« 杉村太蔵が上尾商工会青年部で、どん底の人に向けた講演会? | トップページ | 上尾市民のための財政の出前講座 »

2018年11月 3日 (土)

マジェステック シティ プロジェクト、タカラレーベンの上尾マンション計画

三菱地所のザ・パークハウス上尾を引き継ぐMajestic City Project
 
 
追記 下の四度目の意味について
・2008/秋 ベリスタ上尾。リーマンショック不況で、建設・新井組倒産、藤和不動産はその後、三菱に吸収。基礎工事途中で放置され塩漬けへ
・2012 ザ・パークハウス上尾として三菱が乗り出すも、モデルルーム解体して中止(理由不明)
・2017/末 再びザ・パークハウス上尾計画復活し、旧基礎工事の撤去からやり直しするも、2018/9に撤退。ただし建設は続行。

 この看板は四度目になるのかもしれません、10年前から続く白壁に。既にタカラレーベン社の同マンション宣伝サイトもありますが、そこには(仮称)上尾プロジェクトなので、この看板名称は初めてです。

 Img_1821
 
マジェスティックと読んでトヨタのマジェスタを連想しました。クラウン最上級ブランドは今年に廃ブランドですから一瞬、負の連想でした。人それぞれです。
Img_1829
たぶんこれはマンション名では無いでしょう。こんな長い名前だと住所を書くときに困りますから。上尾プロジェクトと冠したり、今度と言い、これまでの経緯同様に、何が名前なのかよく分からないという流れが立ちきれないのは、残念を通り越して可哀そうにもなります。
 
写真からは、前の三菱のパークホームズ案と同じです。世帯数も183戸です。仕様面は分かりませんが、11/17からモデルルームオープンとの案内です。
 
他人の家ですが、デザイン的にはエントランスの絵が好みです(下は三菱時代のもの)。あと気になるのは、市内の移転需要者がどのくらいいるかという事かな。
 
Photo_2
 
冠のMAJESTICとは荘厳とか堂々の意味ですが、物件のいきさつからしたら個人的には『熟成』がピッタリだと思うわけです。
 
で、aging city と訳したら
 
とんでもないことになりました(笑)。
 
マジェステックで良いです。

« 杉村太蔵が上尾商工会青年部で、どん底の人に向けた講演会? | トップページ | 上尾市民のための財政の出前講座 »

上尾市」カテゴリの記事

コメント

私は、majestyというヤマハのバイクを連想しましたよ。バイク乗りではないのですが・・・
こちらも製造終了しているようですが。
マンション名は、きっと「レーベン上尾○○」(○○の部分は英語)になるだろうと思いま
す。

北上尾駅の東口駅前にも、レーベンほどの規模ではないものの、野村不動産の
オハナ北上尾を建設中ですね

どちらにしても、市内からの移転者が殆どだと思います

つまりは三菱のパークホームズでも野村プラウドでもないってことがキモですね。
 
それにしても市内の移転者が多いと予想するのは何故でしょう?

 身近に一世帯だけ、平方から駅前に来た老夫婦を知っているだけで、それは珍しいケースと思っていましたので、ちょっとわかりません 

大病院があるので、急病時に備える市民が多いと
想像しているのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 杉村太蔵が上尾商工会青年部で、どん底の人に向けた講演会? | トップページ | 上尾市民のための財政の出前講座 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ