« 白岡市新図書館の見学記 2/2 | トップページ | 杉村太蔵が上尾商工会青年部で、どん底の人に向けた講演会? »

2018年10月31日 (水)

上尾の逮捕記念日を忘れさせまいとする読売記事だが…

忘れた人はバカであり、忘れたい人は繰り返す人である。

1030日は上尾市民が忘れてはいけない教訓の日だ。しかし、駅舎襲撃にもつながった上尾暴動事件(渋谷のハロウィン騒動どころじゃない)60年史に刻む、半年前の大事件を無かったかのように扱ったのは、昔のことは覚えているが今を忘れる悲しい認知症である。

ちょうど一年たったが、果たして何が変わっただろうか。と振り返る事は有意義であり、その意味で読売新聞はよくぞ報道してくれた。記事は、二月に庁内でコンプライアンス(法令順守)の研修をしたと伝える。

「逮捕劇は、それを許してしまう体質や土壌が市役所内にあったはずだ」
  と講師は語る。

「はっとした。トップの問題とするのではなく、自分にも責任があると考えなければいけない」

この感想は記事の通り一人であり、参加した全員ではなかったという事が、60年史から除外した態度から証明されたことになる。

つまり認知症ではなく、『変わらない上尾』が続いている。

Photo_2

惜しいのは、「市職員や市議会の質を上げねば」と代弁で結ぶのは奇麗ごとである。50過ぎた人間が変われるわけない。 

人を替えること。

« 白岡市新図書館の見学記 2/2 | トップページ | 杉村太蔵が上尾商工会青年部で、どん底の人に向けた講演会? »

上尾市の私役所物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白岡市新図書館の見学記 2/2 | トップページ | 杉村太蔵が上尾商工会青年部で、どん底の人に向けた講演会? »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ