« 上尾市民の琴線に触れる言葉とは | トップページ | 定住人口増よりも法人誘致-1/2 »

2019年12月 7日 (土)

見出しは踊り、委員会は終わり?

各新聞で報道されているが、産経記事をメールにて送ってくれた方がいたので掲載。

他紙よりも詳しい。ちなみに昔担当していた記者は替わったよう。

Photo_20191207120901

●朝日新聞はかまちょ図書館、埼玉新聞はこちら●追記 ヤフー配信には非ローカルなコメント欄あり。

ブロック塀不正事件の解明としては、W告発の内容はとても小さい。しかし元と現市長へのW告発だから、百条委員会はここまでやりました、という幕引き成果なのだろうか。12月議会24日の本会議で採決という。

畠山さんは告発されても「本件と関係ないことで、店に迷惑がかかるから話さなかっただけ」という口の堅さとして、(支持者には)ある種の美談として伝播するかもしれない。それにしても古い留守電を消さないで残すのは何という用心深さか。

ところで、不正を働いた課長(本人は認めた)が部長に昇進し、発覚後半年たってもその待遇にあること自体が異様(または無能)である。辞め得の人も含めて…。

選挙も終わり、二つの告発を契機に警察は動くのだろうか。実はそっちの方が関係者として6月以来の関心事である。

彼らは議会を注視している。

 

 

« 上尾市民の琴線に触れる言葉とは | トップページ | 定住人口増よりも法人誘致-1/2 »

上尾市AKB事件」カテゴリの記事

コメント

ブロック塀事件は官製談合です。
その気になれは警察は容疑者を逮捕できます。
元市長が警察を買収しているとは思えませんので。
偽装会関係者が逮捕起訴されることになれば、
ハタ坊も返り血を浴びるかも。
その時が我が町が再生のスタートになります。
市長選になったら、今回はさすがに怪獣おばさんは
出ないでしょう。海老原市議が出るかもしれません。
対抗馬は尾花氏か?
選挙狂の代議士が楽しみにしてると思います。

これで、三代続いて上尾市長に問題ありですか。
畠山市長が議会で「痛恨の極み」発言&頭を下げ、その時の写真がしばらくの間、市役所H.Pにありましたが、あれはパフォーマンスでしたか。

こんばんは。
口先だけの政治家の発言は態度でわかります。
ハタ坊には、今まったく、市行政の浄化に熱が入っていない。
「痛恨の極み」はもっと市長職は楽で、えばれて、挨拶文(職員作成)を読み上げるだけでいいと思ってたけど、全然違ったってことでしょうか。
もうろく元知事と連携して50mプールを市内に建設するって話、選挙選で
ビラに書いてあったけど、どうなりました?
当選すりゃどうてもいいんかい。

畠山市長の息子の経営する美容室は都市開発事業で建てられたA-geoタウンの1階にある。
開業当初、父親畠山氏は埼玉県議会議員。(そのまえは上尾市議会議員)
個人の店が1つだけ存在する理由。

その事は、二年前の市長選挙の時にも情報提供があり、知っています。
ネットで調べたら、その情報提供者が実は同業者だつたことと、そもそも民民取引のため契約は知りようがない、というのが当時の結論でした。

その出店背景はともかくとして、公平公正な行政はウソだったことはブロック塀事件で明確です。
蛇足ながら、美容室と薬局は乱立ぎみ。
あっ、候補者も。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上尾市民の琴線に触れる言葉とは | トップページ | 定住人口増よりも法人誘致-1/2 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ