無料ブログはココログ

上尾市

地域ネタ

2017年1月 7日 (土)

友あり、遥か彼方の近所から来る・・・かまちょ図書館

ネット町に住む友人のご紹介・・・かまちょ図書館
 
当地にくる前に「あげお」という名を知ったのは「上尾駅暴動事件」です。
それは遠い過去のことであり、特に気にしたことはありませんでした。
 
以後長い間、地元意識が希薄な一市民に過ぎません。
上尾市政に関心を持つようになったのは、足しげく通った本館において、図書館移転建設問題を知ってからです。
 
単純な文教政策のミスと思っていました。
土地取引とか功名心、地元利権誘導、資源の相互分配のようなことは、『田舎でもない上尾ではあり得ない』と思っていたからです。
 
内心は、「思いたかった」のかもしれません。
 
しかし実態は違いました。
 
見た目は市、頭脳は村、その名はアゲオ
 
上尾村です。
 
そんな言い方は酷い、と思われるかもしれませんが、その一面が脈々と残っている事は否定できないはず。
否定する人は、見たくないから見ないだけです。
あるいはご自分の姿がそこに映っているのかもしれません。
 
予算規模で例えると、年商600億円の企業でこんな経営陣や幹部職員、そこにエゴ丸出しの特殊株主がいたら継続企業にはなれません。
 
市政の不条理を疑問として共有できる人はたくさんいます。
この間アンケートとったら一万人が、実名で答えました。
が、まだまだリアルとネットで広がりが足りません。
 
でも一人が二人になることは、倍増です。
 S
 
はるかさんを紹介します。
これからは、こちらへお寄りください。
 
上尾市ネット町にある、 かまちょ図書館
 
本への愛着は私よりも強いみたいです。私は捨てますから・・・
 
黒デザインは怪しいサイトみたいですが、
自己責任で見に行ってください・・・(^O^)  
 
それにしてもビックリ。
ここまで多機能な無料ブログシステムは珍しい。
ブログ作りたい方には推奨かも。
 
ただFC2・・・ (ー_ー)!!

2017年1月 1日 (日)

扇屋レストランは上尾市上町の昔ながらの家族食堂

さおだけ屋はなぜ潰れないのか Kisetu_2

明けましておめでとうございます。タイマー投稿で失礼しまーす。
 
上尾は20年くらいだが、扇屋レストランの前をいつも素通りしていた。
 Simg_9643_2  
いつ見ても、客がいない、ように見えるから。
どう贔屓目にみても、錆びれた食堂にしか見えないから。
それでも、ずーっと営業している。
この町の三大不思議だ・・・sweat01
 
きっと固定客が居るのだろう。
謎解きを兼ねて(coldsweats01)、夏に初めて入ってみた。
おそるおそる、お化け屋敷に入るみたいだが・・・
 
以後、5~6回通っている。
我が家では気に入ったようだ。
AGEバルでも使った。
 
席に着くと、女主人にいつも注意される。
四人がけテーブルの奥に座る。
 
「どうして、そんな奥に座るんですか」
「あたしゃ嫌なんですよ、食べるところが狭くなるでしょう」
「お客さんに、広い所で食べてほしいんですよ」
 
「いいんだよ(うるせーな)、オレはここで」
 
それが決まり文句みたいな挨拶である。
 
ウソだと思うなら、試してみるといい。
他の客も注意されていたから・・・coldsweats01
  Simg_9642
外の食品サンプルは昔なつかしい光景だ。
こんな感じの店が、かつて日本中あちこちにあった。
今は絶滅危惧種並みとなり、飲食チェーン店が席巻し、何処に行っても同じ店ばかり。
 
扇屋レストランは、上尾で50年も営業を続けている。
当時の店はほとんど無くなった、と主人は言う。
   Simage12
和洋中華、いろいろある。
奥の厨房からアツアツの料理が運ばれる。
おいしいだけでなく、ボリューム感がある。
昔ながらの定食セットには、最後にアイスクリームが付く。
 Simage3
これにはびっくりした。
子どもの頃のレストラン体験を思い出させてくれた。
 
個人食堂だから消費税はない。
大勢でいけば貸切状態。
 
客が見えないのは、出前がかなりあるからだ。
近所にバイクで配達していたのはここだった。
 
窓辺の雑貨類。
Simage2_2
ここ片づければいいのに・・・
と、いつも思うが、
食堂とは、その家の食卓なのだ。

2016年12月21日 (水)

見て見ぬふりをして、市民生活に溶け込む不条理な光景

今朝は、金属陶器類のゴミ出し日。
 
外に出たら、ゴミ集積所に軽ワゴンが横付けした。
 
ナンバーが所沢だったので、びっくり。
運転席に、老人らしき男がみえる。
 
さっと助手席ドアを開け、
でてきた人は、
周囲に目をやることも無く、
炊飯器のフタを開け、
釜に手をやる。
 
あまりにも小さくて、
背が丸い。
どう見ても、
後期高齢者と思しき老女だ。
 
目の前で、大胆で、
こちらに気付く風も無いので、
思わず
「おいおい、それはダメだよ」と声をかけた。
 
ちらっと振り返り、
「ハイ」、
か細い声が聞こえた。
 
何もとらずに、乗り込む。
車は静かに走り去る。
 
ほんの一瞬のことだが、
とても長い出来事に見えた。
 
だが、小さくクラクションを二回鳴らした。
どんな意味か、
なんとも言えない不快感が残る。
 
その後、先を急いでいると、
逆走して、アパートのゴミ捨て場に、軽トラックが現れた。
 
いつもの「常連」の老人だ。
彼はいつも違う軽を使っている。
金属ゴミの収集日には、良く見かける。
 
「またか」と思いつつ、先を急いだ。
 
わずか数分、半径数百メートルでの出来事。
 
この辺りには、数時間後に、市のゴミ収集車が回ってくる。
彼らは市職員ではなく、委託業者だろう。
 
いつも思うことは、
換金性のあるゴミは、彼らが先回りして持ち去り、続いて、残り物のゴミを市が高いコストをかけて集めている。
彼らに収集を任せれば、どんなに低コストでこの仕事が回るだろうか、といつも思う。
 
彼らは、闇に隠れて、公共物から金属をはぎとるような連中とは違うと思う。
資源ゴミの持ち去りは条令違法だが、あんな高齢者が、生計の足しにしようとしている現実は、あまり見たくない光景だ。
 
これは警察の問題ではない。
 
国民年金で7万円ほどの満額受給では、生活はきつい。
零細企業に勤める人や定年の無い自営業者や農業人の制度だが、定年が無くても商売も農業も個人では成り立たない時代になってしまった。
 
まともに掛けて来なかったり、掛ける余裕すら無かった人も多いことだろう。
だから、受給してもたかだか月数万円では困窮する。
 
あんなに年を取っても、働いているではないか。
 
せめて、見て見ぬふりをする。
それにも道理があるかもしれない。
 
不快感の原因は、
嫌悪感だ。
それが彼に対するものから、
自分へと変わった。
 
 

2016年12月17日 (土)

上尾市政の変化が始まる記念日、市民も職員も注目しよう

二人の市民が市議会の壇上から意見陳述をする

S

12/27 前座にピコ太郎さん乱入・・・note
 
原稿を読み間違えたり部下の介護介助にたよる島村市長答弁、質疑とは名ばかりの予定調和型議員による「朗読劇」よりも、質的に高いものになることでしょう。
 
ぜひ議会へ傍聴に行きましょう。
 
ダークサイドに染まらずに真摯に取り組んでいる上尾市役所職員の皆さんも、こういう市民がいるということを服務の宣誓を思い出しながら傾聴されてください (全文、録画再生はここ)。
 
  • 日 時・・・12月21日午前9時30分
  • 場 所・・・市役所の議会棟5F、30分前より受付
  • 内 容・・・「…住民投票条例の制定について」の請求代表者の意見陳述
  • 陳述人・・・下の二人、計30分間
  • 屋 台・・・でません
  • 議場外・・・第三の市民
満席56(+車いす2)の場合、傍聴ロビーまたは市役所1Fホールにてテレビ中継。
またネット中継も見られます(アドレスはここ)が、現地参加に価値が有ります。   
    1.大友弘巳さん(富士見)
    Photo_3
    北海道芦別市出身、1960年埼玉大学生協創立時に学生理事に就任。
    埼玉大学教育学部卒業後、東京大学生協を経て埼玉大学生協へ。専務理事就任後、埼玉中央市民生協創立に参画。更に組織統合と規模拡大を指揮し「さいたまコープ」副理事長を経て、1992年「コープネット事業連合」を設立し初代理事長に就任する(在任8年)。※
    最終は日本生協連合会の専務理事。
     
    以上は著者略歴等よりの引用。埼玉県の生協の歴史とともに歩んできた方です。
     
    ※ 「コープネット事業連合」とは1都7県の生協のヘッドクォーター。傘下組合員430万名、出資金(資本金相当)1000億円超。株式会社ではないため、目立ちませんが事業規模は5200億円の一大流通・サービス業です。
    当方は組合員ではありませんが、「生協」とか「COOP」という名称は勝手に使えるらしく、資本的に無関係な生協組織もたくさんあります。
     
    2.土屋豊子さん(小泉・三井住宅) 
    高知県出身。主婦。
    「上尾の図書館を考える会」の代表者。住民投票条例制定を求める直接請求人、かつ住民監査請求の請求人でもある。
    21年間、民生委員・児童委員を務め、上尾市の福祉行政関係者の間では知らない人がいないという。
     
    二人とも70歳以上です。深い面識はありませんが、大友さんは数千億円の事業体のトップを務めた人にしては沈着冷静、温厚な紳士然としてますね。土屋さんはバイタリティ溢れる感じ、クレーム覚悟で書けば「わがまち上尾を愛する、おせっかいオバサン」。
     
    二人の人望により多様な意見を持つ市民をまとめてこられたようですね。また、大友さんは普段はソニーのタブレットとモバイルルーターを持ち歩き、土屋さんも自宅でWindows10パソコンと苦闘するなど、進取の気性にも富んでおられます。
     
    3.第三の市民(ネット在住)
      coming soon・・・
     って、来年の意味です。
     その前座に。
    note
    I have a "center".
    I have a "fashion".
    ummm(ウーン)
    fashion center!
    I have a "library".
    I have a "simamura".
    ummm
    Simamura library!
    fashion center! Simamura library!
    nonono
    fascio-center-Simamura-library?
     
     
    ※勤務中はスピーカーオフです。
     
     
     
    関連
     
     
     
    答弁が・・・mjk (かまちょ図書館)

    2016年12月 2日 (金)

    上尾市の三大ハゲ直列は何の兆しか

    せめて三つくらいの惑星直列に遭遇したいけど、不老不死でないとムリです。
     
    上尾市の地形をグーグルマップで見ると、住宅密集の良い場所に広い未利用地がいくつもあります。しかも図書館通りから運動公園へ直線状に連なります。
    グーグルマップの距離計測により坪面積をテキトーに推定してあります。 
     
    (1)上尾市上町の凍結マンション跡地・・・1960坪
    Photo_2  
    2008年のリーマンショックから8年過ぎました。塩漬けを通り越し、熟成です。←酒屋さんの土地でしたが、(地価の高い時に買って)販売が藤和不動産、建設は新井組によるベリスタ上尾というマンション開発物件でした。リーマンショックのあおりで不動産市場が一気に縮小し新井組は倒産。当時はこのような事案は珍しくなく、マスコミでも何度か見ましたが、身近にあったことで驚きました。
     
    Img_1456
    写真は工事が止まった直後。やがて基礎工事途中で野ざらしとなり、一度は養生しているところを見た記憶がありますが、かなり前のこと。
    藤和不動産は三菱の連結子会社を経て完全吸収され、当物件はその残滓みたいなものになりました。2012年頃、三菱が再開発にこぎ着けたものの、アッと言う間にとん挫。ザ・パークハウス上尾という口コミサイトが残っています…
    作りたてのモデルルームが営業することもなく解体されたのをこの目で見ました。二度目の流産の理由は、後に噂として聞きましたが…とても書けませんね。
     
    8年も維持しつつ、凍結物件のくせに白壁で小きれいな佇まいを見せるのは、サスガ三菱。でも業界の人は、三菱ブランド(パークハウス)は埼玉では大宮が北限とも言います。高価格が理由とか。
     
    基礎部分の撤去費用もかかるでしょうから不良資産です。損失覚悟で第三者へ売却するのでしょうか?。ヘンな買手が現れるよりも、「今のままでイイ」が地元民の希望よ。
    ついでに、塀を外して、基礎も埋めて、臨時公園にしてほしいな・・・ coldsweats01
     
    (2)愛宕、郵政住宅跡地はいよいよ競売へ 600坪
    Photo_3 上尾小学校の近くの空き地です。郵政民営化の流れなのか、無人化した社宅(総務省上尾ハイツ)が長年放置され、数年前に解体・更地化してました。10月には「入札」の告知です。住宅以外に用途はないでしょうけど、上尾小学校には生徒増加に余裕ありますかね。
     Img_9567
    応札してみようかな。
    三年で上尾市図書館建設地になり、市が高額で買取ってくれるはず・・・シマムラ第二図書館とか・・・
     
    (3)不思議のイオンモール上尾(コーセー化粧品跡地) 20200坪
     クリックで拡大  またはグーグル3Dビューへ
    Photo_4
    「昔々ここにイオン上尾店があったとさ」。
    人口減少で撤退し更地化したのが今の姿・・・なんて近未来を想像してしまいます。
     
    2017年開業と大見得きったものの、2万坪の敷地はぺんぺん草ばかり。イオンの迷走ぶりを象徴するかのようですが、ただ今熟慮中と好意的にとりたいです。
    イオンは7&iよりもSC開発に長けているはずなのに、前面道路の幅員が狭いのがネックで再開発許可が下りないとしたら、信じがたいです。ループ型道路建設はどうなってるんでしょうか。それとも建設単価高騰で遅らせたのでしょうか。
    まあ、上尾市役所が知っているかもしれませんが。
     
    どんな構成のイオン上尾店か分かりませんが、影響受けるのは上尾駅中心部であり、人口は多くても買物はドーナツ化現象になる気がします。丸広と駅前ヨーカドーは食品しかやっていけない様な姿を想像します・・・(イヤ、もう既にかも・・・)。
     
    関連
     

    2016年11月 4日 (金)

    上尾駅(市)を大々的に報じるニュースに隠れたニュース

    上尾駅であふれる出社難民と報じられないニュースの価値

     
    今日一日、JR通勤の人は大変だったようだ。
    Photo 夜の7時のNHKニュースで大々的に報じられていた。上尾駅・上尾市が大注目となった日だ。その映像はまるで3.11の夜のパスを待つ帰宅難民の列を思わせる。
    この日は出社難民とかお出かけ難民いうことになるが、共に(3.11の日も)穏やかな日和だからその点のみ救いかも。
     
    最近、高崎線のトラブルが多い。営業距離を伸ばした湘南新宿ラインとか東京駅乗り入れはいいけど、熱海までいくようなのは長すぎで、経路のどこかで小さなトラブルがあると、長い路線から間引き運転されてしまう。そんな時、「架線にビニール」なんて聞くとガックリだ。
     
    朝、天気予報を見る時に電車予報も見ないとダメな時代になった。電車の運行時間が正確で世界に誇れるとか言った時代が懐かしい・・・
     
    今日のトラブルは、カーラジオで聞いたときはネズミがケーブルを噛んだ、といっていた。テレビでは北上尾駅の事務所内と報じた。線路やホームならともかく駅舎にネズミ飼っているのかよ、ってビックリ。
    変電所でネズミがショート事故おこして停電、はあり得る例だが、北上尾駅事務所というのは不衛生なんだね。本当の原因はまだ発表されていないけど。
     
    なんとなく大山鳴動して鼠一匹という感じだが、その陰に隠れていたのは明日の朝刊に出るか否かの小さいニュース。
    __5
    「上尾の図書館を考える会」が住民投票実施を求める署名簿を市に提出した。
    署名数は14137人。
     
    こちらの原因は鼠ではない、人だ。
    影響は上尾市民23万人に及ぶかも・・・。
     
    できれば人がケーブルをかじった、というニュースを見てみたい。

    2016年10月31日 (月)

    高崎線の浦和駅から深谷駅までの一日利用者人数と15年前変化

    なんとなく埼玉県の経済圏としては大宮が北限なのかな・・・
     
    2015年の高崎線の各駅、浦和、さいたま新都心、大宮、宮原、上尾、北上尾、桶川、北本、鴻巣、北鴻巣、吹上、行田、熊谷、籠原、深谷までの一日平均乗車人数
    および、JR東がHPで開示している一番古い2000年度との増減率をみました。
    上尾の近隣市である東北線の蓮田駅、白岡駅も参考にのせました。
     
    Photo
    (グラフの注意点)
    ・さいたま新都心駅(48,000人)は15前比で222%なのでグラフからはみ出ます。
    ・変化率は整数に丸め、マイナスは青色。概ね-6~-9%が多いですが白岡駅は-12%です。
     
    棒グラフの高さが乗車人数です。駅舎の大きさとは異なってきているかもしれせん。 
     
    二桁以上の増加は、さいたま新都心駅(222%)、北上尾駅(46%)、宮原駅(28%)、浦和駅(18%)、大宮駅(10%)、籠原駅(10%)です。新駅で住宅供給が好調だと極端に高くでるのだろうと思います。 微増は上尾駅と鴻巣駅です。
     
    増加と減少が両極端に見えますが、15駅合計は17%増です。浦和、新都心、大宮駅の増加によるものです。強い所はより強く、弱い所はさらに、という話しに似ています・・・
     
    郊外ほど車利用が増え、鉄道利用者が少ない傾向は当然ですから、この値のみで地域の活力を語ることはできません。それでも大宮より北は賑わいに欠けそうだ、という印象を受けます。
     
    JR東日本の統計には、定期外と定期利用者の内訳もあります。
    上尾駅は72%定期利用者です。ザックリ、定期3人、定期外1人です。郊外駅ほど定期利用者に偏っていて、75%前後です。
    都心へ行くほど、商業地ほど定期外が増えます(JRとしては儲かるのでしょう)。上記ではさいたま新都心駅が55%と最低です(定期外が45%)。映画館やスーパーアリーナがあるためでしょうか。
     
    東北線の蓮田駅と白岡駅の減少幅が気になります。高崎線よりも減り方がきついのでしょうか・・・
     
     
    関連
     

    2016年10月 2日 (日)

    全国学力テスト(埼玉県、上尾市、さいたま市等)の比較と教育委員会のありよう

    学力テストよりも気になる差は、朝ご飯食べてこない子供
     
    「学力テスト、全教科で全国値下回る…埼玉2年連続 算数、数学で大差」 
     平成28年度 全国学力・学習状況調査。埼玉県は公立の小学818校、中学423校が参加。平均正答率(点数ではない)は、小学6年、中学3年とも全教科で全国平均を2年連続で下回った。特に算数A・数学Aが全国平均との差が大きい。結果は県内63市町村のうち、51自治体が開示(昨年は44)。
     
     上のリードは埼玉新聞サイトからの引用。こちらへ
     
    あまり関心ないテーマだが、先日、蓮田市のシティーセールス資料を見たとき、学力調査の成果を取り上げていたのが印象に残っていたため、私的にはタイムリーなニュースだった。 
     公開の有無は自治体の教育委員会任せなのだろうか?。説明責任重視派と序列化回避派の綱引きだろうと思うが、ここは公開に一票!。 
    理由は、医者がそ知らぬ顔をしていたら、本人(家庭や地域)は自覚なきまま慢性化させ、気づいたときには手遅れ、というようなものだから。
      
     結果は埼玉県教育委員会のサイトで見られるが、自治体別の文書になっている。全自治体を一覧にして見やすく、つまり比較しやすくしたものはない。腫れ物に触る感じかな・・・
     
    (1)小学6年生の学力テスト結果の比較
     上尾市、さいたま市の他に蓮田市を入れたのは前述したとおり。
     6_2
     
     埼玉県は全国的には下から数えた方が早いらしい。だから県内では高いと胸張っても井の中の蛙みたいなものかもしれない。また各県の値はかなり接近しているため、1ポイント差で順位はグンと変動するから、あまり気にすることでもないなと思った…。
     
     そもそも自治体間の差よりも、その市町内の学校(学区域)でもっと大きな差があるからだ。別の学力調査だが、自治体内で学校名を伏せた一覧などを見れば分かる。上のグラフの比ではない・・・
     
    (2)中学校3年の部で、伊奈学園中学校が見えちゃう!
      
     伊奈中が唯一の県立のためか個別に公開されていた。「晒された」という方が正しいかもしれない・・・。皮肉なことだ。
     Photo_2   
     伊奈中の値が異様に高いことに驚く。ネットで偏差値56とあるから、普通の中学校で上から25%位置の生徒が集まっているのだろう。その彼らが90%正解率だから、かなり基礎的な問題レベルかなと思う。
     
     学力テストの差は子供の学力差(地域差)という面がある。いくつかの市町を見たときにも感じたけれど、それだけではない。
     もっと大きいのは教育の提供者である市町村の教育委員会(教師も含む)の差ではないのかなと思う。なぜなら学力テスト対策をすると結構値が改善するらしいから(その良し悪しは別として)。
     もう一つは、この種の調査結果を(素人には理解しにくい)無味乾燥なレポートとして開示しているのか、生徒や保護者向けに読みやすく要約して伝えているかの姿勢にも表れていると思ったからだ。
     
     ついでに「教育委員会サイト」を訪れるとよい。迷路みたいなサイトならば、まるで教え方の下手な先生を思わせるではないか・・・
     
    (3)テストよりも気になる生活状況調査
     たくさんの学習状況調査から約10項目の集計が見られる。気になったのは次。
     
    ●朝食抜きの子供が5~10%もいる
     毎日朝食を食べている子供は、上尾市は97~96%と高いので安心したが、全国平均は小学校95.5%、中学校93.3%。 いくつかの自治体を拾い読みしたら、90%を切る市町があったから、個別の学校によってはさらに開くだろう。
     それぞれの事情があるだろうが、良い生活環境ではないことは明らか。朝食の有無と学力に相関があるとは言うものの、学力以前の問題であり深刻だ。格差を自覚するにはまだ早すぎる年ごろだろう(或いは、無意識に脳裏に焼き付けていくのかもしれない)。
     
     これはウチ(教育委員会)の領分ではない、なんて考えないでほしい。この層への支援をするだけでも、平均点などスグ上がると思うが、如何だろうか。
     
    ●数学は社会に出てから役に立たネー (>_<)
     国語と数学が社会に出たときに役立つか否かを聞いている。
    下の数字は全国値。数学は中学で20ポイント近くも大幅下落だ。
     
          国語  算数/数学
    小学校  89%    90%
    中学校  85%    72%
     
    計算は電卓(スマホ)が有るから、よけいにそう思うかもしれない。三角関数だって三角関係に悩んだところで何の役にも立たないし、sinをsexと書き間違える…
     
    でも、数学の問題を机の前で5分10分と頭と鉛筆だけで考え、「アー、ヤダ!」と投げ出さずに向き合うことは、思考力や集中力という普遍的な力として役立つはずなのだが…
     
     

    2016年7月11日 (月)

    上尾市の参議院比例区の各党得票数とシェア比較

    天気が良かった割には投票率はどんより曇ったままですね

    本当は年代別の投票率が知りたいですが・・・地方レベルではそんなデータは開示されません。
    18歳の投票率は18%、60歳は60%と予想してましたが、どうなんでしょうか?
    ( 追記 投票率 18歳は51.17%、19歳は39.66%。合わせて45.45%)
    上尾市の投票率は50.63%で全国平均より低いです。前回52%、前々回57%よりも低いです。ヒョットして参議院では過去最低ですか、上尾市選挙管理委員会殿・・・ coldsweats02
     選挙啓発活動は失敗ですね sign02 
     
    (1) 円グラフは主要政党の上尾市における得票シェア
     都道府県の開票を見てわかるように、地域ごとの政党シェアは随分と差があります。今回は「改憲勢力2/3」が分岐点のように言われましたが、実は投票数を議席数に比例配分したらそんな簡単には達しません。
     一票の格差だけでなく、勝者総取りみたいな一人区(小選挙区)と複数人の中選挙区という、勝者が自分で作る選挙ルールが作用して偏りが発生します。
     
    Photo
     
     ともあれ、上尾市と埼玉県、全国別の比例区の得票シェアは微妙に違います。違いは都市部と農村部ではっきりしています。全国の1%は56万人です(全国データはネットで拾ったものですが出所が良くわかりません。総務省の開示ページは遅いです)。
     
    2 
    (2)過去三回の参議院選挙の比例区の投票数の推移
     
    Photo_3
     離合集散して比較しにくい党もあります・・・。全然変わらない横棒があります。凄いと思うか違和感あるかは人それぞれですが、全有権者に投票を義務化するとどうなるんでしょうか?。
     
     答えは、国勢調査を兼ねることができます。coldsweats01
     
     今回、諸派の中にはとんでもない政党名が有りました。誤認前提は明らかですが、上尾市内に1000人位います。その中のかなりの人はオレオレ詐欺にあいやすいかもしれません。自覚ないでしょうけれど・・・
     
     
    えっ?、
    もともと選挙って詐欺だろうって dash
     
     
    関連記事
     

    2016年5月10日 (火)

    悲報か誤報か?上尾運動公園プールが廃止の方向へ

    埼玉県は公共施設の老朽化対策費の重荷に耐えきれず
     
    子どもが小さい時は、出かけたものです。
    ずーっと昔は冬季はスケート場だったのでは?。そのスケート場が廃止されてからは釣堀営業してますよね?
    生き残りをかけていろいろ苦労してきたことが伺えますが、とうとう命運尽きましたか・・・
     
    でも、ニュース記事では「さいたま水上公園」と表現してないので、別のプールでしょうか?!
    この点では誤報なのか勘違いなのかわけ分かりません・・・coldsweats01 
    廃止確定した時は訃報ですね。coldsweats02
     
    さいたま新聞よりの引用 ・・・要約化してます。
     
    ・県有施設136施設1464棟を対象にアセスメントを行い、上尾運動公園プール(上尾市)と大宮公園体育館(さいたま市大宮区)について「廃止を含めて検討する」。他にも8施設についても集約化や転用、廃止の方向性を示した。 
     
    ・行政利用施設は築40年以上の建物が5割に上り、そのうち築50年を上回るものが16%を占めるなど、老朽化が進んでいる。
     
    ・2013年度の県有施設の維持管理コストは約295億円で、対策を講じなければ14年度から30年間の累計コスト額が計1兆7568億円に達するとしている。年間平均では約586億円になる。 約2倍!
     
    上尾運動公園プールは、2014年度の利用人数が約8万5700人、近隣地域にレジャープールが増えていることなどから利用者が減少。建設から44年が経過し、老朽化も進んでいる。
     
    大宮公園体育館は、14年度の稼働率が76%(首都圏の122体育館の平均は72・8%)で、一定の稼働率があるものの、上尾運動公園(95%)や熊谷スポーツ文化公園(84%)と比べると低い。周辺にはさいたま市立大宮体育館があり、県が維持する必要性が薄れているとした。
     
     
    一夏2ヶ月程度の利用期間で9万人弱ですから、健闘しているようにも見えますが、後の10ヵ月の稼働に苦労します。 でも、一つくらいのプールは市営化してでも残してほしいですね。プールは夏遊びの象徴であり、小学校のプールとは規模が違います・・・
     
    毎日新聞ニュースには10施設名が俎上に挙げられています。
     
    埼玉県が廃止などの検討対象とした施設
        <施設名>          <方向性
    所沢航空記念公園野外ステージ(所沢市)転用か廃止
    大宮公園体育館(さいたま市)      廃止
    上尾運動公園プール(上尾市)     廃止
    山西省友好記念館(小鹿野町)     廃止か転用
    西関東連絡道路建設事務所(皆野町)  集約化
    消費生活センター熊谷(熊谷市)     集約化
    熊谷点字図書館(熊谷市)         集約化
    川口保健所(川口市)            集約化
    食肉衛生検査センター川口分室(川口市)集約化
    東部環境管理事務所(杉戸町)      集約化
     
    公共施設の老朽化対策の財政負担は県に限りません。上尾市でも深刻な問題です。人口急増期前後にどんどん作った施設の更新需要(再請求書)が来ていて、とても払えねー、というわけです。
    でも、その前に市役所や県庁自体も縮小か集約化か転用か廃止に入れてね・・・
     
     
    関連

    より以前の記事一覧