« 他人に厳しく、自分に甘い改革案 | トップページ | 上尾を自慢させてくれる2つのテクノロジー »

2018年12月 8日 (土)

上平跡地利用とは別に現本館の改修計画という朗報

畠山市長は、現本館の改修を記者に語る!

Photo

12/6の上尾市議会では議会の調査特別委員会(傍聴可)、さらには市側から全議員への説明会(新政クラブの横やりで傍聴不可)があった。前者は前記事に書いた通りだが、後者は見直しに伴う経緯説明なのだが、予想外の報告がなされた。
 その配布資料は「図書館本館を守る会」で見られる。

内容は、損害賠償交渉の経過、上平跡地利用である畠山複合施設案のスケジュールと老朽化施設の更新問題など。その後に畠山稔市長が記者会見をしたのだろうか、翌朝の産経新聞はこう伝えた。(記事はこちら)
 -----------

2019/5月に上平複合施設検討委員会(仮称)を設置
 2019/9月に同施設の中身を決定
 2020/2月にパブリックコメントを実施し、その後に基本構想を取りまとめ
 2023年度に着工を目指す

(11月にストーリーが練られたようだが、注目はその後の記事だ)

市側は老朽化する現在の図書館本館を改修するため、改修中にJR北上尾駅近くの商業施設の空きテナントを活用する案も説明した。畠山市長は「(民間施設の活用について)駅から近く大変魅力的だ。市議会からの指摘を踏まえ、前向きに進めていきたい」などと述べた。

------------

着工年が遠い理由は不明だが(2021/12に次市長選)、上平新施設(分館含む)がいよいよ計画に入る(見直し案との交換取引だから)。しかし、現本館をほったらかしでやるのかと思いきや、市長は改修構想を語ったわけで、(最多利用人数施設である)現本館の充実を期待するまともな多数派市民に朗報である。 

なお、記事にある商業施設とはPAPAのこと。「スポーツ用品店のヒマラヤ」が撤退して広めの区画が長く空床のままだ(広区画を埋められるテナントは限られる)。そこで今後、発生する老朽公共施設の改修中に、営業すべき部門を一時入居させるわけだ。今は一時的と言うが、場合によっては(合理性があれば)長期的になる可能性もある、と読む。

一般論だが、空床化したビルに公的機関が入るのは『最後の借り手』登場なのだ。テナント集めに苦労していることが伺える。しかし上尾市とPAPA大家(S家)とのWin-Win関係なら良いけど、透明性は強く問われる。また、この方式には数年後迫ったイオンモール上尾の開業がさらなる影響を与えるだろう。 

蛇足ながら、繰り返しだが上平図書分室などはさっさと撤退し、PAPAに移した方が今日的な政策である。地域思考よりも利用者主義に徹すべきだ。そして空いた公民館スペースは地域で自由に使えばよい。その方が魅力では?。本なんかいつでもどこでも借りられる…。

« 他人に厳しく、自分に甘い改革案 | トップページ | 上尾を自慢させてくれる2つのテクノロジー »

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 他人に厳しく、自分に甘い改革案 | トップページ | 上尾を自慢させてくれる2つのテクノロジー »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ