« 小川町立図書館を訪ねて…深沼マリさんの寄稿 | トップページ | 上尾事件-1 44年後にほぼ初めて上尾駅暴動を探る意味 »

2018年11月12日 (月)

壁の照明スイッチと絶縁ワンタッチ取付枠の取り外し方法

メモとして。

照明スイッチの交換作業。パナソニックのWN5001150

Img_1861

ブレーカーoff。スイッチから電線を外す方法は、長穴にマイナスドライバーを入れて押すが、力の方向具合が不明。白いボッチ部を押してもなかなか外れず、偶然に外れた。ドライバーサイズが不適切な可能性あり。電線の挿入はたんに差し込むだけでロックされる。Img_1865

 スイッチ本体と取付枠の外し方。検索すると金具枠の例が多くて参考にならない。本体に刻印された名前「絶縁ワンタッチ取付枠」で検索して、このページの写真を超拡大して解決。中央部の外側の溝に入れる。 

Photo

--------------

スイッチの交換作業など5分もあればできるはずなのに、えらく手間取った。基本、凹凸のハメ合いなのだから、凹凸部の絵が分かれば、どの方向にどのくらいの力を入れるべきか分かる。でもネットの写真や動画は大雑把。

一番よく使う所。一日10回×365×20年なら7万回となり寿命としても仕方ない。内部のバネが壊れた感じ。ついでに各部屋の汚れた化粧パネルを外して掃除した。

今年は何かと家の中の故障が多い。それだけ経年数がたったということ。とりわけ掛け時計が壊れたのは残念。子供が小さい頃に買ったからくり時計。裏面に各人の年齢が書いてあった。配線に甘い所があったが、はんだ付けしても効果なし。ムーブメントらしいので捨てた。休みなくよく働いたと思うよ…

Photo_2

« 小川町立図書館を訪ねて…深沼マリさんの寄稿 | トップページ | 上尾事件-1 44年後にほぼ初めて上尾駅暴動を探る意味 »

メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小川町立図書館を訪ねて…深沼マリさんの寄稿 | トップページ | 上尾事件-1 44年後にほぼ初めて上尾駅暴動を探る意味 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ