« 4_上尾の官民モラルハザード | トップページ | 上尾市のコロナ対策本部のマスク姿 »

2020年3月23日 (月)

寄稿 職場放棄する市議会が続出

議員報酬のカットをと言う意見。

 図書館待ち遠しい様より寄稿

 埼玉新聞の3/22日曜日の記事をご覧ください。

 県内40市のうち20市が一般質問を中止です。上尾市議会も中止となりましたが、その経過がなんとも子供議会みたいで 記事では長く書かれています。上尾市議会はロクでもないことが 頻繁に新聞にのります。私は、昨年末の選挙を経ても「上尾市議会」は市の評判を貶めている存在だと感じます。

 新年度予算という重要案件があるのに 多くの市議会は感染リスクを理由に監視役としての質疑をやりません。熊谷市議会は予定通りやったとありますから これは民度の差なのでしょうか。

 最後に、専門家は職場放棄になりかねないと批判していますが、議員は三月議会分の報酬をカットすべきです。雇用不安に怯える人々が増えていますから。

以上

新聞記事は こちらに 上尾は黄色枠内です。


埼玉新聞をわざわざ駅で買ったとのことです。ありがとうございました。

一面の大きなトップ記事でした。

新聞記者も寄稿者も見落としますが、議員は備蓄マスクがないことをノーチェックでした。この会期中でも「備蓄マスクが無し」を追求していないでしょう。つまり、市民の安心安全をないがしろにして、 

自分たちが感染することを恐れてどうする!

いまどきテレビ会議や手軽な無料スカイプを使えば質疑応答なんて、へのカッパ。スマホでもできるかも

それをしないのは、その程度のスキルが無いだけではなく、そこまでしてやる動機が無いからでしょう。

関連 上尾市議会の議員報酬

 

« 4_上尾の官民モラルハザード | トップページ | 上尾市のコロナ対策本部のマスク姿 »

上尾市の市議会」カテゴリの記事

コメント

備蓄マスクは多少あるようです。医療関係者のみらしいですが配布されるようなので、本日頂きに行こうと思っています。

行って来ました。一医療機関あたり100枚を配布しておりました。とても助かりました。が、マスクはいざとなったら自作も出来ますが、一番問題なのはエタノール。自分で作るわけにはいかないのです。他の代用もありますが、乾燥が遅くて。。。

情報提供ありがとうございます。
市は備蓄マスクは無いと返事していたので意外です。

配布担当はどこですか?教えてください。
医院などは数十ありますから、数千枚単位ですね。

こちらへは所属会から『市で備蓄しているのを上尾支部会員へ分けていただけることになりました。・・・必要な方は上尾市保健センターに直接取りに行ってください』と連絡であったものてす。あくまでも市からは連絡をいただいておりませんので、市の配布担当が何課だとかは判りません。お力になれなくてすみません。ただ、このブログに“備蓄がない”とありましたので報告させていただきました。
 数は一医療機関あたり100枚とありますので、上尾市にどのくらいの医療機関があるのか知りませんが、それに足りるだけの数はあるのではないかと思われます。

ズバリ民度の差です。
教育の差といってもいいいかも。
高等教育は受験のためだけではないが、
学校教育にも問題あるのでは?
選挙棄権=島村市長容認だからね。新井恐喝市長容認
あいさつ回りで執務をしないハタ坊容認だからね。
選挙の投票率3割強ってなんだよ。衆愚市政で
市役所も腐って救いようもないね。
半分が転入者(よそ者)としてもさ。

マスクがあるか無いかの最終答えは、アリでした。
その点は事実誤認でしたが、庁内で情報共有されず、無いと答えたから書いたわけです。
何処に何万枚あるかは公開されていない。そもそも備蓄リストにも記載ない。
既に二月から全国でマスク欠品状態だったように、今でも開店前のドラックストアに並ぶ光景は珍しくない。
Aさんコメントより、3/23医療機関に配られたらしいとのことは市民情報であり公式発表は無い。
(コメントには消毒液不足だと)
では介護施設はどうなのと疑問が続く。
畠山市長の連日のコメントにもマスクについて言及できず「うつらない うつさない」と。今からでも他自治体なみにプレスリリースすべき。
無償配布はムリでも、仕入価格で一部を放出販売するとかは合理的と思う。
宝の持ち腐れに見えるのは、避難所に来た時のためしか想定していないのでは。臨機応変が無いと危機管理失格。

全くもって管理人様の仰る通りだと思います。今回の一番の問題は、市がマスクを備蓄してるかどうか?ではなく、市民のための公共機関が、市民に何故にそういう嘘をつくのか?ということだと思います。・・・悪意さえ感じられてしまいますね。役所内のすべての事を知っている職員はいないでしょうから、その時点で即答できない事もあるでしょう。だったら『確認してお返事します。』でいいわけです。少しも恥じる事はありません(確認があまりに時間が掛かったら恥ですが)。医療従事者優先は仕方ないにしても、『医療従事者優先なので一般市民の分は今のところありません』くらいの応答はできるはずです。市民を不安に貶める公共機関って、すでに公共機関の体をなしてないですね!こんな組織を運営するために我々の税金が使われてるのかと思うと納税が馬鹿らしく思えてきます。
 今回の件を踏まえ、市は今何をどのくらい備蓄してあるのかを、HP等で市民が常にチェックできるようにしておくべきと思います。我々の血税を使ってるのですから。

怒るのは当然です。
ウィルスは相手を選ばないから民も官に差はないけど、後の経済死を恐れる民間人や非正規は多いですからね。
念のため、嘘をついたのではなく、彼らは「存在する事」を知らなかっただけ。それは無知ですが、他部門に存在するか否かを調べないという姿勢はある種の病気です。他職場に口を挟まないという掟ですね。
なお物資が不足する非常時は備蓄品を放出することは問題ないので、原価で配布すればよいはず。非常時の今、一部でも出して安心させるべきです。8万枚ある。
上尾に納税したくない人は、ふるさと納税がお勧め。

管理人さんを、参謀に置く議員はいないのですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4_上尾の官民モラルハザード | トップページ | 上尾市のコロナ対策本部のマスク姿 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ