« 報告書の本質は、逮捕二人の迷惑な置き土産。 | トップページ | 上尾市議会は郷土のホコリ、無形文化財か。 »

2019年3月20日 (水)

新政クラブらの修正動議-6

偽装計画シリーズ 1反対 2ハガキ  3陽動  4過信  5餌付け   6動議

●議会中継はこちら

---以下動議

平成31年3月20日 上尾市議会議長 小林守利殿

発議者 上尾市議会議員 斎藤哲雄、小川明仁、星野良行、大室 尚、新井金作、渡辺綱一、嶋田一孝、深山 孝、野本順一、橋北富雄

「議案第6号平成31年度上尾市一般会計予算に対する修正動議」

上記の動議を、地方自治法第115条の3及び会議規則第17条の規定により別紙の修正案を添えて提出します。

(提案理由)

平成31年3月議会の総務常任委員会、及び文教経済常任委員会の審議では、公共施設マネジメントにおける民間施設を一時移転先として活用する案は、緊急性や必然性において、詳細な根拠が示されなかった。

1・コミュニテイセンターの老朽化に伴う大規模改修は、消費生活センター104㎡の一時移転先について、平成31年度に設計委託の予算計上がされているが、工事予定が平成32年度以降であることから、2000㎡の民間施設に年内に移転する緊急性はないと考える。

2。図書館本館の改修において、今回の予算計上では、1年間かけて設計する予定となっている。しかしながら、開館後37年が経過した図書館本館は、老朽化しており、非構造部材の落下事故などが懸念されることから、市民の安心安全のため、緊急性のある工事については、予備費等を投入してでも早急に行うべきである。

3.市長は就任以来市民の意見をよく聞いて、市民に開かれた、市民の声が届く行政を実践していくと発言しているが、今回の図書館本館改修設計委託料については市民の声を聞く機会も、反映する機会もなく市民参加とは言いがたい状況である。

危険個所の修繕は別として、拙速に本館改修工事を進めるのではなく、広く市民の意見を聞く機会を数多く持ち、その声を図書館サービス計画に反映した上で、本館改修に取り組むべきである。

以上の理由から、本修正案を提案する。

-----

以上により、一般会計の総額65,480,000千円を65,099,926千円に改める。上と予算値の内容など三ページのみを こちら で公開(1.6M)。

  • 賛成する

理由は偽装計画シリーズに書いてある。消費者センター(や商工会館)は必要面積のみ借りればよいので指摘の通りだ。他の空きビルを探せばよい。2000㎡に拘る理由は闇である。

予定した本館改修は設計予算が貰えない。ガラスブロックが危険だと言った手前やらざるを得ないだろう(コンコクリブロック塀倒壊を連想させたつけだ)。この数年、上尾は図書館の周辺で数億円浪費してきた。本が増えないわけだ。数か月は本館休館となる(秋以降は受験生に迷惑だよ)。 追記  実質的に改修計画は不可能という。

畠山氏への注文はその通りで、今回は施設ハード面だから聞く必要はないで通した。図書館のインフラについて施設課から文教部門に戻さないとつまずくよ。

  • 議会の経緯

 朝からの委員会報告は、委員会に出ていない議員に対する報告であり、執行部に対するものではない。つまりこの場面に20名ほどの執行部が出席する必要は無い(罰ゲームとして見張役2名出せばよい)。議会改革委員会の視点が一方向だから気が付かない、ないしは惰性でやっているからだと思う。

 新政クラブの動議に対して、政策フォーラムや共産党は数十件の質問を作り提出した。その回答を新政クラブ公明連合が作っているので、長い休憩となった。

 なお議会の休憩状態について、議会事務局はネットで説明しないから、空白の中継画面となる。イライラ客を作るJR以下である。夕方の休憩は出前メニューを決めることで争っている、と思われる。

 新政クラブの答弁が出来たら、質問と答弁の朗読劇になる。そのやり取りは議長を挟んだ登壇ごっことなり、とても非生産的である。たどたどしい原稿読みは自信の無さであり、理解出ないまま読み上げる人がいる。

 その後、再質問を政策フォーラムや共産党がする。そして答弁原稿を作り、2回目の朗読劇をする。さらに、三回目の質問まで認められているが、そこまで政策フォーラムや共産党がするかは分からない。多数決は変わらないから、帰りの時間を気にする。他日での実施を提案したいが、議会主導権は18人の○○が握っており徹夜議会へ入ると確定した。

●池田議員の質問対する、大室議員の答弁は世間では通らない酷いもの。

 

 

« 報告書の本質は、逮捕二人の迷惑な置き土産。 | トップページ | 上尾市議会は郷土のホコリ、無形文化財か。 »

上尾市の市議会」カテゴリの記事

コメント

今帰宅しましたので、中継が見られず残念でした。
話し方(聞き方)教室は「就活生」向きに数多く開催されます。
「〇〇高校卒業〇〇〇〇です」と元気よく明るく発話することが基本です。
冗談はさておき、
就活生だけでなく会社員も受講する時代です。
対話力が中学生以下と思われる方へ受講を強く勧めます。
いい歳して恥ずかしいと思わないこと自体、不・思・議です。
よくこんな人に投票するよな。

>対話力が中学生以下と思われる方へ受講を強く勧めます。

 ところが支持者とか身内の前では活舌もよいものなのですよ。
 内弁慶とも。

>よくこんな人に投票するよな。
 
 その通りです、それこそ病巣。
 マァ議会の姿を見ていないのでしょうから 判断を間違えているだけだと思いたいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 報告書の本質は、逮捕二人の迷惑な置き土産。 | トップページ | 上尾市議会は郷土のホコリ、無形文化財か。 »

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ