« 上尾市教育委員会の「不都合な真実」-3 空白の7時間 | トップページ | 上尾市が市長公用車を廃止するときのお手本市とは »

2019年1月25日 (金)

上尾市教育長に関する記事への数々の感想

上尾市民は教育長に恵まれていますか?

せっかくの池野教育長と教育委員会に対する事実主義の3つの投稿でしたが、コメントが少なかったのでお礼がわりに感想を・・・

(1)まずは不都合な真実-3 への感想

失礼かもしれないが松本清張の「不在宴会」を思い出した。高級官僚が地方出張先で宴会に出たふりをして逢引するホテルへ行ったら、愛人が殺されていて、発見者を名乗れずに隠蔽するうちに家族まで巻き込みながら展開していく物語だ。

個人的な連想もある。朝一番の仕事に間に合わせるには前泊をするが、夕方か夜に現地入りが普通だ。それを朝から現地に行くなら、遊び以外に思いつかない。駅のロッカーに荷物を入れて市内観光となる。実際、それを楽しみとするサラリーマンもいる。

でも、個人的にはそれはない。大事な仕事が終わってからの方が伸び伸びできるから、翌日観光とする。つまり、早く出かけて自由行動する人は、翌日の仕事が受け身で済む人だろう。翌朝が主役となる人なら観光中にケガや事故に巻き込まれたらどうする。

「気楽な仕事だな」と言いたい。

彼がどんな風に七時間を過ごしたか不明なら、勝手に想像されても仕方あるまい。もしも元社会科教師なら史跡巡りかもしれないけど、それでも通らない。出張報告書の開示請求はしたのだろうか。或いはそんなもの書かなくていい世界なら天国だ?

(2)無駄遣いで連想したのは、プールの栓の締め忘れによる高額水道料金のこと。

先日、綾瀬市の小学校のニュースでは109万円を損失計上し、その半分を教育長や校長などに請求したとある。もっと高額な事例もある。ただしいつも栓の締め忘ればかりで、プールから水が溢れたままという例は聞かない。たぶん「水に流している」のかな。
 今回のは『旅費交通費の垂れ流し』だから、教育委員会は費用の元栓閉めろって言いたい。他の職員や教員へ申し開き出来るのか。
 

(3)子供の虐待死が起きると、児童相談所の対応がやり玉にあがる。いじめ被害生徒の自殺では教育委員会が的になる。最近では川口市がそう。アラームが鳴っていたのに「なぜ救えなかったのか」と怒りの矛先が彼らに向かうのは仕方ない。

 そんな時、決まって、報告とも謝罪ともつかない会見をカメラの前で当局の人たちはやる。断腸の思いを語る人もいるが、福祉や教育のプロというよりも、長年勤めあげただけで就いたような人が、ハッキリしない文言で責任を回避したい態度をとり続けて見苦しく映る。

上尾ではそのような悲劇が無いから良いけど、仮にあった時、せこい公私混同をする人は、ヒューマニティある対応ができるのか、手元ペーパーを読み上げるだけの人なのでは、という不安がある。

先代の岡野教育長(10)は、『街中の狭い環境よりも、自然の中でゆったりと読書に集中できる環境が理想的』と島村御前会議で上平案にヨイショしてたことも、思い起こしてくれた。

教育宣言都市は上尾ではムリだ。

« 上尾市教育委員会の「不都合な真実」-3 空白の7時間 | トップページ | 上尾市が市長公用車を廃止するときのお手本市とは »

上尾市の教育」カテゴリの記事

コメント

一昨日の午後6時頃、上尾駅コンコースで市民活動支援センターの後部座席の男性職員がチラシを配っていました。
2/9の「たけかわゆきひで」講演会のチラシ。

これって、ずいぶん前から広報されています。
今更、路上でチラシ配りとは…、インドのカレー店じゃあるまいし!
「たけかわゆきひで」 なら、人が集まると油断していたのでしょうか?

何もそこまでと思うと同時に、いくら 無駄遣いする気だ?!
あの職員に残業代出るんでしょ?
無理無理人集めするぐらいなら、市民活動に助成金を出せ!!


職員教育からし直さないとと言って、教育長がこれじゃね~。


投稿について、多角的なコメント、ありがとうございます。

私も松本清張の作品は好きですが、今回の池野教育長の問題はそれを想起させますね。

池野教育長の「空白の7時間問題」は、それ自体も場合によっては住民監査請求に発展する可能性がありますが、私は、事の本質は、長年放置されてきた上尾の教育行政の姿勢にあると実感しています。
おそらく、池野氏は前教育長の岡野氏の「真似」をしているのでしょう。それに追随して何も言わない市教委事務局の面々。彼らはとにかく自分の任期(2~3年か?)は「何事もなく」「穏便に」「目くじら立てることなく」「自分の守備範囲だけ」の仕事をしているに過ぎないと思います。
そこには、教育についての本質的な議論もされることはなく、「ミニ官僚」「小役人」ばかりが、不必要と思える「権威の序列化」に汲々としている姿は危ういものを感じさせます。

「出張報告書」の開示請求は、近々おこないますが、今の市教委では、またまた「文書不存在」かな?

二人まとめて。
ハイライトさんのご来訪に深謝。
500人の所に半分じゃ、沢田研二みたいになり メンツが立たないからです。
担当者としても庁内で恥かくようなものでしょう。
それにしても、カレー店とは 辛いコメントですな。

オンブズマンさんは、これを読む限り、公務員世界に近い所にいた人だと連想させます。私が公務員と接するようになったのはつい数年前です。その生態はよく分かりません(>_<)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上尾市教育委員会の「不都合な真実」-3 空白の7時間 | トップページ | 上尾市が市長公用車を廃止するときのお手本市とは »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ