFランク大学とネット上でネタにされたかも知れない。

 その直接の評価内容は同会の報告書へ。

 で、思うのは我が街、上尾市も市長・議長逮捕となる贈収賄事件の反省で第三者委員会(こちら)をやっていて、来年2月に報告書がでる。それをこの会に評価して欲しいと思った。なぜって、(能力的に)疑問なメンバーがいる「こんなんでイイん会」だから。

 企業事案しか扱わないみたいだが、ダメもとでお願いしてみようかな。

 賛成する上尾市民はこの指とまれ 

関連 上尾市の第三者調査委員会は日弁連方式に替えたら

« 学力テストの公開で想うこと | トップページ | 炎天下の車のダッシュボードで温泉卵を作る方法 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

上尾の第三者委員会報告書も是非判定して貰いたいですね。
>なんとオールFは東亜建設工業
さもありなんです。中部国際空港では、相当あくどい事をしたと
聞いたことがあります。

羽田もですよ。

というか、あっちこっちみたい・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学力テストの公開で想うこと | トップページ | 炎天下の車のダッシュボードで温泉卵を作る方法 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ